けものみちをあるく

自由形式

-  |  次の3件 »

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回










西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回

5月27日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「正助の黒い石」が、象徴するかのように、のちの「明治維新の元勲」として、「維新の三傑」の一人としての、大久保利通への本格的な第一歩が始まることになるのか...。


それは、1859(安政6)年9月12日、薩摩藩第10代藩主・島津斉興(鹿賀丈史)が、69年の生涯を終えてから...。

実父・斉興の遺志を継ぐかのように、長男・茂久の後見となった島津久光(青木崇高)は、国父として藩の政を司ることになって、かねてより書物のやりとり続けていた正助(瑛太)を御小納戸役として取り立てる。

しかし、かねてよりのお由羅騒動でのわだかまりの根強く残っているままとあって、誠忠組の急進的な志士たちからは激しい反発を招いてしまって...。


明くる年の1860(安政7)年となって...。

薩摩藩内における何とも言いようのない不協和音に覆われる日々が続く中でのこと...。

3月3日の珍しく雪の舞い降りる江戸城にて、大老・井伊直弼(佐野史郎)が襲われて暗殺されたの報せが...。

世に言う"桜田門外の変"だった。



とうとうこの時が来てしまったか...。


かの大老・井伊直弼の45年にわたる生きざまが、このような形で終わってしまうなんて...。

のちに聞くところ、本人自身はすでに水戸脱藩浪士らの襲撃企ての旨の警告の書状を目にしていたという。


あの1963(昭和38)年4月7日日曜日から12月29日日曜日まで全39回放送の舟橋聖一原作・北条誠脚本・尾上松緑主演のNHK大河ドラマ初作品『花の生涯』そのものと言い切れるんだろうか、お恥ずかしながらいまだに解からないままかなあ。


やはり、いまだにさる2017(平成29)年1月8日日曜日から12月17日日曜日まで全50回放送の森下佳子脚本・柴咲コウ主演のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』での、少ない史料ながらも巧妙かつ繊細な時代背景と人間模様の丹念な心躍る展開が、忘れられない中でのことなんだろうなあ。.

自身の身を挺しての覚悟というもの、悲しくも考えさせられてしまうなんて...。


かたや、2008(平成20)年2月20日水曜日より発売の『井伊直弼の首 幕末バトル・ロワイヤル』(野口武彦/新潮社)での、鳴りを潜めたままが、一気に頂点へ立つも、突然真下へ落とされるかのような、井伊直弼本人の乱高下するかのような生きざまの一方で...。


かたや、2017(平成29)年8月9日水曜日より発売の『幕末 桜田門外の変【文春e-Books】』(森秀樹・作画.司馬遼太郎・原作/文藝春秋)での、有村俊斎のちの海江田信義(『西郷どん』で演じるは高橋光臣)の三弟・有村次左衛門を中心に真下を飛び交うかのような激しい流れも見逃せなくて...。


それぞれに目を通すことは、もちろんのこと...。


かの"桜田門外の変"の一因ともなったという逸話のように、徳川将軍家へ献上されていた、伝統の近江牛味噌漬けそのままに、大阪府大阪市中央区瓦屋町の「肉匠 わが屋」の【近江牛 味噌漬け 400g】をいっぱい味わいながらも...。


2017(平成29)年7月25日火曜日より発売の『世田谷ライフmagazine(No.62) 美味しくて、楽しくて。 つい、長居しちゃう経堂/豪徳寺/梅ヶ丘』(エイ出版社)、中でも井伊家の菩提寺でもある豪徳寺周辺に、じっくりと想いをめぐらせてみて...。



たとえ"一生の宿題"であるにしても、じっくりと考えさせられる必要に晒されるんだろうなあ。

タグキーワード
2018-04-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第18回 第19回
















西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第18回 第19回

5月13日日曜日放送の第18回では...。

サブタイトル「流人、菊池源吾」としての、新たなる日々へ...。


それは、振り返ること、あの錦江湾への入水から、およそ1ヶ月が過ぎて...。

かの月照(尾上菊之助)の死と引き換えにするかのように、吉之助(鈴木亮平)は奇跡的に蘇えることになって...。

12月の終わりの近づく中、幸か不幸か、吉之助と月照の墓を幕府の捕吏に見せるなどの藩の取り成しあってからか、吉之助には藩命により"菊池源吾"という変名を用いての奄美大島への流罪の沙汰が下った。


年が明けての1859(安政6)年1月4日、吉之助は正助(瑛太)らの見送りを背に、山川港を離れた。

いくつかの離島を過ぎての1月12日、奄美大島にたどり着くこととなった吉之助だったが、生きる当てを失ったかのように、時にはくすぶったり、時には荒れたりといった日々が過ぎる中で...。

ある日のこと、吉之助はふとしたことから、とぅま(二階堂ふみ)という美しい島娘と出逢うことになって....。

何気に関わり合ってゆくうちに、薩摩から黒糖づくりを強いられているのみならず、稼ぎの多くを搾り取られている島の人たちの苦しみを目の当たりにする。



5月20日日曜日放送の第19回では...。

吉之助が再び動き始めることになるのかなあ。


サブタイトル「愛加那」が象徴するかのように....。


それは、吉之助を預かっている龍佐民(柄本明)が秘かに砂糖をつくった咎で囚われの身になってしまってからで...。

父の身を案じる娘のとぅまが、直ちに代官所へ押し掛けるや、役人との押し問答になっての膠着状態の続く中でのこと...。


吉之助が突然現われて、役人たちと向き合うことに...。



かの奄美大島での日々が気になる中で...。


2013(平成25)年12月24日火曜日より発売の『南日本の民俗文化誌(10) 奄美諸島の民俗文化誌』(下野敏見/南方新社)での、いにしえより続く、芸能や信仰や生業などの歩み...。


2014(平成26)年3月8日土曜日より発売の『奄美大島の地域性 大学生が見た島/シマの姿』(須山聡/海青社)での、現代そして近未来への見方...。


それぞれに想いを馳せながらも...。


鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋大湊の「奄美物産」からの【奄美ハブ酒 300ml】や、【奄美黒糖焼酎 浜千鳥乃詩 和 25度 紙パック 1800ml】を、じっくりと嗜んで...。

【ごま菓子 白ごまざた 150g×10袋】を、肴にしながらも...。


より贅沢を求めるならば、奄美市名瀬平田町の「カイセイ」からの【ふるさと納税 奄美島豚あかりんとん ソーセージ 5種セット】も、いいだろうなあ。


最後の御口直しとしては、名瀬小浜町の「栄食品工業」からの【ふるさと納税 奄美のとれたてすももジュース 3本セット】もいいだろうし、名瀬真名津町の「安田商店」からの【ふるさと納税 亜熱帯トマト 野生の証明 15kg】も、よりすっきりさせるだろうなあ。



いずれにせよ、吉之助の奄美大島での日々の暮らしと心境の繊細な変化、しっかりと見届けるまで...。

タグキーワード
2018-04-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

:松田翔太 怪演 繊細 NHK 大河ドラマ 西郷どん 一橋慶喜 徳川慶喜
















松田翔太 怪演 繊細 NHK 大河ドラマ 西郷どん 一橋慶喜 徳川慶喜

この年2018(平成20)年NHK大河ドラマ『西郷どん』の気になる今日この頃...。

すでに3月4日日曜日放送の第9回「江戸のヒー様」より、登場となってからの独特の妖しさが、何かと気になってしまって...。



ふと思った。


あの連続テレビドラマ初主演作品として、2009(平成21)年4月17日金曜日から6月19日金曜日まで全10回放送、東野圭吾原作ののテレビ朝日金曜ナイトドラマ『名探偵の掟』で演じた、頭脳明晰で容姿端麗の出で立ちで神出鬼没を繰り返しての名探偵に酔いしれた、天下一大五郎の事件解決ぶりから始まって...。


2013(平成25)年4月18日木曜日から6月20日木曜日まで全10話放送のTBS木曜ドラマ9『潜入刑事トカゲ』で演じた、身体能力抜群ながらも、映像記憶能力の突出ぶりが裏目に出てしまって、小学生当時より避けられがちだったことが尾を引いてしまってか、とある悲しい事件で警視庁捜査一課を退いてからの、ヤナギ探偵事務所の潜入探偵"トカゲ"となった主人公・綾部透の孤高ぶりとともに縦横無尽に駆けめぐる姿...。


2016(平成28)年4月13日水曜日から6月15日水曜日まで全10話放送の毎日放送制作・TBS系列ドラマイズム『ディアスポリス 異邦警察』の熱さのまま、9月3日土曜日より公開の映画『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』で演じた、主人公・異邦警察署長・久保塚早紀の年齢も国籍も不明といった怪しさが好作用しているのか、頭脳明晰ぶりと正義感と人情の熱さあっての裏都民を守り抜くために縦横無尽に駆けめぐる姿も...。


これらを踏まえたかのような役どころとしては、"第一段階"ということになるのかなあ、さかのぼる2012(平成24)年3月4日日曜日放送の第9回より登場となった、藤本有紀脚本のNHK大河ドラマ『平清盛』で演じた後白河天皇ならではの、皇位への望みも薄い立場を気にしない風を装っての博打や今様に興じながらの、あの虎視眈々ぶりでの主人公・平清盛(松山ケンイチ)との暗闘を繰り広げるばかりにとどまらずに、源頼朝(岡田将生)からは"日本一の大天狗"と見なされる後白河法皇としての君臨ぶりも...。



これらを踏まえたかのような役どころなのかなあ。


そう、この度の『西郷どん』で演じる"ヒー様"こと一橋慶喜ならではの、"二心殿"ぶりを思わせるかのような独特の妖しさは...。

すなわち、江戸幕府第15代将軍として、最後の将軍としての、かの徳川慶喜は...。


思い出すこと、主人公・西郷吉之助のちの隆盛(鈴木亮平)の念願の江戸詰め早々より、ほかの藩士たちの集うなじみの旅籠「磯田屋」に入り浸っては、飯盛女たちへの絵描きでの気晴らしに耽るばかりで...。

飯盛女たちからの、町人風の美男として色目を遣っての大いにはしゃぎまくっていることお構いなしに、当の本人は冷め切っていて素っ気なくて...。


しかし、その素っ気なさとは裏腹に、生来の頭脳明晰あってのことなのか、先行きを見据えることに長けている(?)だけに、虚無的になりやすいということなのかなあ。



ふと何気に振り返ってみたくなった。


1985(昭和60)年9月10日に、かのカリスマ俳優・松田優作と女優・松田美由紀との次男として生を受けて...。

なお長兄は松田龍平。 末妹はエレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」ヴォーカリスト・ゆう姫。

そして、伯母は熊谷真実...。


出身地は東京都杉並区。


4歳ほどない1989(平成元)年11月6日、父・優作と死別となって以後、母・美由紀の下、堅実に成長してゆく一方で...。

インターナショナル・スクール出身とあってか、少年時代のサッカーの海外留学でイタリアセリエAのサンプドリアのユースチームに所属していたこともあって...。

15歳の時、母に10万貰いニューヨークに1か月ほど1人で滞在していたことも...。

17歳から2年間は、イギリス・ロンドンの美術系の専門学校に留学した経験を持っており、英語が堪能とのこと...。

趣味は、登山とスキー。


俳優デビューは、2005(平成17)年3月27日日曜日放送の義家弘介原作のTBSスペシャルドラマ『ヤンキー母校に帰る 〜旅立ちの時 不良少年の夢』から...。

同年、2005(平成17)年10月21日金曜日から放送の少女漫画原作のTBS学園ドラマ『花より男子』シリーズの西門総二郎役で人気の獲得の勢いを駈って、テレビや映画といったあらゆる作品への出演とともに人気・実力は上昇することに...。



あの2008(平成20)年放送開始から社会現象となった田渕久美子脚本のNHK大河ドラマ『篤姫』、同年6月8日日曜日放送・第23回より登場の江戸幕府第14代将軍・徳川家茂としての清廉潔白さと生真面目さから、約10年後か...。


いずれにせよ、3度目のNHK大河ドラマ出演だけに、ついつい気になってしまった。

これからのあらゆる波瀾万丈に晒されながらの飄々とした縦横無尽な突っ走りっぷりの予感の高まってしまうだけに...。


亡きカリスマ俳優・松田優作の次男ならではの、独特の妖しげな一挙手一投足とともに、しっかりと見届けようっと。

タグキーワード
2018-04-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます