けものみちをあるく

自由形式

-  |  次の3件 »

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第32回








いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第32回

8月25日日曜日の放送では...。


ロサンゼルスから帰国したばかりの前畑秀子(上白石萌歌)が、晴れて凱旋...。

と思いきや、無情にも永田秀次郎(イッセー尾形)からは、なぜ金メダルを獲れなかったのか、きつく言い渡されて...。

秀子の悶々とした苦悩と葛藤の苛まれっぷりを察するや、政治が、そして清一岩松了までもが、永田市長に詰め寄って怒鳴りつけることに...。


幸いにも、全国からの激励の手紙が、立て続けに届く日々の中で、秀子は少しずつ笑顔を取り戻すことになって...。

皆からの期待を背に受けて、早朝4時からプールで1日20,000m泳ぎ続ける日々へ、秀子が邁進真っ只中の一方では...。


1933(昭和8)年2月24日、スイスのジュネーブで開かれた国際連盟総会では、先の満州事変に関する「リットン報告書」が、日本を除いての全会一致で可決となって...。

3月27日、日本は国際連盟を脱退した。


東京市庁舎で開かれた実行委員では、杉村陽太郎(加藤雅也)、副島道正(塚本晋也)、山本忠興、政治、そして永田の後任の東京市長が、実行委員になっての新たなる門出となる中で...。


4月には、政治と菊枝(麻生久美子)が、めでたく結婚することになって...。

新東京市長には、牛塚虎太郎が就任することになった。


陽太郎が選ばれたことで、治五郎(役所広司)と清一を入れて、日本人IOC委員が3人となって...。

開催国の決定に向けて投票では、日本が3票の予定となった。


陽太郎は、ウィーンから帰国するや、真っ先に入院中の清一に報告して...。

感激で涙いっぱいの清一は、自分も頑張ると振り絞るように訴えたものの...。

10月29日、岸清一は呆気なく先立ってしまった。 享年66歳。

治五郎は、亡き清一のためにと、東京オリンピックの実現を誓った。


こうして、ギリシア・アテネでのIOC総会に向き合うにあたって...。

悲しいかな、イタリア・ローマでの開催を支持する委員が、圧倒的に多くを占める中でのこと...。

思い切って、ムッソリーニ首相からオリンピックを譲ってもらうのはどうかと、治五郎は考えており...。

強く察した陽太郎は、10月からのイタリア大使としての赴任とともに、ムッソリーニ首相に会える期待の高まりあって、同意する。

直ちに治五郎は、日本の魅力を世界へ広く伝える資料の作成を、政治へ命じることになったが...。

何と治五郎は、突然苦しげにうずくまってしまった。



終わりが終わりだけに...。

一体どうなってしまうのか...。


これから予感させられてしまう、史実ならではの暗雲の濃さの強まりだけに...。

直に向き合って対処して克服してゆく成りゆき、祈りたいもので...。



さかのぼってみること...。


かの新渡戸稲造が、世界平和の構築を実現させるために、1920(大正9)年1月10日のヴェルサイユ条約発効日とともに、組織されることになった世界最初の国際機関である国際連盟において...。

日本人第一号の国際公務員として、激動の時代の荒波に晒されながらも、輝かしい功績とともに、強く印象付けることになった「日本人らしさ」についてのありのまま...。

あの2017(平成29)年12月26日火曜日より発売の『新渡戸稲造 日本初の国際連盟職員』(玉城英彦/彩流社)...。

しっかりと目を通しながらも...。



もちろん、第10回大会ロサンゼルスオリンピック銀メダリスト・前畑秀子への想いと健闘も込めながらも...。

幼い頃より和歌山県伊都郡橋本町(現・橋本市)にて健やかに育って、なじみの紀ノ川への想いも込めながらも...。


奈良県五條市本町の「あかねや」からの【ふるさと納税 鮎塩焼きセット (鮎塩焼き・特製酢セット)】を、存分に味わうことはもちろんのこと...。


和歌山県伊都郡かつらぎ町の「柑香園(観音山フルーツガーデン)」からの【ふるさと納税 観音山フルーツ詰め合わせ(シルバー) 2,3人用】も...。


そして、【JAわかやま 生姜丸しぼり ジンジャーエール 250mlX12本セット】も...。


じっくりと噛みしめてみたいな。

タグキーワード
2019-07-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第29回 第30回 第31回








いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第29回 第30回 第31回

8月4日日曜日の放送...。

第29回では...。


時は1932(昭和7)年...。

いよいよ第10回オリンピック・ロサンゼルス大会へ向かうことになるのか...。


ロサンゼルスに着いた日本人選手団は...。

直ちに朝食を済ませるや、練習のためにプールへ移動することになったものの...。

ただ、不思議なことに、日本人を見るや、アメリカの選手たちが、立て続けにプールから上がることになって...。

見かねた政治(阿部サダヲ)が、とにかく気にしないで思う存分練習しようと後押しすることになった。


それでも悲しいかな、練習を終えての日本食レストランでの日系人の催した歓待パーティーでは、有色人種は白人と一緒に泳ぐことが許されない、という話を聞かされて...。


再び練習のためにプールへ着いたところ、先と同じように、またアメリカの選手たちが、立て続けにプールから上がることになって...。

堪りかねた政治が、アメリカチーム監督に尋ねたところ、何と意外な答えが...。

それは、先の東京での日米対抗戦を教訓としてか、日本式のクロールを熱心に研究しているとのことだった。

政治は強気になった。

「米国恐るるに足らず!」


アメリカとフランスとドイツのIOC委員は、東京が8年後のオリンピックの開催地として名乗りを上げれば、必ず支持するとの声明を発表するや...。

治五郎(役所広司)は、ロサンゼルスでのIOC総会で、正式の立候補表明の決意する。


一方の高石勝男(斎藤工)は、悶々と燻りながらも、身動き取れないままの日々にあって...。

日本を発つ前より、政治から試合には出されなくても、チームのキャプテンとしてロサンゼルスへ連れて行くとの政治の言い分を受け止めるしかなかっただけに...。

相談に乗ることになった義行(大東駿介)は、何気に打ち明ける。 すべて政治の計算づくの言動なのではないのか、日本人同士での競い合わせるためではないのか、と。

それでも勝男は、釈然としないままだった。


政治は、源三郎(永山絢斗)と日本料理店で食事をしながらの、打ち合わせにて...。

ふと何気に通りかかったウエイトレスの日系二世・ナオミ(織田梨沙)に、尋ねてみた。 日本とアメリカのどちらに勝ってほしいか、と。

しかし、ナオミは憮然と吐き捨てるだけだった。 こちらで嫌われている日本人が勝ったら、ますます嫌われるだけだし、どうせ勝てないだろうし。 さらなる酷い目に遭うだけだから、と。


政治は選手村に戻ったところ、一鶴(皆川猿時)からの相談を受ける。 勝男を出場させてはどうか、と。

しかし、政治は断った。 メダルを獲れる選手を出さない余裕はない。 日本を明るくするためにも、メダルは絶対に必要だ、と。

扉の外で聞いていた勝男に、全然気付かないまま...。


明けての選考会となって...。

勝男は全力で取り組んだが、無情にも大差で敗れてしまった。


結局のところ、代表選手の中に、勝男の名はなかったが...。

政治と一緒に出演したラジオ番組での勝男は、キャプテンとして選手の明るい話題で盛り上げていた。


ほぼ同じ頃の東京は、1940(昭和15)年のオリンピック招致に名乗りを上げることになった。



8月11日日曜日の放送...。

第30回では...。


7月30日となって...。

いよいよ第10回オリンピック・ロサンゼルス大会が開幕となった。


8月7日には、水泳大会が開幕した。

100m自由形決勝では、宮崎康二(西山潤)が初の金メダルを獲って...。


康二の祝勝会を開こうと、政治は選手たちをリトル・トーキョーの日本料理店へ連れて行って...。

ウエイトレスのナオミに女子平泳ぎのチケットを渡して、観に来るよう促した政治だったが...。

ナオミは、日本人は勝てないよと吐き捨るだけだった。

そこへ、清一(岩松了)と治五郎が現われて、政治に伝える。オリンピックの招致が難航しており、ドイツの動向にょっては、日本にもチャンスがある、と。


明くる日の水泳男子リレーにて....。

日本チームは、世界新記録を出して、優勝となった。



8月18日日曜日の放送...。

第31回では...。


女子チームは、秀子(上白石萌歌)が女子200m平泳ぎで銀メダルを獲って...。

女子水泳界初のメダルという快挙をもたらすことになった勢いに押されてなのか...。

男子100m背泳ぎでの日本選手は、金と銀と銅のメダルを独占して...。

男子リレーでも、1500m自由形で金と銀のメダルを獲って...。

200m平泳ぎでは、義行(大東駿介)が金メダルを、小池礼三(前田旺志郎)が銀メダルを獲って...。

結果として、日本男子水泳チームは、合計12個のメダルを獲るまでに...。

こうして、第10回オリンピック・ロサンゼルス大会は、大成功のうちに幕を閉じることになった。


日本選手団がロサンゼルスを去る日となって...。

リトル・トーキョーでは、日系人もアメリカ人も、日の丸の旗を手づくりして見送る中でのこと...。

ふと一人の日系人の老人とナオミが政治の目に入るや、咄嗟に老人が政治に抱きついて、感激いっぱいに伝えた。白人から大いに讃えられたことを。 日本の水泳選手は素晴らしい。おめでとう、と。

そして、隣のナオミは、日本人の勝てないといった決めつけを、政治に謝って、互いに解かり合うことになった。


晴れて帰国となった日本人選手は、東京駅で大歓迎を受けることになる一方で...。

そそくさと政治は、新聞社へ立ち寄るや、号外を手にする。

「全種目制覇ならず! 大横田・銅」

かの大横田勉(林遣都)の無念を思い浮かべて、政治はただ男泣きするだけだった。

一人で作業をしていた菊枝(麻生久美子)が、政治を優しく気にかけて声を掛けて...。

二人の距離は縮まっていった。



また一つ前へ進めることなったんんだろうなあ。


誰もが嬉しい気持ちにさせられる中だけに...。



まず、2018(平成30)年4月3日火曜日より発売の『ロサンゼルス・サンフランシスコ (ララチッタ)』(JTBパブリッシング)に、じっくりと目を通しながらも...。


じっくりと噛みしめてみたくなった。


東京都江東区豊洲の「レッドホースコーポレーション」からの【アメリカンクラシック マカデミアナッツチョコレート 6箱セット (1箱 240g 21粒)】や...。


アメリカ・ロサンゼルス本店「Now Foods」からの【Organic Golden Berries 227g】も...。



ありとあらゆる民族と人種の垣根を突き破って、前へ進めるアスリートへの大いなる祈りを込めて...。

タグキーワード
2019-06-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回
















いだてん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回

7月28日日曜日の放送では...。


サブタイトル「走れ大地を」のごとく...。

決して変わることなく、走り続けることになるだけに、本当に見逃せないものが...。


治五郎(役所広司)は、政治(阿部サダヲ)へ大日本体育協会理事の就任要請を持ちかけたものの...。

呆気なく断られてしまって、一時は落ち込むも、奮起した治五郎は、東京市庁舎での永田秀次郎市長(イッセー尾形)と山本忠興陸上総監督との面会に、政治を同行させる。

永田市長は、のちの1940(昭和15)年の東京オリンピック誘致計画を、治五郎へ熱く語る。 先の関東大震災から一気に立ち直った日本を、世界へ向けて、大いに見せつけたい、と。

揺さぶられた治五郎は賛同する。 しかし、いまだに資金調達の目処がないままで...。

数日が過ぎて、山本陸上総監督とともに清一(岩松了)へ申し出たものの...。

「オリンピックの何たるかも知らん政治屋の気まぐれに、耳を貸す暇なんかない!!! ロサンゼルス大会を前に、こっちは地獄の集金だよ!!!」


日米対抗水泳競技大会が幕を開けて...。

日本は世界王者のアメリカに圧勝となった。


水泳の盛り上がりを受けての国民のスポーツ熱の高まりを確信した治五郎は、直ちに清一の元へ出向くや、東京オリンピックの誘致の時期が熟したとの強い実感とともに、熱く訴える。 あのストックホルムから20年が過ぎた今だからこそ、東京オリンピックは日本国民に希望を与える仕事なんだ、と。

さすがの清一も、少しずつ心を動かされていった。


ところが...。

1931(昭和6)年9月18日、"満州事変"が...。

日本が所有する南満州鉄道の路線が爆破されてしまって...。


政治の属する朝日新聞政治部でも、あらゆる情報の縦横無尽な入り乱れが長く続いて、誰もがてんやわんやのまま...。

やがて夜更けの深まる中で、南満州鉄道の路線爆破は、関東軍による自作自演であることが、明らかになって...。

「中国との戦争が長引けば、日本は国際社会で孤立する!! オリンピックどころの騒ぎじゃなくなるぞ!!」

興奮のまま同僚の河野一郎(桐谷健太)は、記者を辞めようとの決意を固めており...。

「新聞はもうだめだ!! 俺は日本で政治を変える!! お前はどうなんだ!! 記者を続けるなら、特ダネの一つでも取って来たらどうだ!!」


一郎に強く押されて、政治は高橋是清(萩原健一)邸を訪ねるや、咄嗟に切り出した。

「特ダネ、何かないですかね?」

すると是清から、若槻礼次郎内閣が総辞職して、犬養毅(塩見三省)が次期首相になるという貴重な情報を明かしたところ...。

そこへ、当の犬養毅が現われて...。

仰天されられ凍りついてしまった政治だったが、すぐに持ち直すや、急ぎ足で新聞社に戻って怒涛の勢いのまま、仕上げてゆく。

「犬養内閣発足、目玉は大蔵大臣・高橋是清!」

政治の初スクープだった。


竹虎(リリー・フランキー)が政治を褒めて、見合い写真を渡した。

日本橋で工業用品買い付けを行う「酒井商店」社長令嬢だった。


これら前後の縦横無尽と波瀾万丈の続くことになる、およそ8ヶ月弱の流れる中においては...。


神田YMCAでは、男子水泳の強化合宿がはじまっていて...。

しかしながら、あのアムステルダムオリンピックで金メダルを獲って脚光を浴びた鶴田義行(大東駿介)は、すでに南満州鉄道に就職して満州へ行ってしまって...。

政治としては、義行と同じ平泳ぎの新鋭・小池礼三がいるから大丈夫との目論見だったが...。

肝心の礼三自身も伸び悩んでいるという。

「鶴さんがいなくなって...張り合いがなくなった...」

女子でも、前原秀子(上白石萌歌)がスランプ気味に陥っており...。

咄嗟に政治からの号令あって、満州から呼び戻しされた義行が現れた。

すぐさま秀子へ優しく声をかけて...。

「君が前畑君かね。逢いたかったよ。極東大会の泳ぎは、見事じゃった」

かねてからの憧れだった義行からの優しい声かけに、秀子は大いに明るさを取り戻してゆく。

しかしながら、男子チームのキャプテン・高石勝男(斎藤工)は、政治から「今の君には、メダルは獲れん。 試合に出さん」、と言われてしまった。


ようやく犬養毅との面会の約束の取れた政治は、合宿を抜けて首相官邸へ向かった。

およそ数ヶ月過ぎて開かれることになるオリンピック派遣選手の応援歌発表の式典に出席してほしいとの要望を伝えるためだった。

気さくな笑顔で楽しみにしていると返された政治は、より心強くなって...。

肝心のオリンピック応援歌は、およそ4万8千通もの応募の中から、東京の中学生・斉藤龍の作品「走れ大地を」に決定となった。


ところが...。

かの御披露目予定の当日である、1932(昭和7)年5月15日...。

突然、青年将校たちが乱入の勢いのまま、犬養毅へ発砲した。

直ちに応援歌発表の式典は中止となって、蘇生むなしく息を引き取った。 享年78歳。

世にいう"五・一五事件"だった。


数日が過ぎて...。

ロサンゼルスオリンピックに出場する水泳選手の壮行式が催されて...。

治五郎は強く訴える。

「こんな時だからこそ、諸君はスポーツ大国に成長した日本の姿を、世界へ見せつけなければならない!!! 日本のために懸命に闘ってくれ!!!」



とうとう来てしまった。

政党政治の終わりになってしまって...。



まずは、"満州事変"が...。


2014(平成26)年7月18日金曜日より発売の『昭和陸軍全史 1 満州事変 (講談社現代新書)』(川田稔/講談社)...。

かの憂慮すべき概要に目を通しながらも...。



つづいての、"五・一五事件"も...。


当事者としての、2019(平成31)年4月9日火曜日より発売の『五・一五事件 橘孝三郎と愛郷塾の軌跡編集 (ちくま文庫)』(保阪正康/筑摩書房)は、もちろんのこと...。


本人としての、2009(平成21)年7月1日水曜日より発売の『犬養毅 党派に殉ぜず、国家に殉ず (ミネルヴァ日本評伝選)』(小林惟司/ミネルヴァ書房)も...。

1855年6月4日(安政2年4月20日)に、備中国賀陽郡川入村(現・岡山県岡山市北区川入)での大庄屋・郡奉行としてのいきさつが、おおきいんだろうなあ。


二日市町で創業80余年の老舗「長谷川商店」名物の【蒲鉾・さつま揚げ7種13枚分入】...。


丸の内で創業60余年の老舗「広東菜館 山珍」名物の【岡山・山珍の豚まんじゅう 10個入】...。


下伊福で1934(昭和9)年より創業した「清風庵」名物の【究極の清水白桃ゼリー 6個入り】...。


楢津の「リーフエッジ」名物の【国産がぶ飲み赤なた豆茶 3g×100包】...。



じっくりと噛みしめてみたくなった。

当時の政党政治最後の総理大臣・犬養毅への哀悼の意を込めながら...。

タグキーワード
2019-06-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます