けものみちをあるく

自由形式

-  |  次の3件 »

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第37回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江戸と江戸城 (講談社学術文庫) [ 内藤昌 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/9/15時点)

楽天で購入



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江戸城 白
価格:1350円(税込、送料別) (2018/9/15時点)

楽天で購入



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

江戸城 黒
価格:1350円(税込、送料別) (2018/9/15時点)

楽天で購入






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

▼大湯まんじゅう▼10個入
価格:1080円(税込、送料別) (2018/9/15時点)

楽天で購入


西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第37回

9月30日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「江戸無血開城」ともなれば、とうとう...。


すなわちそれは、1868(慶応4)年3月14日のこと...。

そう、2日目にてはじまった、勝海舟(遠藤憲一)と西郷吉之助(鈴木亮平)との本格的な会談にて...。


唐突に海舟から吉之助へ口火を切った。 江戸城も軍艦も武器も新政府に明け渡すけど、慶喜(松田翔太)の備前岡山藩預かりだけは、絶対に承服できない、と。

吉之助は、かつての主が慶喜の弟であるから、決して案じることはないと、言い渡す。

それでも海舟は食い下がる。

「いくら弟といっても、藩の意向でそちらに恭順を示すとなれば、慶喜公に腹を切れと言うかもしれねぇ。 いや、家臣の手によって慶喜公は殺られるかもしれん。 ここはご実家の水戸お預かりって事にしてくれませんかね」

吉之助はしばらく海舟と見つめ合った。 何日か前の山岡鉄舟(藤本隆宏)の時と同じように...。

「わかりもした」

そう答えた吉之助は、江戸城総攻撃の即時中止を約束するとともに、有栖川宮熾仁親王東征大総督への伺いを立てるための、駿府への出立を打ち明ける。

ようやく海舟は初めて笑顔を見せて立ち上がった。

吉之助は手を付いて深々とひれ伏して、感謝の言葉を静かに伝える。

「勝先生。この度はお忙しいところ、遠方まで来ていただき、ありがとうございもした」

かの鉄舟のつぶやいた、勝者と敗者は呆気なく入れ代わってしまうものだ、という厳しく儚い現実を、否応なしに突き付けられながら...。


明くる年の1869(明治2)年...。

西郷一家が、薩摩の上野園の借家から武村に移り住んでほどなく...。

奄美大島で育った菊次郎(城桧吏)が引き取られて...。

すでに西郷吉之助から名を改めた西郷隆盛は、正三味という栄誉を辞退した上で、薩摩へ里帰りしており...。

この頃には、隆盛と糸(黒木華)と寅太郎、先の戊辰戦争で討ち死にしてしまった吉二郎(渡部豪太)の妻・園(柏木由紀)と2人の子ども、信吾から名を改めた従道(錦戸亮)の妻、すでに食客同然となった川口雪篷(石橋蓮司)、下男の熊吉(塚地武雅)に数十匹の犬、といった賑やかさでいっぱいに...。


折しも、大久保一蔵から名を改めた大久保利通(瑛太)の主導とあって、江戸から名を改めた東京という都としての新たなる国家の設計図を具体化させようとした矢先のこと...。

先の海舟との会談では、言いなりになり下がった、徳川を徹底的に潰さなかった、といった政府内での非難轟々ぶりに、隆盛は嫌気いっぱいになってしまって...。


この頃の隆盛は、愛犬や我が子とともに野山を駆け回り、月命日には斉彬(渡辺謙)の墓に詣でる日々...。

充分過ぎるほど心も身体も満たされていた。


1871(明治3)年3月には、午次郎が生まれて...。

ある日のこと、すでに兵部権大丞兼陸軍掛となった従道が、久々に帰ってきて...。

しばらくの心地良いひとときを経て、従道は打ち明ける。 妻・清子をこのまま東京へ連れて行きたいと。

すかさず隆盛が、菊次郎を東京へ連れて行ってほしいと頼み込む。

咄嗟に糸は止めに入る。 まだ11歳ならではの不安を切々と訴えて...。

それでも隆盛は、糸を愛おしそうに見つめながら諭してゆく。

「郷中の若い二才にせたちも、次々と東京へ行くこともあっじゃろう。 早かか遅かかの違いじゃ」


吉之助が菊次郎を連れて、東京にたどり着いて間もない頃のこと...。

利通と土佐の板垣退助(渋川清彦)が、訪ねて来て...。

「吉之助さぁ、何とか力を貸してくれ」

利通は目を血走らせながら強く訴える。 ここで一気に廃藩を強行しなければ、新しい国づくりはできない。おそらく多くの反対が起こって、もしかすると戦も始まるかもしれない。それでも、ここで藩や藩主というものを消滅させなければ、一体何のために幕府を倒したのか解からない。

隆盛はつぶやいた。

「おいは最後の最後、ちゃんと始末をつけていなかったとかもしれん」

すべて終えたら薩摩へ帰ることを、心に誓って...。



ここより本当の時代の変わり目になるのか...。


旧き良き江戸ならでは武士の時代の終焉のはじまり...。

新しき東京からの"和魂洋才"としての時代のはじまり...。



それだけに、敢えて一旦振り返ってみたくなった。



まず、2013(平成25)年3月12日火曜日より発売の『江戸と江戸城 (講談社学術文庫)』(内藤昌/講談社)に、目を通してみることは、もちろんのこと...。


洒落た夢見心地で、あの「浅草Sparkle」からの【お土産Tシャツ JAPAN T 江戸城 白/黒】を身に纏ってみて...。


じっくりと味わってみたいなあ。


あの室町幕府初代将軍・足利尊氏の子孫として、江戸時代には大名として受け継がれて...。

すなわち"喜連川足利氏"の江戸城中おける席次では、御三家の次に位する"喜連川公方"として久しく...。

そう、現在の栃木県さくら市喜連川「紙屋菓子店」からの【ふるさと納税 喜連川公方最中 16個】を...。


江戸時代からの名湯、熱海大湯に伝わる名物菓...。

初代将軍徳川家康公よりの湯治場として天下一の温泉として幕府の直轄地となってから...。

かの熱海大湯より伝わる名物菓の流れを汲んで久しく、現在の静岡県熱海市網代にて1872(明治5)年創業の「菓子舗間瀬」からの【大湯まんじゅう 10個入】を...。


忘れられないだろうなあ。

タグキーワード
2018-09-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第36回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山岡鉄舟〈決定版〉 [ 小島 英記 ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2018/9/12時点)

楽天で購入



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山岡鉄舟<決定版>【電子書籍】[ 小島英記 ]
価格:2052円 (2018/9/12時点)

楽天で購入



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】No.020 有機農家の季節の野菜と白米10kgのセット
価格:20000円(税込、送料無料) (2018/9/12時点)

楽天で購入



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】No.019 晴雲のご当地スイーツセット(S)
価格:20000円(税込、送料無料) (2018/9/12時点)

楽天で購入


西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第36回

9月23日日曜日の放送にて...。


サブタイトル「慶喜の首」だけに、考えさせられてしまう。

もしも、もう少し1万5千の大軍を率いての出陣が遅かったら、世間の同情を味方にして、慶喜(松田翔太)はいくらでも巻き返せただけに...。


しかしながら、すでに遅く...。


時は1868(慶応4)年1月3日、薩摩の大砲が轟いて、世に言う"戊辰戦争"の先駆けとなる"鳥羽・伏見の戦い"がはじまって...。

すでに岩倉具視(笑福亭鶴瓶)の案により、長州の山口の工房にて藩士・品川弥二郎も加わっての秘密裏につくられた、天照皇太神と菊の御紋を金糸で刺繍の御旗は、一蔵(瑛太)の手に渡されており...。

「吉之助さぁ、これがあれば百万の兵と同じじゃ。 こいを掲げておれば、どげな奴らもひれ伏すじゃろう。 刃向かう者は、たちまち朝敵じゃ」

半信半疑の吉之助鈴木卯亮平は、すっきりしない思いを口にするも...。

「吉之助さぁ、何を言っちょ。 侍たるもの、誰もが太平記を読んじょ。 後醍醐天皇がどげな旗をお持ちだったか知っちょっじゃろ」

強い想いを汲んで決意を固めた吉之助は、1月4日、御旗を掲げて伏見街道に沿いながら、薩摩と長州の軍勢を進めたところ、想像をはるかに超えた威力を目の当たりにする。

どっちつかずだった土佐ばかりでなく、旧幕府方とみなされていた軍勢も、朝敵とみなされるのを恐れて、なだれ込むかのように"薩長"へ従う形となって...。

こうして、4日にわたる戦は、旧幕府軍による呆気ない敗走のまま終わった。


吉之助は糸(黒木華)に宛てた手紙に、戦がすべて終わったら、薩摩に帰って百姓をしたいと打ち明ける。

すぐ届いた糸からの手紙には、悲しいかな、女子に学問をさせない国柄とあってか、上手くない字で...。

「寅太郎は元気です。 夫婦で畑を耕す日を待っておりもす」


それから、信じられない報せが、吉之助の耳に...。

すでに6日の夜、慶喜が大坂城に兵を置き去りにして、さっさと江戸へ逃げ帰ったという。

もし、慶喜が先頭に立って指揮を執れば、勝ち戦となっていたはずなのに...。

吉之助はいかにも慶喜らしいと思い知らされる一方で、具視が慶喜からの1,000両を借りたいきさつあって、戦を卑しいとみなす者たちへ丸投げしたがる公家の浅ましさまでも思い知らされて...。

一蔵(瑛太)はつぶやく。

「吉之助さぁ、慶喜殿はすぐさま上野寛永寺の大慈院に入り、謝罪と恭順を表明しちょ。 えげれすや、ふらんすでは、こげんして謝った者を殺す事は許されん」

吉之助は淡々と応じる。

「殺しなどせん。 ただ、腹を切ってもらえばよかとじゃ」

吉之助は考える。慶喜が生きている限り、会津や庄内は諦めないだろう。慶喜を交えての合議による政は、多くの藩が支持しているだけに...。

先の江戸での薩摩の所業は、いつしか明るみになって、旧幕臣をはじめ会津や庄内の怒りを買うことになった。

敵をつくらずに穏便な流れへ持ち込もうと妥協の多い一蔵だったものの、公家の浅ましさへの危惧もあって、江戸への遷都を吉之助に打ち明ける。 元はと言えば、大坂への遷都の心積もりだったが、「薩摩の横暴、これに極まれり」と激怒した前内大臣・久我建通をはじめとする公家や大藩の有力者たちの猛反発を、立て続けに喰らったとか...。


やがて、かつての皇女・和宮の許嫁だった有栖川宮熾仁親王を東征大総督に、吉之助は東征大総督府下参謀となって、全軍の指揮を握る。

江戸にたどり着いた着いた慶喜は、海軍奉行並と陸軍総裁として改めて任命した勝海舟(遠藤憲一)を幕府側の使者として会談へ備えており...。

「まっこてどこまでずる賢か男じゃろかい」

吉之助は、自身から海舟への敬愛の想いを、慶喜が利用としているのではと、憤懣やるせないまま...。

松崎屋という旅籠で、次の登営の支度の中でのこと...。

昨年末に江戸の攪乱を命じたはずの益満休之助が、唐突に現われて...。

しかも、後ろからは、あの幕臣・山岡鉄舟(藤本隆宏)の姿が...。

「勝さんは、いつかこの男が役立つ時が来ると見抜いておいでだったのでしょう。 江戸者のそれがしが、この陣営まで来られたのは、益満殿の薩摩弁のおかげです。 今回ほど役立った事はありません」

鉄舟から渡された海舟からの手紙には、休之助のしかしたことでの江戸の大混乱ぶりが綴られており...。

鉄舟は、いつの世でも勝者と敗者は入れ替わってしまうものと、吉之助に前置きした上で訴える。

「これから公方様が首を撥ねられるさまを見なくてはならないかもしれません。 それがどれほど辛いものか、あなたにはお分かりか。 失礼ながら、"島津様"が同じ目に遭うとしたら、あなた方にもお分かりになるでしょう」

"島津様"と言われた吉之助には、ただ一人の主君である亡き斉彬(渡辺謙)のことしか浮かばない。

「自分もすぐ、腹を切りもんそ」

激しく心を揺さぶられた吉之助だったが、戦というものは一時の情で止められるものでないこと、幕府方の全権大使の海舟と会って、ことを理詰めで進めなければならぬことも、深く心得ており...。


こうして3月13日を迎えて...。

高輪の薩摩藩下屋敷での会談に臨んだ吉之助だったが...。

意外にも海舟は、取り留めない想い出話を続けるだけで、呆気なく立ち去ることになって...。

しばらくの間、呆気にとられたままの吉之助に、何と老女・幾島(南野陽子)が目通りを願い出て...。

直に手渡されることになったのは、すでに篤姫から名を改めた天璋院(北川景子)の書状だった。

「徳川の家を救ってくれたなら、島津の御先祖や父上への孝行の身が立つ」と斉彬の名が二度も記されており...。

「あなた様だけが頼り」

この言葉に、吉之助は心を大きく動かされることになった。



かの旧幕臣・山岡鉄舟からの道筋か...。


2018(平成30)年8月27日月曜日より発売の『山岡鉄舟 決定版』(小島英記/日本経済新聞出版社)に目を通してみることは、もちろん...。


実家の知行地だった現在の埼玉県小川町で、かねてからの大好物だった「忠七めし」から久しく...。

すっかり豊かとなった「ふるさと納税 返礼品」の【有機農家の季節の野菜と白米10kgのセット】の、キャベツ、じゃがいも、にんじんなどの野菜、そして白米の美味しさ...。

【晴雲のご当地スイーツセット】の、造り酒屋の甘酒、八極チーズケーキ、贅沢ゆず、贅沢いちぢく、といった忘れられない旨味...。


じっくりと味わいながら、ここまでの長き道のりに想いを馳せてみようかなあ。

タグキーワード
2018-09-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第35回

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

二条城を極める [ 加藤理文 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

近江屋一八六七年 百五十年の真相 [ 高井忍 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

竜馬暗殺<HDニューマスター版> [ 原田芳雄 ]
価格:3313円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

竜馬暗殺<HDニューマスター版>【Blu-ray】 [ 原田芳雄 ]
価格:5030円(税込、送料無料) (2018/8/31時点)









西郷どん NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第35回

9月16日日曜日の放送にて...。

サブタイトル「戦の鬼」とは、いよいよ...。


ことのはじまりは、1867(慶応3)年5月4日、越前藩邸で開かれた四候会議にて...。

かの4人[越前福井藩主・松平春嶽(津田寛治)、前土佐藩主・山内容堂(大鷹明良)、宇和島藩主・伊達宗城(長谷川公彦)、薩摩藩国父・島津久光(青木崇高)]それぞれの思惑と感情の絡み合いあって、議事のなかなか進まないのをいいことに、慶喜(松田翔太)が上手く利用して...。

「まずは、長州の処分について話そうではないか」

事前の吉之助(鈴木亮平)との打ち合わせあって、久光はかの"薩長同盟"の約束通り、長州の復権を先に切り出す心積もりだったが、慶喜は淡々と切り返す。

「肝心なのは、兵庫の港を開くかどうかにありましょう。条約の期限も迫っております。これについて御意見をお聞かせ下され」

陪席していた吉之助は、自身の迂闊さを突き付けられたが、もはや後の祭り、春嶽と容堂は慶喜の意見に賛同することになって...。

久光が口を挟むも虚しく、激しい言葉の応酬に呑みこまれたまま、結局のところ何の答えも出せないまま、虚しく終わってしまった。


四候会議を踏まえて行われることになる朝議も、なし崩しだった。

まず容堂が急病と称して抜けたことで、久光も宗城も春嶽も相次いで抜けることになって...。

それでも慶喜は、春嶽引を引っ張り出したばかりでなく、久光の代わりに帯刀(町田啓太)を座らせた上で、徹夜で行なわれた朝議にて、延々と一人しゃべり続ける。 今の日本にとって兵庫の港を開くことが、どれだけ必要なのか、他国にどのように言い訳するのか、執拗に問いかけ続けることに...。

とうとう皆が疲れ果ててしまうのを見計らってか、慶喜は摂政・二条斉敬から、兵庫の開港の勅許をもぎ取ってしまった。

吉之助は人知れず深い溜息をつくだけだった。


6月22日、改めて奮い立たせた吉之助は、土佐藩参政・後藤象二郎(瀬川亮)と土佐脱藩浪人・坂本龍馬(小栗旬)と会合を開いて、大政奉還の要求と新政府構想を約した"薩土盟約"を結んだ。

ただ悲しいかな、かの二人の主君・山内容堂に慶喜という人物への警戒心が全くないことに加えて、龍馬にも一度も会ったことはないという。

7月には大坂へ行き、イギリス公使館通訳・アーネスト・サトウからは、幕府を倒すならば武器や兵を用意すると伝えられる。

すでに英国史を何冊か読み終えている吉之助は、内心身構える。 西洋というの国の多くは、そのような親切な言葉で巧みにすり寄って資金や武器を貸して、内乱を起こさせていつしか国を乗っとるであろうと。

自分らの国の問題は自分らで解決せねばならない、そのくらいのことはできるはず、との強い想いの吉之助は、慶喜にその気概があるかどうか不安に駆られてしまった。きっと慶喜も同じことをフランスから伝えられているであろう。 もしそうならば、強い誇りや気概をもって抗ってくれるのだろうか...。

吉之助は、今一番すべきことは何か、倒幕のためにすべきことは何か、考えに考えを深める。 まだ幼い新天皇は自身の判断を下せずに、周りの公卿たちからの意見が必要であること。 倒幕に熱心な公卿たちへの働きかけには、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)の力が絶対に必要であること。 すでに具視は、天皇の外祖父・中山忠能たちの同意を得ることに成功しており...。

こうしてじわじわと事は極秘のうちに進んで、ついに薩摩と長州へ討幕の密勅は発せられることになった。


あとは慶喜を追い詰めるだけとなり、10月14日の日付での密勅の請書を、吉之助と一蔵(瑛太)と帯刀の連名での差し出しの運びとなった矢先のこと...。

10月13日、京にいる10万石以上の諸藩の重臣50人余が、二条城に集められて、慶喜は大政奉還を宣言した。

明くる日には、朝廷へ上表が提出された。

それには、徳川家の時代となって足かけ200年余も朝廷に奉公して、大きな恩をいただいた今ながら、このような事態になってしまったのは、自分の徳の至らなかっためだ、と記されており...。

龍馬は涙ながらに吉之助へつぶやいた。

「西郷さん、上様はわしら土佐の者たちが提出した建白書を真摯にお受け止めくださったがです。 わしゃ、この方のためなら命を投げ出してもいいと思うちょります」

釈然としない吉之助は、「そいは違っ。坂本さぁほどの方が、あん慶喜公の策略が読めんとは」と、ふつふつと沸き立ってくる怒りとともにつぶやいて...。

それでも龍馬は、戦を起こさないようにと考えに考え抜いた決断だったと、言い返す。

吉之助も負けてはいない。

「いや、あん頭のよか方は解っちょ。 政権を返したところで、今の朝廷に何の力もなかと。 そん証拠に、将軍職をどげんするかについて、何も言っておらんど。 徳川は、多くの兵と領地を有したままじゃ。 奉還とは名ばかりで、こんままでは何も変わらん」

咄嗟に言い返そうとした龍馬だったが、ふと何か思うことあってやめると、そのまま黙って立ち去ってしまった。


それから、おそよ1ヶ月を過ぎた11月15日...。

坂本龍馬は同じ土佐脱藩浪士・中岡慎太郎(山口翔悟)とともに、京の近江屋にて暗殺されてしまった。

龍馬享年31歳。 慎太郎享年30歳。


吉之助はまたまた戦友を失った悲しみに打ちひしかれてしまって...。

それでも、政が自身を中心に少しずつ渦巻くかのように動き始めるや、多くの志士たちが次々と言うことに耳を貸すようになる中で...。

「徳川家は諸侯の一員となり、官位一等をくだし領地を返上し、陛下に罪を謝し奉るべきなのだ」

吉之助が薩摩の藩兵3千を京に送っての12月8日の真夜中、禁裏のすべての門が閉められた。

そして翌日12月9日、"王政復古"の大号令が発せられ、新政府が樹立した。


一連の岩倉具視(笑福亭鶴瓶)の御膳立ての続く中、二条城から大坂城へ会議が移って、じりじりと時の過ぎゆくとともに、吉之助は静観の構えを崩さない。

あの日の龍馬のように、容堂や春嶽からは、強く訴えられる。

「将軍が全権を手放したのだ。どうしてこの重大さが解らないのだ。しかるべき役職を与え、今後の政治に参加してもらうべきであろう」

そんなことはできぬと、吉之助は突っ撥ねる一方で...。


慶喜は、世間の同情の声が次第に高まっていくのを待っていた。


このまま慶喜が政の多くを握り続けるのか、それとも薩長が旧幕府勢力を倒すのか。

民衆は、もう何年も不安と貧困の中に焦れている。

もう時間がない。慶喜を動かさなくてはいけない。

「おいは鬼になっ」

そして薩摩藩士・益満休之助を呼び出して、極秘の命を与える。

江戸に下って、どこの藩でもいいから浪士を500人ほど集めて、市中の商家を襲って火を放つ。 小さいところは焼けると潰れるかもしれないので、大きなところを狙い、かつ薩摩の仕業だと解るようにしろ。


年が明けての1868(慶応4)年1日1日元旦...。

吉之助が一人で正月の膳に向かい、海老芋に箸をつけようとした時だった。

江戸からの急ぎの報せがもたらされた。


芝の薩摩藩上屋敷が焼き討ちに遭ったとのことで、江戸市中取締りを任された庄内藩の仕業だという。

何と、益満の雇った浪士たちが火をつけたのは大店だけではなかった。

町屋にも放火し、強姦や暴虐の限りをつくし、その逃げた犯人を追いかけたところ薩摩藩邸にたどりついたので、報復のため屋敷に火が放たれたらしく...。

歯止めのきかない浪士たちが勝手に暴走しまくる中で、市中を護る庄内藩兵や旗本たちが立ち上がって、芝の薩摩藩上屋敷を焼き討ちにしたという。


幕府方の怒りが限界を超えた。

そしてようやく慶喜が動き出しすや、薩摩だけを討つ命を下し、1月2日、1万5千の大軍を京に向かわせる。


吉之助の待ち望んだ戦が始まろうとしていた。



とうとう"大政奉還"となって...。


特に、かの舞台の二条城では、当時の厳かながらの秘かなありとあらゆる諸藩の思惑の繰り広げられた光景が...。

2012(平成24)年8月発売の『二条城を極める』(加藤理文/サンライズ出版)、改めて目を通すことになるだろうなあ。

もちろん、現在や近い将来における雅な光景への想いも...。



次に、大政奉還と同等に値する歴史的出来事、土佐脱藩浪士・坂本龍馬と中岡慎太郎の暗殺...。


2017(平成29)年11月1日水曜日より発売の『近江屋一八六七年 百五十年の真相』(高井忍/文芸社)とともに...。


やはり忘れられないのが、龍馬の暗殺されるまでの3日間を描いた時代劇映画。 1974(昭和49)年8月3日土曜日より公開のATG・映画同人社提携作品。 黒木和雄監督・清水邦夫脚本・原田芳雄主演映画『龍馬暗殺』も...。

かの龍馬は、質屋の倅で、常に刺客に狙われており、近視でのぞきが得意。 亡き怪優・原田芳雄がじっくりと魅せてくれて...。

中岡慎太郎は、竜馬の親友で庄屋の倅であり、この度の『西郷どん』での川口雪篷役の怪優・石橋蓮司がじっくりと魅せてくれて...。

そして、二人に関わる謎の男・右太を、当時時代劇初出演で、あの亡きカリスマ俳優・松田優作がじっくりと魅せてくれて...。



これらすべてを踏まえて...。


今からおよそ290年前から拓かれた近江屋にはじまって、山階宮からは「茶を一つ保つ」ようにとの想いから「一保堂」の屋号を頂いて久しく...。

抹茶をはじめ、玉露・煎茶・番茶などの日本茶への想いあふれて、京都・寺町二条に本店を構える日本茶専門店「京都・一保堂茶舗」の【京都・一保堂茶舗 玉露・煎茶詰合せ(鶴齢・芳泉)】が...。


もちろん、高知市大津乙にて1917(大正6)年より創業して以来、少しずつ磨きをかけ続けた土佐料理発祥店「土佐料理司」自慢の【極上一本釣り 鰹たたき 2本入りセット】も...。



日本の近未来への強きかつ熱い想いが、永遠でありますように。

タグキーワード
2018-08-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます