倉科カナ みなさん、さようなら - けものみちをあるく

自由形式

倉科カナ みなさん、さようなら



倉科カナ みなさん、さようなら

思いがけずに、耳にする名前、

そして、意味深な言葉。

2009(平成21)年度後半のNHK朝ドラ『ウェルかめ』でヒロインを演じ、国民的女優となったものの、悪い意味で朝ドラの印象から脱却できなくて、女優としては自然消滅?(失礼!!!)

と思いきや、ボクの一方的なカン違いだった。


正しくは、今月末の1月26日土曜日から、

東京都のテアトル新宿より、順次公開されてゆくこととなる映画、

『みなさん、さようなら』(原作:久保寺健彦 監督・脚本:中村義洋)。


物語は、1960年代から70年代に多く建てられた団地を拠点に安定した生活が送れて当たり前と思い込んでいる主人公・渡会悟の人生をおもしろおかしく描いた悲喜劇。

1981(昭和56)年、小学校を卒業した悟は宣言、

「俺は決めたんだよ。団地の中だけで生きてゆく!」

その主人公の12歳から30歳近くまでを演じる濱田岳、妙ちきりんながらも、なかなかの演技派だ。


倉科カナちゃんが演じるのは、団地のマドンナで悟の初恋相手・緒方早紀。

物語の中盤近くで、やや妖しげな描写があるとか。

カナちゃんは堂々としていた反面、岳クンは監督から内心煽られていたこともあって、アタフタしていたらしく。


カナちゃん自身にすれば、心機一転して初々しい気分になり切っていたということかな。

2006(平成18)年6月の『ミスマガジン2006』グランプリに選ばれた当時の感触に浸っていたんだろうか?

2013-01-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます