柴田恭兵 空飛ぶ広報室 ドラマ TBS 日曜劇場 - けものみちをあるく

自由形式

柴田恭兵 空飛ぶ広報室 ドラマ TBS 日曜劇場


柴田恭兵 空飛ぶ広報室 ドラマ TBS 日曜劇場

いよいよ4月14日日曜日の21時より放送が始まる、TBS日曜劇場『空飛ぶ広報室』のキャスティングのうち、

稲葉リカを演じる新垣結衣、空井大祐を演じる綾野剛への注目はもちろんのことだけど、

彼らと同じくらいに注目しているのは、航空幕僚監部広報室室長・鷺坂正司を演じる柴田恭兵。


楽しみだなあ。

というのも、柴田の役どころは、外見は普通のおじさんに過ぎないものの、芸能ネタ大好きなミーハーな性格。
反面、"詐欺師"と噂されるだけあって、一般企業の営業マン並みの交渉術を持つという。
このドラマにおいては、空井が"当たり障りのない穏和な能面"を被っていることを見抜き、わざとリカのアテンド役にさせ、空井に航空自衛隊の広報官としての使命を与えるという。

リカと鷺坂と関わってゆく過程で、空井がどのような変化を見せるのかも、気になるところ。


4月3日水曜日の制作発表で、柴田が口にするには、この度のドラマで演じるのは、何十年ぶりかの軽めの役で、あの日本テレビの刑事ドラマ『あぶない刑事』で演じたユージこと大下勇次をイメージしたキャラとのこと。
そして、共演者が評する現場でのムードメーカー的存在となっていて、アドリブかなと思えるシーンも台本通りになっているゆえ、楽しいと思えることは積極的に球を投げましょうと、スタッフにも共演者にも勧めているという。

実際に、広報室に勤務する方曰く、「実際はもっとふざけている」というから、驚き。


フットワークの軽さで縦横無尽に駆け回り、気の利いたウィットなジョークを時折口にしては、修羅場をかいくぐってきた大下勇次。

長く演じてきた柴田恭兵も、御年63歳。

「一生懸命ブレーキを踏みながら頑張ってやってます」

いわゆる年齢上の問題で、足腰が弱り始めているというのであるならば、心配。

一方では、大下勇次の持ち味のフットワークの軽さを、もう一度目に焼き付けておきたいという、贅沢なわがままも若干秘められているから、複雑な気持ち。


いずれにせよ、初回は85分のスペシャル・ヴァージョン。

これからのためにも、しっかりと見届けようっと。

タグキーワード
空飛ぶ広報室 ドラマ TBS 日曜劇場カテゴリの最新記事
2013-04-07 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます