岸恵子 わりなき恋 - けものみちをあるく

自由形式

岸恵子 わりなき恋

【送料無料!】わりなき恋 岸恵子  幻冬舎

【送料無料!】わりなき恋 岸恵子  幻冬舎
価格:1,680円(税込、送料込)



岸恵子 わりなき恋

女優・岸恵子が10年ぶりに執筆、4年がかりで仕上げた恋愛小説。

発売は、先月3月23日土曜日、幻冬舎より。



本人自身の長きにわたるフランスのパリ生活が大きく作用しているんだろうなあ。

どれだけ年齢を重ねようとも、恋する気持ちが長く生きたいという気持ちに好作用するということ。

否応なくそうさせてしまうものなのだろうか。


主人公は、孤独と自由を謳歌する国際的なドキュメンタリー作家・伊奈笙子69歳。

相手は、偶然隣り合わせたパリ行きファーストクラスで、何気に交わした"プラハの春"の想い出話で、親しみを持ち合うこととなった、世界を渡り歩く大企業のトップマネジメント・九鬼兼太58歳。

混沌とするメディア界、激動に渦巻く世界情勢と日本経済、それぞれの最前線に身を置く男女の切ない話だった。


特に、ヒロイン・笙子は、ビジネスマン特有の冷徹さと、少年のような心を持ち合わせて、かつ自身の都合の良いところにめぐり逢うこととなる、兼太に惹かれることに。
しかも、女性の影の時折浮かび上がる悪い男であるにも関わらずに。
さらには、婦人科の診察を受けて、ホルモン療法をしてまでも、兼太からの性愛を受け入れることになるから、驚きだ。

いわゆる性的描写は、官能的であるものの、泥沼に足を取られてしまうかのような、救いようのない展開とは、遥かに次元が違う。


いずれにせよ、容赦なく速く流れる時間の中で、人生の大半を過ごし、多忙であればあるほど、あらゆる感情が突き上げてくるもの。

どれだけ一緒に濃厚な時間を過ごせたとしても、結局は、夢だったのか、という気持ちにさせられてしまうんだよなあ。

しかし、それでも、多忙の"忙"という字のごとく、"心を亡くす"ということにならないためにも、ほんの"一瞬の夢"でもいいから、燃え上がるような恋を体感したてみたいもの。

好む好まざる関係なしに、人間の本能として。



ただ、

人間は誰でも、現実の実社会の中で、生き抜いてゆくもの。

そのためには、"ほんの一瞬の夢"として、割り切ってゆくしかないのかなあ。

一人一人にその覚悟があるのだろうか、と真正面から問われているかのようだ。

2013-04-17 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。