岡山ジーンズメーカー - けものみちをあるく

自由形式

岡山ジーンズメーカー





岡山ジーンズメーカー

にわかに脚光を浴びているかのようだなあ。

ちょうど今でも着こなしているジーンズも、そろそろ買い替え時になりつつあるし、いくらか気になっていた。



始まりは、先月4月19日金曜日、出張先の旅館で観たNHK岡山による情報番組『もぎたて!』。
国産ジーンズ発祥の地とされる岡山県倉敷市児島地区での、特産のジーンズを使った現代アート『児島ブルーアートフェスティバル』のイベントが紹介されてから。

メイン会場は、下津井電鉄の旧児島駅舎跡。
さすがに、20mのジーンズの生地をキャンバスにした巨大絵画、素晴らしかった。
参加アーティストは、日本はもちろんのこと、スペインやイタリアやポーランドなどからも集まって、計37人。
出展作品は800点。

すでにイベントは終了してしまったけど、国産ジーンズを見直す機運、例えこの先種火になりそうであっても維持できたら、嬉しいなあ。


岡山児島産ジーンズか。

デニム生地生産の草創期から約半世紀が過ぎて....。

現代では希少となった昔ながらの織機での生産は続いているんだなあ。

そこから1本1本作りだされるジーンズには、温かみがあって...。

しかも、歴史と伝統に基づいた岡山・児島の職人技術は世界最高峰とのこと。


ただ、外国産との価格競争の中、余分(?)とされる中間コストを極力抑えることのできたら、という思いは、どこの分野でも同じなんだろうなあ。

例え、若干高値であったとしても、身近な知人からでもいいから、岡山児島産ジーンズの温かみの素晴らしさを、より多く勧められたら...。
その気持ちは、誰で同じはず。
そう信じたい。



個人的にオススメというならば、

メンズならば「KOJIMA JEANS」、

レディースならば「夢心ジーンズ」。


これはいいや。

2013-05-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます