オーディオブック 人を動かす - けものみちをあるく

自由形式

オーディオブック 人を動かす



オーディオブック 人を動かす

やってみると、なかなか面白いや。


どうしても、小学校から始まる長きにわたる集団生活を過ごす中でも、学生生活を終えて実社会に飛び出した後でも、好む好まざる関係なしに、

"人を動かす"

という状況に直面させられる。

あらとあらゆる最新情報の錯綜や、人間関係の希薄化も重なって、自身の想いを上手に相手へと伝えにくいもどかしさから、いわゆる「ハウツー本」に走りがちになってしまうものなのかなあ。


しかし、それでも、

人間関係の古典として、あらゆる自己啓発本の原点とされる、1937(昭和12)年初版発行のデール・カーネギーの名著『人を動かす』の功績は大きいもの。

この名著を初めて知ったのは、学生時代の頃。
お恥ずかしながらミーハー心から始まって、1978(昭和53)年のベストセラー『矢沢永吉激論集 成りあがり』(矢沢永吉/角川文庫)の文面を目にしてからが、そもそものキッカケ。
高校1年生の16歳当時の広島で、貧しさゆえ生き抜くことの必死さからか、大人の気持ちを喜ばせることに長けていて、自身を気に入ってくれたアルバイト先の社長から贈られたという。

その『成りあがり』を読み終えた後で、勢いのまますぐに購入して読書。

まあ確かに、あれも言える、これも言える、のような気持ちで、読んでいたことを思い出した。


それでも、実社会では思い通りにいかず、悶々とすることの繰り返し。

そのたびに読み返しては確認して、自身の経験してきたことと置かれている状況とを照らし合わせては、自身の工夫を加えての実行することで、少しずつ感度を上げていったなあ。

いずれにせよ、これだという近道はないもの。


そして、時は流れて久しく、

ふとしたことで『人を動かす オーディオCD版』を知って、手に入れてみた。
発売されたのは、2005(平成17)年7月20日。

内容は、1980年代に時代に沿った形へ改訂されたものとして知られる、1999(平成11)年10月31日に発売の『人を動かす 新装版』(著者:デール・カーネギー、編集:山口博、出版:創元社)をそのままCD化したかのよう。

かつての持ち運びの重さにいくらか悩まされる書籍と違って、CDの入った携帯音楽プレーヤーならば、通勤の行き帰りでもジョギング中でも、気軽に繰り返し聴ける。

内容の充実したCD8枚に、収録時間は述べ9時間。

値段は12,600円と高くなるものの、いつでもどこでもデール・カーネギー氏の教えを耳にすることのできる点で、身近に感じられるゆえオススメかな。


聴いてみて改めて実感したことは、全体的には人生論・人格論を記しているのではなく、より多くの人たちとより広く関わってゆく上での「社交術」に過ぎないということ。

それを心得ないまま、家族、友人、知人、上司、部下などとの関わりに至るまで、著書に記されている技術を鵜呑みにして実践してしまうと、本音で語り合えないのに加えて、心の通い合わない居心地の悪い関係になってしまいそうな気が。

それでも、仕事の関係上においては、好む好まざる関係なしに、さほど親密でない人、考えのかなり異なる人、周囲を不愉快にさせる言動の目立つ人などと、否応なく関わらなければならない場合は、著書の社交的な技術を通して、平和的な人間関係を構築できるもの。
特に、相手への注意を促す必要に場合には有効。

逆に、長い親友関係にある相手との場合には、要注意だろうなあ。
心にもない褒めてばかりのお世辞が多かったり、注意を回りくどく言う技術ばかり目立ったことで、相手に感づかれてしまえば、結局は効果のないものに。
面の皮の厚い策略のある人間とみなされ、不信感を増幅させてしまう怖さが。


本来の理想的な人間関係とは、小手先の技術を使うことではなく、人格対人格で嘘偽りなく、正直に語り合うことであり、例え互いの悪口を少々言い合うことがあったとしても、関係は断絶されることなく、かえって微笑ましく陽気な雰囲気へと好転するもの。

中でも、一番明確に強調されていることは、「作為」はよくないということ。心からの相手への賞賛でなければ、人間の心は動かせないということ。


どれだけ時代が流れようが、決して忘れちゃいけないなあ。

タグキーワード
2013-05-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます