なるようになるさ。 TBS 橋田壽賀子 オリジナル作品 第5話 - けものみちをあるく

自由形式

なるようになるさ。 TBS 橋田壽賀子 オリジナル作品 第5話

【送料無料】 女王の教室 DVD BOX 【DVD】
価格:17690円(税込、送料無料)




【送料無料】 女王の教室 DVD BOX 【DVD】
価格:7387円(税込、送料無料)



なるようになるさ。 TBS 橋田壽賀子 オリジナル作品 第5話

8月9日金曜日放送。


「レストランあや」で働く陽子(志田未来)の元に、警察官数名が尋ねてきた。

保護観察中の家出少女・沢木みどりを捜しているという。

戸惑う陽子を見かねた綾(浅野温子)は、親戚の娘を預かっているから人違いだと気転を利かせて、その場を引き取らせることとなったものの、両親が居所を知るのも時間の問題ゆえ、陽子にすべてを打ち明けることをすすめた。

そして、陽子は皆にすべてを打ち明けた。

女子少年院送致になるまで、沢木みどりの名と家族を捨てて新しい生き方を見つけ出すまで、などの経緯すべてを。

数日後、陽子の母・克子(有森也実)が、「レストランあや」を訪ねてきた。



陽子にしてみれば、つらい学校生活だったのかもしない。

先生と級友との関わり合いは、どのようなものだったのかなあ。


ふと気になった。

当時12歳の志田未来の出世作で、連続ドラマとして2005(平成17)年7月から全11回、スペシャルドラマとして2006(平成18)年3月に2夜連続の放送、賛否両論の沸騰した遊川和彦脚本による日本テレビの異色学園ドラマ『女王の教室』を。

この時、天海祐希演じた主人公の鬼教師・阿久津真矢の真意は、

教師が"壁"となり立ちはだかること。

それを乗り越える努力をさせない限り、子供たちは真の"壁"を乗り越えることができない。

当初翻弄されっぱなしだった、志田未来演じる神田和美は、真矢の真意を最初に気づいて、少しずつクラスをまとめてゆく、といった役どころだった。


与えられた環境の中で、自分自身で行動して良き方向へと克服してゆく、といった重要性は言うまでもない。

ただ、それでも、初めからどうしようもなく、閉塞感の充満する場所だったら、どうなってしまうものなのか。

本当に何も希望の見えないくらいのつらさだったならばともかく、

わずかながらでも希望の光を実感できる導き方をしてくれる人ならば、多少の反発はあっても一目置くことになるんだろうなあ。



これから先も、長きにわたって、考えさせられることになりそうだ。

タグキーワード
2013-07-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます