長澤まさみ ドラマ 都市伝説の女 - けものみちをあるく

自由形式

長澤まさみ ドラマ 都市伝説の女




長澤まさみ ドラマ 都市伝説の女

再び観ることとなるのか。

今年2013(平成25)年10月から12月までの予定で、あの第2弾が放送されるとは。

しかも、同じ曜日と時間帯。

本当に待ち遠しい、10月11日金曜日が...。



振り返ってみれば、深夜ドラマながらも、観応えあったなあ。

日々の忙しさもあって、思うようにことが進まない時ほど、"都市伝説"という迷信に近い経緯にハマリやすいせいなのかもしれない。


その前作の第1弾であるテレビ朝日・金曜ナイトドラマ『都市伝説の女』とは、昨年2012(平成24)年4月13日金曜日から6月8日金曜日までの全9回放送。


主人公は、長澤まさみ演じる音無月子。

警視庁代々木警察署から異動してきた警視庁捜査一課丹内班配属の新人刑事。
マイペースな性格の都市伝説オタクゆえの知識の幅広さで、美脚を駆使して方々を歩き回っては、周囲を翻弄。


月子に翻弄される登場人物にも、ヒトクセもフタクセもあって、

初対面で一目惚れして接触するも、月子から気にも留められないまま捜査に利用される、鑑識課の勝浦洋人(溝端淳平)。

"鬼の丹内"の異名を持つ昔気質の刑事で、部下の月子の言動に翻弄されて怒り心頭の班主任・丹内市生(竹中直人)。

丹内に従順ゆえ心酔する部下の反面、怪奇現象の大嫌いな、柴山俊也(平山浩行)。

自身の手腕に自信過剰ゆえか、丹内をあからさまに見下し、小さな事件ばかり押し付ける郷原班主任で、月子には甘い顔を見せる、郷原祐一(宅間孝行)。

そして、忘れてはならないのは、月子とは「月子ちゃん」「武ちゃん」と互いに呼び合う仲で、月子に魅了される警視庁副総監・武重治(伊武雅刀)。



第2弾では、前作ラストでFBI出向となり、ニューヨークに在住する月子が、警視総監に昇進した武の尽力により設立された新部署・非科学事件捜査班(UIU)に配属されることとなって。

前作以上に、堂々と強引に捜査を進める姿が描かれそう。

また、新たな登場人物として、月子に強い憧れを抱き、デジタル機器を駆使した捜査を通して、月子を常に支えてゆくこととなる、UIU所属の刑事・浜中彩乃(高月彩良)が、どのような描かれ方をするのか、気になるなあ。

詳細は、後の8月15日木曜日付の記事「高月彩良 16 かわいい 都市伝説の女」にまとめるとして...。


もう一度、第1弾を改めて観直してみようかなあ。

タグキーワード
都市伝説の女カテゴリの最新記事
2013-08-08 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます