なるようになるさ。 TBS 橋田壽賀子 オリジナル作品 第10話 - けものみちをあるく

自由形式

なるようになるさ。 TBS 橋田壽賀子 オリジナル作品 第10話


なるようになるさ。 TBS 橋田壽賀子 オリジナル作品 第10話

9月13日金曜日放送。


恵理(紺野まひる)の息子・誠(大西利空)の転校手続きも無事に済ませることができ、誠は友達となった近所の子どもたちと一緒に学校へ。

そんなある日のこと、大悟(舘ひろし)の取引相手である広告代理店部長の中山(デビット伊東)が「カフェレストランあや」を訪ねてきた。

昇(安田章大)のことで、大悟に相談が。

昇のデザインの新聞への全面広告掲載で、両親に発覚した際の対応を気にしていて。

昇は、両親から縁を切られるのを覚悟の上とのこと。

その姿に心を動かされた陽子(志田未来)は、高校認定試験の勉強へ専念してゆく。



話は変わって、

中山を演じるデビット伊東といえば、

1986(昭和61)年に、ヒロミとミスターちんとともに、コントグループ・B21スペシャルを結成して以来、脚光を浴びた芸人、

といった面影はどれだけになってしまったんだろうなあ。

どちらかといえば、ヒトクセもフタクセもある個性派俳優へと変貌しつつあるかのよう。


この度のドラマでの役どころ、

2005(平成17)年からのTBS金曜ドラマ『花より男子』の一連のシリーズで演じた、道明寺財閥社長・道明寺楓(加賀まりこ)の秘書・西田に近いかも?

まさに社長の懐刀としての存在感のよう。

タグキーワード
2013-08-28 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます