八重の桜 キャスト 伊勢時雄 黄川田将也 - けものみちをあるく

自由形式

八重の桜 キャスト 伊勢時雄 黄川田将也




八重の桜 キャスト 伊勢時雄 黄川田将也

9月29日日曜日放送の第39回より、ついに初登場。


演じるは、熊本バンドにお一員でもある、伊勢時雄。


ただ生来は、熊本藩士で儒学者の横井小楠の長男・横井時雄。

かつて熊本洋学校で学んで、1876(明治9)年の熊本バンドの結成に参加。

となると、熊本における迫害から、伊勢時雄と名乗ることを余儀なくされたのかなあ、同年に上京して開成学校に入学するも、翌年1877(明治10)年に同志社に編入することになって。


そして、新島邸にて、山本みね(三根梓)との初めての出逢いか。


やがて、1879(明治12)年に同志社を卒業の後に、伝道者として愛媛県今治市に赴任、新島襄(オダギリジョー)により按手礼を受けたとのこと。

以後は、同志社に戻ったり上京したりとあって、1897(明治30)年に同志社第3代社長に就任。


みねが一目惚れするくらいの、物腰の柔らかさと温厚さなんだろうなあ。

どのような流れとなって、互いの想いが成就してともに歩んでゆくこととなるのかが、一番気になるところ。



黄川田将也といえば、思い出すなあ。

8年前の2005(平成17)年のこと。

舞台は九州でも、西の熊本と違って、東の大分での人間模様を描いたNHK朝ドラ『風のハルカ』を。


あの時演じたのは、ヒロイン・水野ハルカ(村川絵梨)の幼馴染で、老舗温泉旅館「倉田旅館」の跡取り息子・倉田正巳。

生後間もなく実母と死別。
顔の良さと優しい性格で非常に女性にモテる男。
しかし、甘やかされて育ったため苦しいことにはすぐ音をあげやすい。

特に、湯布院を現在の姿に育て上げた偉大な父・宗吉(藤竜也)を超えられない重圧に常に押しつぶされそうな日々を過ごしていて、いわば、偉大な過去をいかに継承発展させるかに悩む、現在の湯布院温泉の苦悩を象徴する人物として描かれていて...。

確かに、いろいろ問題を起こしてしまうのは、考えものだったけど...。



あれから8年の歳月が流れて...。

素晴らしい伴侶を得られるくらいの成長した役どころ、

しっかりと魅せてくれるんだろうなあ。

タグキーワード
2013-09-24 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログサーフィンしていたら、たどり着きました。素敵なブログですね、読ませていただきありがとうございます。
Posted by こんにちは at 2014.03.19 17:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます