ファンキーモンキーベイビーズ CD LAST BEST あとひとつ - けものみちをあるく

自由形式

ファンキーモンキーベイビーズ CD LAST BEST あとひとつ






ファンキーモンキーベイビーズ  CD LAST BEST あとひとつ

特に、今年の田中将大、そしてファンキーモンキーベイビーズ、ともに忘れられない1年間を象徴する言葉。

「あとひとつ」

それは、先の11月3日日曜日にKスタ宮城で開催された日本シリーズ第7戦、東北楽天ゴールデンイーグルスの球団史上初の日本一すなわち優勝を目前にした9回表、観客の大歓声と大合唱の中、声のかかった田中将大投手が登板し始めてから。

その大歓声と大合唱の甲斐あって、東北楽天ゴールデンイーグルスは見事に優勝。

田中将大は胴上げ投手となった。



「あとひとつ」

このファンキーモンキーベイビーズの14枚目のシングルは、2010(平成22)年8月4日水曜日、朝日放送の第92回全国高等学校野球選手権大会の応援ソングとして発売。

そのシングルのジャケット顔写真とPV出演は、田中将大。


ファンキーモンキーベイビーズも田中将大も、あの試合が強く印象に残っていたからかもしれない。

それは、当時在籍の駒澤大学附属苫小牧高等学校の史上2校目の夏3連覇がかかった2006(平成18)年の第88回全国高等学校野球選手権大会、決勝戦でのこと。
当時のエース斎藤佑樹投手を擁する早稲田実業高等学校と対戦。
3回途中からのリリーフ登板で、延長15回まで投げ切って、37年ぶりの決勝引き分け再試合へ。

しかし、再試合では1回途中からリリーフしたものの、3対4と負け越し。
そして9回表、田中将大は最後の打者として、斎藤佑樹に三振で討ち取られてしまった。


「あとひとつ」

勝つ側にも負ける側にも、重大な意味合いのある言葉。

昨年2012(平成24)年からは、田中将大の9回登板時の登場曲。

"輝き"を手にするための意味合いが込められているかのようだ。


やがて時は流れて、2013(平成25)年11月3日日曜日、

田中将大は、見事に雪辱を果たすことに。



そのファンモンことファンキーモンキーベイビーズも、去る6月1日土曜日・2日日曜日、東京ドームでの『おまえ達との道 FINAL in 東京ドーム』公演を最後に解散してしまった。

それらのこともあって、さかのぼること3月27日水曜日に実質最後のアルバムとして発売された『ファンキーモンキーベイビーズ LAST BEST』、改めて聴いてみたいなあ。


収録された楽曲はすべて、地元である東京都八王子市への愛着を根底に、(B級にみられがちながらも?)ありとあらゆる人たちへの応援や感謝の気持ちにあふれたものばかり占められていて...。

2006(平成18)年1月25日水曜日のメジャーデビュー曲「そのまんま東へ」の発売にあたって、曲名から「そのまんま東さんが出てくれたら面白いな」と考えてダメ元で依頼したら快諾されたことは、後の大きな収穫へとつながったと言っても過言じゃないだろうなあ。

実際に、以降のシングル発売の度に、ジャケット顔写真とPV、本当にいつも楽しみだった。


そして、2011(平成23)年11月16日水曜日からの京王グループとのタイアップ。

特に、京王八王子駅で「ヒーロー」(1番線)と「あとひとつ」(2番線)の接近メロディとしての使用、今でも続いているんだろうなあ。

実際そうだったら嬉しいや。

タグキーワード
2013-11-04 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます