軍師官兵衛 キャスト 豊臣秀吉 竹中直人 - けものみちをあるく

自由形式

軍師官兵衛 キャスト 豊臣秀吉 竹中直人




軍師官兵衛 キャスト 豊臣秀吉 竹中直人

これは、別の側面からの魅力発見の楽しみが、また増えることとなるのかなあ。

そう、あの2014(平成26)年1月5日日曜日より放送開始の第53作目のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』でのこと。

かつての1996(平成8)年放送の『秀吉』で、主人公・豊臣秀吉を演じた竹中直人が、18年ぶりに再び同じ役で再登場するという。


これで3人目か...。

作品を変えて同一人物を演じる役者と言えば、1965(昭和40)年放送の『太閤記』と1978(昭和53)年放送の『黄金の日日』での、織田信長を演じた高橋幸治、豊臣秀吉を演じた緒形拳、以来ということで、つい気になってしまった。

御三方ともに名優である以上、骨太な作品に仕上がる予感が...。


余談として、役者の成長に合わせてのキャスティングと言えば、1996(平成8)年放送の『秀吉』と2009(平成21)年放送の『天地人』で、石田三成を演じた小栗旬。
2005(平成17)年放送の『義経』と2012(平成24)年放送の『平清盛』で、源義経を演じた神木隆之介。

今回の場合は、誰が登場するのかなあ?
実現ならば嬉しいや。



竹中直人を振り返ってみて...、

確かにスゴイゆえ、存在感自体がエネルギッシュ。

多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科に入学後は、映像演出研究会に所属し、8ミリ映画の制作に没頭しては、監督から出演までこなしたという。
(ブルース・リーを持ちネタとした芸風の下地は、この時期からなのかなあ?)

大学在学中の1977(昭和52)年、TBSバラエティー番組『ぎんざNOW!』の「素人コメディアン道場」で第18代チャンピオンに輝き、芸能界入り。
一方では、1978(昭和53)年に劇団青年座へ入団。

以後の活動は、(失礼ながら)芸人と俳優を行ったり来たりといった印象だったけど...。


そして、あの当たり役か...。

日吉から藤吉郎の頃の、褌姿で泥臭く走り回る姿、まさにエネルギッシュ。

全体を通して、秀吉の生涯が人間味を重視して描写されていたからか、本当に強く焼きついており...。

特に、事あるごとに、右手で5文字を強調しながら言う決め台詞で、その年の流行語にもなった「心配御無用!」、心から勇気づけられた。


ただ、天下人となった後の豊臣秀吉が、消化不良となってしまったとは...。

現に竹中直人自身、2003(平成15)年の再放送でのインタビューでは、「天下を取った後の堕ちてゆく秀吉を演じたかった」との発言。

いわゆる朝鮮出兵や千利休の切腹など、秀吉の陰の部分にも注目する展開になっているものの、物語自体は秀吉が栄華を極めていた時期、史実からすると弟・小一郎秀長や、母・なか(大政所)が亡くなった時点で終了。
結局のところ、甥・秀次一家の惨殺や朝鮮出兵の失敗などの晩年部分は描かれないまま。



あれから18年の歳月を経て、

再びあの豊臣秀吉が...。

この度のNHK大河ドラマが、"雪辱戦"ということになるんだろうなあ。

そして、主人公・黒田官兵衛(岡田准一)との関わりが、描かれててゆく。


この度の竹中直人が演じる豊臣秀吉のさらなる別の側面、どのように魅せてくれるのか?

そして、終焉を迎えることとなる11月9日日曜日放送の第45回の豊臣秀吉と黒田官兵衛...。


より深いものになってゆくかのようで、ますます楽しみになってきた。

タグキーワード
2013-11-22 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます