軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第9回 - けものみちをあるく

自由形式

軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第9回



【送料無料】 運命の人 DVD-BOX 【DVD】

【送料無料】 運命の人 DVD-BOX 【DVD】
価格:21,546円(税込、送料込)




軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第9回

放送日は、3月2日日曜日。


はじまりは、官兵衛(岡田准一)一行が長浜城に滞在した翌朝のこと、

官兵衛が秀吉(竹中直人)の軍師・竹中半兵衛(谷原章介)と初対面を果たすことに。

かねてからの高名ゆえ敬服に値する人物として心躍らせていた官兵衛だったが、

かの竹中半兵衛、稀代の軍師にふさわしく一筋縄にはいかないようで。

対面早々の播磨の地侍のとりまとめをめぐって、半兵衛の人を食ったような視線と物言いは、官兵衛を内心憤らせるものだった。

半兵衛は、官兵衛のお手並み拝見といった姿勢。
官兵衛は憤りを秘めたまま、慌ただしく播磨へ戻って、早速御着城へ。

留守中には、官兵衛に敵愾心を抱く左京進(金子ノブアキ)の讒言により、政職(片岡鶴太郎)が織田信長(江口洋介)に属することをやめると言い出して、ひと悶着あったかのようで。
幸いにも、職隆(柴田恭兵)と光(中谷美紀)がうまく取り成しの甲斐あって、すぐさま政職に対面できる手筈に...。

しかし、播磨を出たことのないのみならず、敵の領地の通行を恐れる政職は、播磨の三家の足並みの乱れを理由に、信長への拝謁に消極的。

やむを得ず官兵衛は、自身による別所、赤松の説き伏せを実現させた後の決断を、政職に促す形で、城を後にした。


まず官兵衛は、三木城へ。

この時の当主は、先代・別所安治から家督を相続した齢18歳の長治(入江甚儀)。
万事を仕切っているのは、後見役である二人の叔父の賀相(ベンガル)と重棟(佐戸井けん太)。

早速、本題に切り込んだ官兵衛に、長治は信長に会う決意。
二人の叔父が止めに入ったが、長治は自身が当主であること、織田に属するのが最善の道であることを、強く宣言。
これまで操り人形にすぎなかった甥の豹変に、二人の叔父は唖然。

というのも、長治が学問に秀でて政を叔父任せにしては書物を読み漁っているのを、すでに官兵衛は把握していて、あらかじめ書状を出して道理を説いていた。

それは、『六韜』という兵法書の言葉。

「人に国柄を貸すなかれ」
(君主は臣下に統治の力を貸してはならぬ...。)


赤松では、かねてからの小寺への恨みが相変わらずの根強くて...。

当主・赤松広秀の父親は、長きにわたって小寺と戦を繰り返してきた、あの政秀(団時朗)だった。

争う意志のない官兵衛は、丸腰で龍野城へ。
別所と小寺が手を組んだことを家臣を通じて広秀に伝えたことで、いよいよ面会へ。

広秀は一瞬強く身構えたが、この時の赤松は備前の宇喜多に攻められている最中で窮地に。
それゆえ織田に属することでの計り知れない利と形勢を、官兵衛から説かれた広秀の気持ちは大きく揺れ、結局のところ受け入れることに。


ことをすませるなり、再び御着城に参じた官兵衛は、信長への拝謁を政職へ念押し。

ところが、政職は突然の取りやめ。
お紺(高岡早紀)が泣いて止めると嘘を言い、職隆の説得にも耳を貸さないありさま。

やがて、信長上洛の10月に合わせて京にのぼるようにとの、秀吉からの文が届いた。

どうやら政職は官兵衛を織田家にとられてしまうと不安がっているらしく、真意を察した官兵衛と職隆は困惑。

埒が明かない中、突然、荒木村重(田中哲司)が大軍を引き連れて参上。
信長の命で、官兵衛の加勢に来たという。
政職をたっぷりと脅す構えだった。

そして、実現の運びへ。


時は1575(天正3)年10月、京の妙覚寺にて。
播磨の三大勢力である、小寺・別所・赤松の当主が、そろって信長に拝謁。

官兵衛の目論見通りに、播磨のおもだった勢力は織田方へ属することとなった。

謁見を終えて、官兵衛と半兵衛は再会。

すでに村重から聞いた話では、半兵衛は以前から間者を使って播磨一円を調べていく中で、政職の心変わりを知ったらしく...。
しかも、村重は、官兵衛の策が実を結べば、無傷のまま播磨を手に入れることができると信長に説き、官兵衛を助けてほしいと頭を下げたとか。

半兵衛はほくそ笑みながら口にした。

「戦の情は速やかななるを主とす」

戦は迅速でなくてはならない。
それゆえ半兵衛は、頼りにならず振り回してばかりの主君への謀反を唆すかのような口ぶり。

官兵衛は「いずれまた」と一礼、その場を後にした。


翌年1576(天正4)年4月、石山本願寺に大勢の一向宗の門徒が集結。

中心人物は、親鸞の子孫である本願寺十世法主・顕如(眞島秀和)。

後ろ盾となる毛利はすでに前将軍・足利義昭(吹越満)を迎え、幕府再興を名目に戦う覚悟。
門徒の結束は固く、この機会を逃せば滅びるのみの先行きに、戦を決意せざるを得なくなった顕如は固い表情。


やがて、織田方に属した黒田家では、一向宗の門徒の3人の侍女が城を去った。

家中の女をまとめきれなかった未熟さを詫びる光に、生き残るため選ばねばならない立場ゆえ決断が間違っていない以上、信じるように優しく気遣う官兵衛。

その官兵衛の元に、血相を変えた善助(濱田岳)と九郎右衛門(高橋一生)が、英賀の港に毛利の大軍の船の襲来を知らせてきた。

覚悟を決めた官兵衛と家臣団たちは戦へ。



このドラマで眞島秀和演じる顕如は、1543年2月20日(天文12年1月7日)、本願寺第十世証如の長子として誕生。

特に、顕如の時代の本願寺教団は、父の時代以来進めてきた門徒による一向一揆の掌握に務める一方、管領の細川家や京の公家衆との縁戚関係を深めており、経済的・軍事的な要衝である石山本願寺を拠点として、主に畿内を中心に本願寺派の寺を配置。
そして、大名に匹敵する権力を有するようになり、教団を最盛期へ導くことに。

やがて1570(元亀元)年、"野田城・福島城の戦い"に端を発した、すなわち石山合戦と呼ばれる織田との一連の抗争へ。

信長と反目した義昭、甲斐国の武田氏、越前国の朝倉氏、近江国の浅井氏ら反織田勢力迎合による信長包囲網への加担。

しかし、1574(元亀4)年4月の武田信玄急死に伴う包囲網破綻からの同盟勢力滅亡への流れ。

以後の為政者である信長そして秀吉との駆け引き。

50歳にて示寂することとなる1592年12月27日(文禄元年11月24日)まで、どのような描かれ方になるんだろうか?

本放送と並行する形で、昨年2013(平成25)年9月に長浜市長浜城歴史博物館より出版された『顕如・教如と一向一揆 信長・秀吉・本願寺』でも目を通してみる必要あるなあ。


一方で、2012(平成24)年1月から3月まで放送のTBS日曜劇場『運命の人』で、眞島秀和が演じた週刊『潮流』記者・松中雄也も、何気に似たような存在感?

最終回まで出演していたんだよなあ。


あの松中同様、第三の立場としての顕如の動向、見逃せなくなってきた。

タグキーワード
2014-02-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます