石川さゆり 椎名林檎 - けものみちをあるく

自由形式

石川さゆり 椎名林檎


石川さゆり 椎名林檎

またまた嬉しいことに、必見・必聴に値する異色コラボレーションが...。

歌謡界のトップスター・石川さゆり、独特の世界観での音楽表現者・椎名林檎。


石川さゆりの通算115枚目となるニューシングル「暗夜の心中立て」として、4月2日水曜日発売。


作詞・作曲・プロデュースは椎名林檎。 編曲は斎藤ネコ。

カップリング曲「名うての泥棒猫」には、石川さゆりと椎名林檎のハーモニーが...。

付属DVDには、児玉裕一監督がディレクション担当の「暗夜の心中立て」「名うての泥棒猫」それぞれのMVが収録。


この異色の豪華コラボレーション実現のきっかけは、2011(平成23)年大晦日放送の『第62回 NHK紅白歌合戦』の舞台裏での2人の出逢い。

石川さゆりから「心に刺さる言葉とメロディーが大好きだった」と以前からの椎名林檎の作品への興味を示したことで、初対面より意気投合し、「いつか一緒に面白いことをやりたい」と約束し合ったという。


それから、約2年後の実現となって...。

今回の楽曲に関しては、石川さゆり曰く、自身の心拍数の上下のごとく"生きている"という実感が、とても嬉しいという気持ち。


椎名林檎としては、一人の歌謡ファンとして「こういう曲を歌うさゆりさんが見たい」という気持ちで書き下ろしとのこと。
イメージは、平成の花魁(おいらん)・さゆり太夫。

事実、告知動画では、2011(平成23)年10月より放送のNHK朝ドラ同名主題歌「カーネション」を彷彿させるかのようなバラードを基調に、日本の演歌と海外のブルースによる融合、とでもいうのかなあ...。

何よりも、石川さゆりの低音を体全体で絞り出すような歌唱、歌詞のごとく全身全霊の愛に身を焦がす女性の情念の体現、あの「天城越え」以上かなあ?


そして、カップリング曲「名うての泥棒猫」は、作詞家・すぎやまこういちがザ・ピーナッツに宛てた楽曲のイメージとのこと。

となれば、あの戦後の昭和の高度経済成長期特有の古き良き輝きを反映した曲調に仕上がっているのかもしれない。

ザ・ピーナッツのように?



石川さゆりの情感あふれる歌唱、椎名林檎の美しく聴きやすい日本語の歌詞。

すべて聴きたいなあ。

タグキーワード
2014-03-02 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ拝見させていただきました♪よかったら私のブログにもお越しください。よろしくお願いします(^o^)
Posted by 初めまして。吹越です。 at 2014.04.30 08:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます