THE BOOM 星のラブレター 25周年記念シングル - けものみちをあるく

自由形式

THE BOOM 星のラブレター 25周年記念シングル

【送料無料】星のラブレター [ THE BOOM ]

【送料無料】星のラブレター [ THE BOOM ]
価格:1,080円(税5%込、送料込)



THE BOOM 星のラブレター 25周年記念シングル

5月21日水曜日に発売。

カップリングは、表題曲のインストゥルメンタルと、あの1995(平成7)年3月24日発売の16枚目のシングル「風になりたい」のライブヴァージョン。


これはまさに、思いもかけない嬉しい知らせ。

あの1989(平成元)年9月21日発売の2枚目のシングル「星のラブレター」が...。

25周年記念シングルとして、再び...。


THE BOOMを初めて知ったのは、失礼ながら多くの人たち同様、1993(平成5)年6月21日発売の11枚目のシングル「島唄(オリジナル・ヴァージョン)」に続いて、同年年大晦日の『NHK紅白歌合戦』で披露された1992(平成4)年12月12日発売の9枚目のシングル「島唄(ウチナーグチ・ヴァージョン)」も、耳にしてから。

折しも当時、初めての西表島で年末年始を過ごしていたことあって、琉球特有のまったりとした夢見心地を忘れることのできない恋しさが、尾を引いていて...。

ゆえに思い切って、いずれのヴァージョン収録の1992(平成4)年1月22日発売の4枚目のオリジナル・アルバム『思春期』を購入することに。

以後、アルバムを購入して耳にすることとなった楽曲には、かの90年代前半に手掛けた琉球民謡のみならず、初期の陽気で軽快なスカ、90年代中盤のブラジル、そして歌謡曲といった変遷を経て、以降すべての音楽の要素を生かしつつ独自の世界を構築していったかのよう。


改めて振り返ってみて1986(昭和61)年11月、

「常に流行すなわち"boom"に左右されず自分たちの音楽を貫いていけるように」という逆説をもって、宮沢和史(ヴォーカル・ギター)による命名で、小林孝至(ギター)、山川浩正(ベース)、栃木孝夫(ドラムス)とともに結成。

その勢いのまま1987(昭和62)年7月26日より、当時一世を風靡した東京・原宿歩行者天国(通称:ホコ天)でのストリートライブで活動。
人気を博しての1988(昭和63)年12月18日、ソニーのオーディションに合格後の翌年1989(平成元)年5月21日、シングル「君はTVっ子」とアルバム『A Peacetime Boom』でメジャーデビューへ。

途中数回の活動休止はあったものの、一度のメンバーチェンジもなし。


長きにわたる歳月を経ての5月21日水曜日、デビュー25周年記念日。

当日には、旧ホコ天すぐそばの東京・渋谷公会堂公演を行い、ファンクラブ会員限定イベントを開催。


デビュー以来、1000本以上におよぶライブで最も歌われてきた2枚目のシングル「星のラブレター」は、THE BOOM出演の赤い羽根共同募金のCMを観たことあって、とても心地良く...。


あえて原点に立ち返って、バンドを象徴する楽曲を、25周年記念シングルとして改めて発売するのか...。


当日はどのような盛り上がりとなるんだろうなあ。

タグキーワード
2014-03-29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます