土用の丑の日 食べ物 国産うなぎ蒲焼きカット 川口水産 - けものみちをあるく

自由形式

土用の丑の日 食べ物 国産うなぎ蒲焼きカット 川口水産










土用の丑の日 食べ物 国産うなぎ蒲焼きカット 川口水産

"土用"とは、五行に由来する暦の雑節。
1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつ。

各土用の最初の日を"土用の入り"。
最後の日は節分。


俗には、夏の土用(立秋直前)を指すことが多く、夏の「土用の丑の日」には、うなぎを食べる習慣があって...。


夏の土用の入りは、毎年7月19日から20日あたりか...。


うなぎと言えば、現代ならば、夏バテ・食欲減退防止の効果が期待できるもの。
実際にも鰻にはビタミンA・B群が豊富。


ただ、鰻の旬は冬眠に備えて身に養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期。
秋から春に比べても、夏のものは味が落ちる、という点で、いくらか落胆してしまいそう?

しかし、美味しいことには変わりない。


日本一美味しいうなぎと言えば、和歌山県有田市宮原町滝川原212に設立された、川口水産株式会社のうなぎ。


国産で生産者が明確、保存料・合成着色料の使用なし。

何と言っても川魚特有のニオイのないことが、本当に嬉しい。

そのための品質管理の徹底していることも大きいし。


本当にいろいろあるわ。

【超特大うなぎ蒲焼き(200g〜229g)X5本】

【国産うなぎ蒲焼き大小カット(37g〜65g) メガ盛り 1kg】

【超特大うなぎ蒲焼き(200g〜229g)X3本】

【脂がのった特大国産うなぎ!(170g〜199g)X3本】

【超特大うなぎ蒲焼き(200g〜229g)X2本】


折しも、毎年恒例の家族と親戚の集まり時...。

暑気払いを兼ねて、贅沢に取り寄せてみようかなあ。


あ、毎年6月第3日曜日の「父の日」への贈りものにも、ふさわしいかな?

タグキーワード
2014-05-12 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます