軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回 - けものみちをあるく

自由形式

軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回






軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回

放送日は7月13日日曜日。


1582(天正10)年6月2日早朝、明智光秀(春風亭小朝)率いる軍勢が、京の本能寺の織田信長(江口洋介)を急襲。

世に言う"本能寺の変"。

信長は、突然のことに内心驚愕、しかしながら、すぐさま静かに達観したかのよう。
正室・お濃(内田有紀)とともに果敢に奮戦むなしく、お濃は討死。 奥の間に入って火を点けて自害して果てた。


この時、備中高松城水攻めの秀吉(竹中直人)は、眠れぬ夜。
城を眺めながら夜明けを迎えることに...。

折しも、戦の膠着状態ゆえの農作業の支障に堪りかねた百姓が水抜きを願い出始めた。
官兵衛(岡田准一)との話し合いの上、当面は銭をいくらか与えて凌ぐことに。

今後の策を思案する官兵衛の元に、善助(濱田岳)からの知らせが...。
小寺政職(片岡鶴太郎)と嫡男・斎改め氏職が百姓に身をやつしてひっそりと日々を過ごしているという。

久方ぶりに対面することとなった政職は病床の身、これまでの不甲斐なさで窮地に追いやったことを官兵衛に詫びたことで、両者は心から和解。
氏職を黒田家のもとで育て上げることが決まって安堵した政職は、静かに息を引き取った。


一方、信長の横死と光秀勢の包囲により大揺れの堺。

滞在中の徳川家康(寺尾聰)は我を忘れて自害を決意したが、家臣団に諌められて我を取り戻す。
すぐさま"伊賀越え"で、三河まで向かう運びに。

窮地打開のため、京の有力町衆で信長家臣の茶人・長谷川宗仁は、飛脚の辰蔵を使者として備中へ。


宗仁の書状を携えた辰蔵は、極度に疲労しながらも、秀吉本陣の官兵衛の元に到着。

官兵衛は衝撃。 すぐさま毛利に向かう東から来る者が現われれば詮議するよう指示を下し、秀吉に信長の横死を伝えた。

官兵衛は、激しく慟哭する秀吉に、毛利に悟られぬよう京へ戻り謀反人の光秀を討つのが最善の道であること、天下取りが近くなることを伝えた後、すぐさま毛利の外交僧・安国寺恵瓊(山路和弘)の元へ。


そして、二人だけの対面。

秀吉との和議で毛利の所領八か国を安堵する旨に驚いた恵瓊に、官兵衛は信長の横死を伝えた。

まさに、官兵衛の賭けだった。



本能寺の変を起こした明智光秀には、朝廷との長きにわたる関係ゆえに、天下を独占しようとする傲慢さはなかったとのこと。

いわゆる、恐怖心説、理想相違説、朝廷説、といった動機に比重が置かれているかのような展開で...。

あれから長年の時は流れ、明智残党狩りの手を逃れた光秀の子・於寉丸(おづるまる)の子孫・明智憲三郎により2013(平成25)年12月に執筆された『本能寺の変431年目の真実』(文芸社文庫)は、なかなかの読み応えで...。


対する官兵衛による「孫子の兵法」の見事なまで実践ぶりの綴られた2013(平成25)年11月発売の『黒田官兵衛 智謀の戦国軍師』(小和田哲男 / 平凡社新書)も、負けてはおらず。


いずれにせよ、「腹が減っては戦ができぬ」ことに変わらない気持ちで...。

現代に置き換えれば、『軍師官兵衛 豆煎餅』を口にして、ことに当たりたい心境かも?

タグキーワード
2014-05-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます