軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第34回 - けものみちをあるく

自由形式

軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第34回










軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第34回

放送日は8月24日日曜日。


1586(天正14)年4月、豊後のキリシタン大名・大友宗麟は、かねてからの薩摩の島津義久の侵攻の阻止のため、大坂城へ出向いて豊臣秀吉(竹中直人)に謁見。 豊臣傘下に入ることと引き換えに、軍勢の支援を哀願。

秀吉は了承。
7月に入り、官兵衛(岡田准一)は、長政(松坂桃李)に又兵衛(塚本高史)を付けて残し、3,000余の兵とともに出立。

しかし、島津義久の豊後への侵攻は、決して変わることなく...。


この度の出立と前後して、徳川の家臣・石川数正が豊臣に身を寄せた今こそ、徳川に軍勢を差し向けるべしとする三成(田中圭)に対して、官兵衛が異を唱えて...。

秀吉は、家康(寺尾聰)を戦わずに上洛させる手段として、妹・朝日を家康の元に嫁がせることに。


7月に秀吉から毛利家への九州攻めの下知。

官兵衛は8月に安芸入り。

当主・毛利輝元(三浦孝太)と後見人の小早川隆景(鶴見唇吾)は応じる姿勢。
しかし、、隆景の実兄・吉川元春(吉見一豊)だけは隠居と病身を理由に頑なに応じようとせず。

元春にすれば、これまで長きにわたる宿敵・大友と手を組むこと自体、武人として戦ってきた自身の誇りが許されず。
毛利のために命を落とした清水宗治(宇梶剛士)はじめとする多くの武人への申し訳なさだけが、強かった。

元春と対面した官兵衛は切り出した。
宗治が自らの命をもって毛利を守ったように、毛利のための命の使い方を示す時なのではと。

そして数日後、官兵衛の本陣に、息子・元長に寄り添われた元春が参上した。
10月3日、黒田と毛利の軍勢は、九州へ。

同じ頃、大坂城では、秀吉の実母で大政所・なかを差し出されたことで気を許した家康が、秀吉に拝謁。
両者熟知の下、家康が豊臣の傘下に入る"演出"は、秀吉を百姓上がりと蔑む多くの古参の大名を、臣従させる効果をもたらした。


黒田と毛利が豊前・香春岳の麓に本陣を構えてすぐに、大友に迫る敵方の宇留津城を陥落。
家康が秀吉に拝謁した知らせの届いた効果も加わって、寝返りが続出し、島津は撤退へ。

間もなく、秀吉の書状を携えた長政と又兵衛が到着。
書状には、戦の前に本領安堵を条件に敵将を帰順させることの旨が...。


1586(天正14)年11月15日、吉川元春、出征先の豊前小倉城二の丸にて、永眠。

享年57歳。



キリシタン大名・大友宗麟のお膝元の豊後国か...。

2013(平成25)年1月発売の『大航海時代のアジアと大友宗麟』(鹿毛敏夫 / 海鳥社)にあるように、戦国時代以来の九州は世界への玄関口...。

最盛期には九州六ヶ国に版図を拡げたものの、「キリシタン王国」創立間近で島津義久に勢力を強められ、晩年には秀吉の傘下の一大名までに、豊後一国までに衰退。

そして、1587(天正15)年5月6日に、大友宗麟は永眠へ。


それから長年の時が流れて、


大友宗麟の霊名にあやかって、ヨーロッパ産アーモンドペーストを使ったクレームダマンドの生地と、甘酸っぱいブルーベリーに甘いメロンを隠し味に煉り込んだ 自家製ブルーベリージャムと、角切りにしたリンゴ入りジャムを重ねて焼き上げた、大分の南蛮銘菓か...。

それは、2014世界モンドセレクションで12年連続最高金賞受賞の『ドン・フランシスコ』。


そして、

独自の風味、ホクホク感を出すために香ばしい焼栗をふんだんに使い、しっとり風味の良い餡を入れました。
皮にはミルクをたっぷり入れ、香りふくよかに焼き上げた南蛮銘菓で、2003世界モンドセレクションで最高金賞受賞の『ペトロ岐部詰め合わせ』。


大友宗麟による素晴らしき置き土産かな???

タグキーワード
2014-06-06 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます