軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第45回 - けものみちをあるく

自由形式

軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第45回








軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第45回

放送日は11月9日日曜日。

冒頭から悲劇に覆われることになりそうな展開は、本当に悲しいものであって...。


朝鮮へ出兵した父・如水(岡田准一)と兄・長政(松坂桃李)とともに加われなかったことを嘆く熊之助は、太兵衛(速水もこみち)の嫡男・吉太夫を連れて、秘密裏に出航する朝鮮行きの船に乗り込むことに。

しかし、不運にも玄界灘の大嵐に遭遇、あっ気なく転覆してしまった。


黒田屋敷には、光(中谷美紀)の侍女で善助(濱田岳)の正室・道(福島リラ)が、駆けつけ知らせることに。

光は内心動揺するものの、かつて長政の幼き頃の奇跡的な生還の喜びの大きかったことから、知らせは誤りであることを信じるよう、周囲に呼びかけた。

ただ、身重の糸(高畑充希)だけは、戦稽古を兼ねての遠乗りと称した熊之助と吉太夫が屋敷から出るときに遭遇しながらも、止められなかったことを悔やんでおり、心の重いまま...。


その知らせは朝鮮にもすぐ届いた。

太兵衛は吉太夫が止められなかったことを詫びて男泣き。
如水はすべて熊之助の暴走が招いたことととして、逆に太兵衛を慰めて...。

ともに男泣きするだけの二人の姿に、陣中の家臣も悲しみに...。


やがて如水は、秀吉(竹中直人)からの帰国の下知。

おね(黒木瞳)に漫然とした心細さの不安の吐露と話し合いにより、秀吉の心が軟化したらしく、如水は多くの家臣に後を託すと、善助を伴い帰国して黒田屋敷へ戻った。

戻って早々の糸の姫君誕生の喜びの雰囲気も束の間、糸は嫡男の誕生しなかったことの後ろめたさの尾を引いたまま...。

夜遅く奥の間で光と二人きりになった如水は、熊之助と吉太夫の弔いを早く済ませるよう勧めて...。

光は泣き崩れた。


二度目の朝鮮出兵から1年が流れて...。

1598(慶長3)年3月15日、京都・伏見城にて"醍醐の花見"...。

秀吉、おね、淀(二階堂ふみ)が、無邪気に戯れる秀頼を傍目に見守る、穏やかな時の流れ...。

そこへ三成(田中圭)に伴われて、家康(寺尾聰)と直政(東幹久)と忠勝(塩野谷正幸)が...。

秀吉は弱々しく人目をはばからないまま、秀頼の行く末の不安を家康に訴えて....。

秀吉の大往生も、時間の問題になりつつあった。


5月より、秀吉は病に伏せるようになり、日増しにその病状は悪化。

ほどなく『太閤様被成御煩候内に被為仰置候覚』という名の下、家康はじめ宇喜多秀家(武田航平)・毛利輝元(三浦孝太)・前田利家(横内正)・上杉景勝の五大老及びその嫡男らと五奉行のうちの前田玄以・長束正家に宛てた十一箇条からなる遺言書が...。

これを受けた彼らは起請文を記して、血判を付けて返答へ。

7月4日、自身の死の近いことを悟った秀吉は、居城である伏見城に家康ら諸大名を呼び寄せて、家康に対して子の秀頼の後見人になるよう依頼へ...。


ほぼ同じくして、如水は帰国の挨拶も兼ねて伏見城に登城した。

如水と秀吉は二人だけに...。

これまでのこと、特に亡き信長(江口洋介)の下での上り調子だった頃の懐かしい話の深くなり、中でも亡き半兵衛(谷原章介)への想いはともに強く、秀吉は半兵衛のような軍師として冷徹になり切れない如水を好きだったことを告白して...。


やがて、秀吉とおねの二人だけのひととき...。

時を惜しむことなく互いの想いを口ににし合って、1598(慶長3)年8月16日、秀吉は永眠へ...。

享年62歳。


世の中は再び動き始めることとなり、まさに嵐の前の静けさ...。


家康は徳川屋敷にて薬研で薬づくりの最中のこと、直政と忠勝からの知らせを受けるなり、家臣を集めるように指示...。


三成は朝鮮出兵からの帰国の兵を迎えるべく福岡への出立に備える中、淀は離れてほしくないと三成に哀願...。

三成は、起請文に五大老五奉行の名が記された以上案ずることはないと断言するものの、淀は不安を払しょくしきれない。

家康だけは得体の知れないことを、淀も三成も強く実感していた。


肝心の豊前・中津城では...。

如水は、京の伏見からの帰国の命を、朝鮮の陣中の軍勢に伝えるよう善助に指示。

そして、新たなる乱の幕開けにも備えるよう、善助に念を押すこととなった。



この第45回にて、太閤・豊臣秀吉の世の中の終焉...。

一つの時代の流れの区切りとしての魅せどころであることは、言うまでもない....。


しかし、その出来事と同じく、序盤より熊之助の遭難死という悲しみに満たされてしまうことに...。


かの玄界灘とは、北と南それぞれからの海流の流れが激しいぶつかり合い、万一嵐となれば、ますます激しさが増してしまうもので...。

それゆえの多くの悲劇に見舞われてしまったことは、まさに心の痛いもの。

その代わり、海産物の身の締まりは、より強くなって、より美味しさを際立たせることに...。



玄界灘に哀悼の意を捧げると同時に、海産物の恵みが永遠のものであることを祈って...。


壱岐島内限定としての記念商品「玄海酒造」の『鶴亀触鯛 25度 720ml』の肴としては、


脂ののりも最高に美味しい玄界灘の天然寒ぶり、特に玄界灘の1本づりによる壱岐産の『玄界灘 天然 寒ぶり 5kg前後』が最高...。

ブリは5kg越し位から脂ののりがよくなるとのことで...。


他には、日本古来からの縁起物としてなじみかつ無添加無着色の『玄界灘産 天然活きあわびの燻製(殻付150g程度)』が...。

さらには、壱岐特産の海産物の中で特に人気の高い美味しいものが勢揃いの『玄界灘 壱岐特産 海産物セット』として、イカ明太70g入り2本、アジの開き6枚、アジみりん3枚、いわしみりん3枚、イカの一夜干し1枚が...。


ありがたいや。

タグキーワード
2014-10-08 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます