軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第49回 - けものみちをあるく

自由形式

軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第49回










軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第49回

放送日は12月7日日曜日。

1600(慶長5)年8月、徳川家康(寺尾聰)を総大将とする東軍は、23日に岐阜、24日に美濃赤坂へと進軍、ようやく本陣を構えた。

そこへ、小早川秀秋(浅利陽介)の側近の平岡頼勝が、おね(黒木瞳)からの書状を携えて、長政(松坂桃李)と又兵衛(塚本高史)と一成(小林ユウキチ)を訪ねてきて...。

書状には、秀秋が三成と家康の狭間で揺れている旨が記されており、おねから秀秋に最後の決断は自身でするよう伝えたことを踏まえた上で、頼勝としては、秀秋を説き伏せる心づもりとのこと。

長政からの快諾を受けて、頼勝は陣を後にした。


ほぼ同じ頃、家康は江戸城に滞留。

東軍に属する各大名への書状をしたためる中、軍を先導する井伊直政(東幹久)からの知らせを待っていおり....。


一方、豊前中津城の留守居に残っていた黒田如水(岡田准一)は、これまで蓄えた金銀を放出して浪人3,600人余を集め、さらに留守兵に加えて領内の百姓や商人を動員して掻き集めて、約9千人余の軍を編成するまでに膨れ上がっていた...。

そして9月9日、豊後国に向けて出立。


ほぼ同じくして、大友家再興を目指す大友義統(増田修一朗)の軍勢は、すでに9月8日の夜に瀬戸内海を渡り豊後水道へ...。

やがて富来城と安岐城の間に着岸、夜が明けないうちに木付沖を南下して高崎に上陸した。

9日の朝、義統は立石に布陣。大友家ゆかりの旧家臣の集結に向けての尽力へ...。

ただ、井上九郎右衛門(高橋一生)と旧知の間柄のある義統の家臣・吉弘統幸だけは、浮かない顔。

遠い将来を見据えて徳川につくよう義統に進言したたものの、容れられることはなく、内心葛藤するばかりだった。


義統の布陣する立石は、天然の要害。

東には海、西には鶴見岳、南には朝見川に深い渓谷。

特に、立石の北側には、石垣原という荒野があり、1か所に集約した上の迎撃にもってこいの状態...。


黒田本隊は、宇佐高森城、高田城の陥落を経て、10日に赤根峠を越えて国東に進出し富来城を包囲へ。

ところが、丹後宮津城主の細川忠興に飛び地として与えられた杵築城を、大友軍が攻撃開始へ。

やむを得ず黒田軍は攻撃予定であった富来城を後回し、如水ら少数が抑えに留まる中、井上九郎右衛門(高橋一生)が本隊を率いて、12日には安岐城を攻め、13日に打って出てきた熊谷軍を撃破し、杵築城の救援へ。


黒田本隊の迫撃を知った大友軍は、統幸に本隊を率いさせて迎撃へ向かわせることとなって...。

やがて石垣原で激突、世に言う"石垣原の戦い"に...。

統幸は釣り野伏せ戦術を使っての鉄砲隊の攻勢、母里太兵衛(速水もこみち)率いる黒田軍の先鋒隊を大損害へ。

特に、統幸自身、先の朝鮮出兵で明将・李如松の軍旗を奪った功あって、亡き秀吉(竹中直人)から「無双の槍使い」と賞讃され一対の朱柄の槍を許されていた豪傑よろしく、得意の槍を大いに振るっては、小田九朗左衛門ら30人から40人までも討ち取るまでの獅子奮迅の活躍ぶりで...。


しかし、統幸が黒田勢を相手に優位に戦を進めることに、長続きできなかった。

如水率いる軍勢がいつ到着するかわからないという戦況に恐れをなして、全体の士気が振るわなくなり、次第に大友勢は劣勢に追い込まれてゆく。

覚悟を決めた統幸は主君・義統に別れを告げ、残りの手勢30余騎で黒田勢に突撃。

そして、七つ石において旧知の間柄にあった九郎右衛門との一騎討ちへ。

果てしなき戦いの末、九郎右衛門の太刀が、統幸を貫いて...。

力尽きた統幸は、九郎右衛門に武功を挙げさせるために、介錯を願い出た...。


統幸の討死により大友勢は事実上壊滅へ...。

剃髪した義統は太兵衛を通じて、如水に降伏。 蟄居を経て、常陸国宍戸に流罪に処されることとなった。


徳川方の美濃赤坂の陣に対峙する三成の居城・佐和山城では、足並みの乱れが表面化しつつあって...。

西軍は数の上では勝っているものの、肝心の総大将となる毛利輝元(三浦孝太)が、増田長盛(有薗芳記)に謀反の疑いありゆえに秀頼君をお守りしたいと、大坂にとどまったことが大きく響いていたらしく...。

特に、輝元を総大将として奉じる毛利勢は、三成から先鋒としての出陣を命じられて体面を傷つけられたと、強く反発。

しかし、徳川方は包囲網を狭めつつあって...。

言いようのない不協和音を残したまま、やむなく軍勢を二手に分けた後、三成の軍勢は笹塚山に本陣を置くことになった。


東軍の総大将・家康は、すでに直政からの戦の体制の万全さを記された書状を受けるなり本軍に合流、桃配山に本陣を構えていた。

そして、長政の家臣の毛屋主水による、西軍10万余のうち見立て3万余、すなわち石田・小西・宇喜多の軍勢のみがまとまり、残りは両軍へ様子見などによる足並みの乱れゆえ、寝返りの可能性ありとの知らせに、家康は働きぶりを讃え、闘志をみなぎらせてゆく。


そして、天下分け目の大戦が、刻々と近づいてゆく。



いわゆる"西の関ヶ原の戦い"こと"石垣原の戦い"か...。

特に、冷静沈着な九郎右衛門の奮闘ぶり、大いに目の当たりにすることとなりそう...。


合戦の行われた豊後国速見郡石垣原は県中部に位置し、美しく豊かな自然に囲まれた土地。

それゆえに、美味しいものがいっぱいあって...。

そして現在は、温泉湧出量日本一を誇る大分県別府市に吸収合併されることに...。

肝心の吉弘統幸の亡殻は、熊本藩士となった子孫によって大分県別府市にある吉弘神社に祀られているのか...。



2010(平成22)年8月に大分県別府市で開催されたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の晩餐会で振る舞われた名酒、すなわち鹿児島県の薩摩半島西部の吹上浜の中心部の吹上町にて、1890(明治23)年創業の歴史のある蔵・原口酒造の『芋焼酎 長寿院 25° 1800ml』、じっくりと嗜んでみたいな。


肴となるものには、いろいろありそう...。


別府市で1952(昭和27)年より創業の「かるかん堂 中村家」からの観光土産としても人気の和菓子で、豊後梅と柚子の香り広がる『かるかん堂 中村家 可憐 12枚入』が...。


大友軍の渡ることとなった豊後水道からは、『海鮮一夜干しギフトセット』[豊後鯛一夜干し 1枚・真アジ開き一夜干し 1P(4尾)・カマス一夜干し 1枚・真イカ一夜干し 1枚・イワシ丸干し 1P(10尾)・ツボ鯛一夜干し 1枚]が...。


解凍・開封したら、そのまま揚げるだけで、自宅で簡単に堪能できる大分名物とり天は、『大分名物 焼肉屋さんのとり天 大容量1kg(使い易い200g×5)(かぼすポン酢・からし付)』。

さっぱりポン酢で女性に大人気という。


焼肉激戦区大分一繁盛店からは、『炭火焼肉韓国苑 自家製牛辛麺 ギフトセット 8食入り』が...。



あと残り1回、心して最後まで観ることにしよう。


そして、合戦で亡くなった多くの兵に、特に吉弘統幸に想いを馳せて、献杯!

タグキーワード
2014-10-20 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他のネタバレサイトで、高田城の城主が竹中半兵衛の従兄弟であったとか書いてあって、さもドラマでその部分が放送されるかのように、高田城攻めの詳しい内容を書いていましたが、実際にはその部分は放送されないのですね。ネタバレサイトはガサネタが多くて翻弄されます。
こちらの記事を拝見出来て、実際の放送内容を知る事が出来て良かったです。ありがとうございました。
Posted by やまびこ at 2014.11.26 05:41
コメントありがとうございます。

ただ、高田城攻めが実際に放送されるにせよ、簡単に話が進行するのみになる見込みです。
Posted by ゆめのまたぎ at 2014.11.29 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます