花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第2回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第2回

端午の節句餅柏餅・10個セット【柏餅】

端午の節句餅柏餅・10個セット【柏餅】
価格:2,150円(税込、送料込)





節句餅3合2個・餡入り1個【節句餅】

節句餅3合2個・餡入り1個【節句餅】
価格:2,060円(税込、送料別)


花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第2回

放送日は1月11日日曜日。


この回から本格的に始まるのか...。

吉田寅次郎のちの松陰(伊勢谷友介)のまっすぐな考えと激しい行動が...。

そして、寅次郎から周囲の人たちへの翻弄が...。


寅次郎と伊之助(大沢たかお)が江戸に出立してから久しく...。


ある日のこと、いつものように文(山田萌々香)は弟・敏三郎(山田瑛瑠)とともに、朝から食の確保へ野山を歩いては、二人の無事を祈る日々...。

そんなある日の帰り道、姉・寿(香音)が長州藩士・内藤一馬と逢っているのを目撃...。

二人は、内藤家との縁談の進んでいることを察して、密かに喜んだ。

しかし、母・滝(檀ふみ)は内藤家の200石と杉家の20石のそれぞれの家の格の違いを理由に反対。

返し言葉で寿は、好きな人同士で一緒になれない疑問から、母に強く反発。

しかし、内藤家としては寛大な構え。

特に、寅次郎の"仙人"とあだ名されるほどの江戸で昼夜を惜しまない勤めと勉学にいそしむ質素倹約ぶりに、かねてから感心していた。

その甲斐あって、寿と一馬の婚礼が決定の運びへ。

そして文は、寅次郎からの伊之助の詩力・気力・酒力への感服をしたためた文にじっくりと目を通すうちに、伊之助への恋心のようなものが芽生え始めてゆく。


肝心の江戸においては、寅次郎が松代藩出身の洋学者・佐久間象山への入門が認められて、整った仕立ての衣を用意してくれた伊之助に感謝。 互いに喜びを分かち合った。

しかし、それも束の間、御目付役となった椋梨藤太(内藤剛志)と付きの藩士が現われて...。

頭脳明晰かつ直情的な寅次郎と保守的な藤太との静かなる軋轢を察した伊之助は、取り成しに必死だった。


伊之助の憂慮の的中するかのように、寅次郎が友人となった宮部鼎蔵(ビビる大木)とともに東北遊学を計画。

しかも、藩内の内紛で父を自害に追い込んだ黒幕の仇討ちを果たす覚悟の南部藩士・江帾五郎との同行。

不運にも、長州藩からの過書手形(通行手形)は、正式に発行されていなかった。

生来の居ても立ってもいられない性分、かねてからの北方におけるロシアからの脅威への強い実感、"赤穂浪士の討ち入り"にあやかっての出発日の約束を守りたい一心から、寅次郎は遊学を強行する決意を伊之助に打ち明けた。

当然のごとく伊之助は猛反対。

しかし、「至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり」の一言、すなわち真心をもって事に当たれば必ず動いてくれるはずだ、という寅次郎の熱意には勝てず、受け入れるしかなかった。

寅次郎は、過書手形の発行を待たないまま脱藩、東北遊学へ出立...。


寅次郎の脱藩は瞬く間に長州に伝わり、寿の婚礼当日、両家は破談に...。

寿は寅次郎に怒り心頭、部屋に閉じこもり塞ぎ込んでしまった。

心配する文が声をかけるものの、家の貧しい暮らしぶりの克服よりも寅次郎に構ってばかりの家族に対する寿の強い不満には、返す言葉は見つからなかった。


当然のごとく藤太からつらく当たられた伊之助は、ひとまず萩へ帰郷。

家老・村田清風に近い側近の周布政之助(石丸幹二)に会うために...。

しかし、その前に小田村に立ち寄り、再会した実兄・松島剛蔵(津田寛治)から手を引かれるまま入ったところ、すでに義母・志乃(かたせ梨乃)の先立った姿が...。

伊之助としては、これまで繰り返される志乃からの文のことあって、自身を実家に連れ戻すための方便にしか思えなかっただけに、初めて実感した。

厭味を時折口にするものの、義母として子の暮らしぶりを気に掛ける心は、真実だったことを...。


見えない棘の刺さり重苦しい雰囲気の杉家を見かねた文は、家族のために節句餅を差し出す。

寅次郎の大好物であるヨモギの入った節句餅さえあれば、烈火のごとく大激怒の叔父・文之進(奥田瑛二)ですら、笑顔にさせてくれるとして...。


ほどなく、志乃の通夜から滝が戻ってきた。

伊之助も家まで同行しており、入るなり寅次郎の行いを深く詫びた。

そして、寅次郎は将来の国にとってなくてはならない人物であることを、改めて伝えて...。


伊之助を気にかける文は、寅次郎からの文に記された、寿が伊之助の嫁にふさわしい旨を伝えると、時折寿の力になってほしいことを頼んだ。

しかし、自身の伊之助への本当の気持ちを意識しないまま...。


寅次郎が萩に帰郷したのは、1852(嘉永5)年4月5日のことだった。


あれから時は流れて...。


文之進にさんざん殴られた寅次郎の顔のアザの消えない日々の続く中、伊之助と寿の縁談はトントン拍子に進むこととなった。

そして、伊之助は杉家へ挨拶に来た。

寿(優香)を嫁に迎えたいと...。

もちろん文(井上真央)は喜んだが、伊之助から義妹として末永く関わっていきたいと打ち明けられて、無意識にも切ない気持ちに...。



2年前の2013(平成25)年放送のNHK大河ドラマ『八重の桜』で、小栗旬の演じた吉田松陰を思い出してしまった。

わずか5回のみの出演だったものの、特に事を起こす人間としての自分自身を「狂気ですけえ」との呟きが、未だに尾を引いていたのかもしれない。


やはり、「天才と狂気は紙一重」という言葉は真実なのか???


叔父・玉木文之進からの苛烈な教育と藩主・毛利敬親からのお墨付きとはいえ、「国のため」とはいえ、寅次郎に翻弄される家族にしてみたら、平常心を保つのは並大抵ではないだろうなあ。


それゆえの、唯一の癒し(?)としての、目に見えない棘をなくして和らげてくれるものとしての、「節句餅」か...。

12月の"赤穂浪士の討ち入り"にあやかっての脱藩といい、「節句餅」といい、杉家にとって5月5日の「端午の節句」は、忘れられない味わいとして、格別なものになるのかもしれないや。

男子のさらなる健やかな成長を祈願するものとして...。



ふと、目にすることになった、福井県産「かぐらもち」を使用しての和菓子と餅菓子を販売する「福餅・林餅店」の『端午の節句餅』...。


相変わらず気が早すぎるけど...、

2015(平成27)年4月15日水曜日から5月5日火曜日までを販売期間として...。


漉し餡の入った白色と、ヨモギの色付けと粒餡の入った緑色とともに、カシワの葉の香りと上新粉のもちもち感が真骨頂の『端午の節句餅 柏餅・10個セット』。


笹に包まれたヨモギ入りちまき5本を1束にした『端午の節句餅 ちまき・5本セット(2袋)』。


現在でも格別な美味しさは変わらない。



それは、同年2月1日日曜日から3月31日火曜日まで販売の『節句餅 3合1個・餡入り1個』もしかり。

女子誕生の最初の雛の節句に、嫁ぎ先の最初の雛の節句に、2月20日頃までに、嫁の実家から嫁ぎ先に「ひいな餅」を届け、お世話になった方に内祝いのお祝い返しに「ひいな餅」を贈る習慣にも、心温まるものあって...。




これからも、健やかな成長とともに、家内安全が永遠であること、祈りたいなあ。

タグキーワード
2014-12-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます