花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第5回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第5回




花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第5回

放送日は、2月1日日曜日。


長州藩へ檻送された寅次郎(伊勢谷友介)が野山獄に幽囚の身の上となったのは、1854(安政元)年のこと...。

そこは、東西に延びた二つの棟が、中庭を中心に南北に向かい合せの造りで、それぞれの薄暗い独房の一間は2畳の広さのみ。

合計11人が幽閉。

唯一の明かりは、中庭の臨める小さな窓。


そんな逆境の中においても、新たなる出逢いが...。


文(井上真央)は書物の差し入れに出向いたところ、寅次郎が岩倉獄に幽囚となった病身の金子重輔(泉澤祐希)の容態を気にかけていることを知る。

聞くところでは、江戸の幽囚の折に皮膚病にかかった上に風邪で肺炎をこじらせているとのこと。 しかも、追い討ちをかけるように、岩倉獄での劣悪な環境が、さらに悪化させているとか。


獄を後にした文が悲しみに襲われる中、帰りに面会を拒まれて悲しげな重輔の母で染物屋を切り盛りするツル(麻生祐未)と遭遇して...。

学問を究めるとともに武士になるという重輔の強い想いを信じて温かく江戸に送り出したのに、罪人として戻ってくるならば、強く反対すべきだった、とツルは涙ながらに後悔していた。

文はツルの青く染まり荒れた指先を見て意を決し、野山獄の獄吏・福川犀之助(田中要次)に出向いて、ツルと重輔との面会を願い出ることに...。


寅次郎の入獄から2日後...。

梅太郎(原田泰造)と妻・亀(久保田磨希)が明倫館から、伊之助(大沢たかお)が江戸から、それぞれ寅次郎のために書物の取り寄せを続けており、すでに百冊を超えていた。


一方の江戸では、寅次郎のために用意した書物を携えた一人の長州藩士が、なじみの蕎麦屋に入り、伊之助と対面していた。

その長州藩士の桂小五郎(東山紀之)。 のちに「維新の三傑」の一人となる、木戸孝允だった。

伊之助と小五郎は、これまでの寅次郎に関して、思うところを語り合うものの、それも束の間だった。

寅次郎の密航騒ぎの一件での寛大な裁きを下した張本人の老中首座・阿部正弘の悪口で賑わう町の人たちの言動に、怒り心頭となった伊之助は抗議。

すぐさま緊張が走り、一触即発寸前を察した小五郎は、強引に伊之助の手を引いて、かろうじて難を逃れることに。

二人は互いに笑い合った。


しばらくの数日を経て、二人は食事処での他藩の志士たちの交流へ...。

そこで、将来の「維新の三傑」と一人となる西郷吉之助のちの隆盛(宅間孝行)と、初めて出逢うこととなり、懇意になるまでに時間はかからなかった。


岩倉獄では、文の掛け合いと獄吏・福川の計らいが実を結んで、ツルが獄中の重輔との対面...。

しかしながら、重輔はかなりやせ細って衰弱。 意識は朦朧としたまま...。

それでも、重輔は笑顔のまま...。

かの軍艦乗り込みの際のアメリカ人水兵と揉み合いになった勢いで引きちぎった西洋人の衣服をつなぎとめるボタオを握りしめながら...。

いつの日か、また師の寅次郎とともに、明るい水平線に向かうことを夢見るかのようにつぶやきながら...。

ツルは涙が止まらなかった。


ほぼ同じ頃の野山獄...。

古参の囚人の一人で、かつての明倫館の秀才・富永有隣(本田博太郎)が、秀才ぶりの高じての傲慢な物言いから多くの人が離れた当時より変わらないまま、罵詈雑言を寅次郎に浴びせ続けており...。

それでも寅次郎は、生きる意欲の強さと受け止めて、穏やかに応じつつも学問の大切さを口にし続けていた。

寅次郎がじっくりと向き合うことで、有隣の長年の頑なさの和らぎ始めた時のこと、文が急ぎ足で訪ねてきた。

重輔が亡くなったとのこと。

獄から家に向けて重輔の亡骸を運ぶツルと弟・善兵衛とすれ違った時に知ったという。


文は、自身の身の上を知ったツルと善兵衛から無視された悲しみも加わって、寅次郎を涙ながらに強く非難。

これまでの寅次郎の行いのために、家族がつらい思いをいしてきたこと、重輔がボタオを握りしめながら寅次郎とアメリカ行きを夢見ていたことを、切々と伝えて、大義のために周囲に犠牲を強いることへの疑問をぶつけて...。

ほかの囚人たちも、獄吏・福川も、気にならずにはいられなかった。

それでも、寅次郎の姿勢は変わらなかった。

いたたまれなくなった文は、野山獄を後にするしかなかった。

しかし、獄に背を向けて歩き始めて間もなく、寅次郎の号泣が...。


そのまま家へ戻った文は、母・滝(檀ふみ)の胸で思いっきり泣きじゃくった。


数日が過ぎて、夜のうちに降り続けた雪が止んで間もない頃の寒い朝のこと...。


野山獄の寅次郎は小さな窓から差し込む光で目覚めた。

眩しそうに目を外へやると、中庭で水汲みをしている女性が...。

ただ一人の女囚・高須久子(井川遥)との初めての出逢いだった。


杉家の文は陽の光を浴びようと玄関を開けて、水瓶の蓋の上を何気に見た時だった。

二つ折りの半紙に包まれたボタオが...。

ツルは忘れていなかった。

数日前にすれ違った重輔の亡骸に寄り添うツルから形見分けとして貰いたかっただけに、思いもかけない贈りものを手にした、文の心は明るくなった。

文はボタオを手にしながら、ツルの家の方角に向けて礼を口にした。

そして、寅次郎にボタオを届けて、支えとなることを改めて誓った。



息子・重輔と母・ツルとの日々...。

時代が時代だけに悲しすぎ...。


泉澤祐希演じる金子重輔に光の中を歩かせるためとはいえ、麻生祐未演じる母・ツルが影となって尽くす姿、青く染まった荒れた指先、切なかった。

もし、重輔が江戸に出ないまま萩に留まっていたのなら、そのまま染物屋を引き継いで、ささやかながらも幸せに暮らしていたはずなのに...。

もしも現在ならば、2008(平成20)年4月発売の『つくってあそぼう 藍染の絵本』(山崎和樹著作・城芽ハヤト編集 / 農山漁村文化協会)の読みやすさのように、夏休みの自由研究に大いに役立ち、楽しく手掛けていたのかもしれないのに...。

悲しかった。


そして、師匠・寅次郎が光ならば、弟子・重輔は影...。

先の息子・重輔と母・ツルの間柄と同じように、ただ太陽の下で手を繋いで歩きたかっただけのはず...。


しかしながら、いずれも"光と影"の間柄が長く続いてしまった。



思わず、2006(平成18)年1月中旬よりTBS木曜ドラマ『白夜行』が...。


この時の泉澤祐希演じるは、主人公・桐原亮司(山田孝之)の幼少時代。

図書館で仲良くなった唐沢雪穂(綾瀬はるか/福田麻由子)に初恋をし、やがて質屋『きりはら』の店主を務める父・洋介(平田満)から彼女への性的虐待を知って、怒りのあまり父を殺害。

多額の借金を抱えた母親・文代(河合美智子)に売られて性的虐待を受け続けた雪穂も、事を知るなり父を殺した亮司をかばうべく文代を事故に見せかけて殺害。

以来、成長してからも、雪穂は"光"、亮司は"影"、といった運命的な関係を続けて、ともに歩むことになるものの...。


一方の 麻生祐未演じるは、亮司の母・弥生子。

元ホステスで、夫の殺害現場に「スナックやえこ」を開業。

負けん気の強い性格だったものの、亮司がいなくなって初めて大切さに気づいて、心の苦しさから逃れるため、アルコール依存症に...。



あれから9年の歳月が流れて...。


息子・重輔と母・ツル、幸せなものであってほしかったなあ。


そして、寅次郎と重輔も...。

タグキーワード
2014-12-09 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。