さだまさし 大沢たかお 映画 風に立つライオン 監督 三池崇史 - けものみちをあるく

自由形式

さだまさし 大沢たかお 映画 風に立つライオン 監督 三池崇史


さだまさし 大沢たかお 映画 風に立つライオン 監督 三池崇史

2015(平成27)年3月14日土曜日、大沢たかお主演・三池崇史監督として映画公開か...。


クランクインは、2014(平成26)年11月、長崎県にて。

やがて、ケニアのナイロビでの撮影を終えて...。


クランクインの前といえば、2009(平成21)年10月より放送のTBS日曜劇場『JIN-仁-』、2011(平成23)年4月より放送の『JIN-仁- 完結編』で、南方仁を演じきった後とのことか...。

大沢たかおの念願かなうことになって、感無量なんだろうなあ。



はじまりは1987(昭和62)年...。

あのフォークシンガー・さだまさしが、父親の友人である、アフリカ・ケニアの長崎大学熱帯医学研究所に赴任し国際ボランティア活動に従事した実在の医師・柴田紘一郎氏から聞いた話に、大いに触発されて...。

すぐに作詞・作曲を手掛けることになって、同年7月下旬発売のアルバム『夢回帰線』に収録。

以後、同年11月上旬に12インチシングル盤で、1988(昭和63)年下旬にCDシングル盤で「風に立つライオン」としてそれぞれ発売へ。

のちに、1994(平成6)年12月下旬に発売のベストアルバム『さだまさしベスト』にも収録...。

大沢たかおにとって、「風に立つライオン」の素晴らしさに強く触発されたきっかけは、先の同年発売のベストアルバムということ???


やがて運命の糸に導かれるように、2002(平成14)年刊行のさだまさし著の短編小説集の表題作『解夏』の発売。

それに伴いしばらく後に、大沢たかお主演映画として、2004(平成16)年10月中旬より公開へ。


その頃から「風に立つライオン」の映画化実現への想いが強まることとなったのかなあ、2008(平成20)年5月28日水曜日、渋谷のNHKホールで『まさしんぐWORLDコンサート(さだまさしファンクラブ会員対象のコンサート)』が開催。

「まさしの部屋」と題した対談の最終日のゲストとして、大沢たかおが出演した時、

「是非とも小説化してください。 そしたら僕が主演で映画にします」

熱く語ってくれたのが忘れられない。


あれから約5年2ヶ月の歳月を経て、2013(平成25)年7月18日木曜日、『風に立つライオン』が小説として幻冬舎より発売。



物語での主人公は、もちろん実在の医師・柴田紘一郎氏をモデルとし、大学病院からケニアの研究施設に派遣させる日本人医師・島田航一郎。

かねてからアフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツアーの自伝に感銘を受けて、医師を志した航一郎にとって願ってもない好機の反面、女医として父の後を継ぎ離島医療に従事する婚約者・秋島貴子との長い別れに。

渡航後ほどなく現地の戦傷病院からの派遣要請を受けた航一郎は、過酷すぎる環境を目の当たりにしたことで、翻弄されながらも医師としての使命感を強めることになって、戦傷病院への転籍を決意して...。

そして、同じ志を持って病院を支える看護師・草野和歌子や仲間とともに、尽力の日々へ...。

しかし、重傷を負って担ぎ込まれる少年たちが、すべて麻薬を注射され戦場に駆り出された少年兵であることの衝撃の甚大さに、変わりはなく...。

それでも、担ぎ込まれる傷病者への「オッケー、ダイジョブ」という航一郎の口ぐせは温かいもの。


そんなある日のこと、少年兵・ントゥングが病院に担ぎ込まれることに...。

手当てを終えた後のンドゥングは、銃傷よりも両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった。

やがて、航一郎の切なる働きかけの甲斐あって、二人は特別な絆で結ばれてゆくことに。


以後のあらゆる荒波を掻き分けて...。

2011(平成23)年3月11日金曜日、あの「3.11」こと東日本大震災が発生...。


航一郎は、成長したンドゥングに"心のバトン"を渡して、被災地・石巻へ向かわせてゆく。



読み終えた感想としては、まさに壮大で奥行きの深い歌詞と曲調と終盤の「Amazing Grace」のハミングにふさわしく、さだまさしの取材力を支えるとてつもない人脈の為せる業そのもの。

特に、アフリカの医療と東日本大震災が巧妙に融合して"心のバトン"のつながってゆく物語の展開は逸脱なもの。


そして、人としてどのように生きるべきか考えさせられたことはもちろん、誰と出会うかで人生が大きく変わるということも、改めて実感することに。

親と子、男と女、師と弟...。

そのような人と人の忘れていた心の繋がりと、まっすぐに人を思う気持ちを思い出させてくれる一冊。

「無償の愛」

これが物語におけるテーマであると同時に、小説の副題、いや本題としても通用するくらいかなあ。


いずれにせよ、長編としての魅力はもちろん、『解夏』を超える傑作といってもいい。



なお、映画での出演者に関しては以下の通り。


実在の医師・柴田紘一郎氏がモデル、すなわち大学病院からケニアの研究施設に派遣させる日本人医師・島田航一郎を演じるは、大沢たかお。

航一郎の婚約者・秋島貴子を演じるは、真木よう子。

航一郎の同僚看護師・草野和歌子を演じるは、石原さとみ。

ほかには、萩原聖人、鈴木亮平、藤谷文子、山崎一、石橋蓮司が,,,。


いかに魅せてくれるのかなあ。


本当に映画公開が待ち遠しくなってきた。


"ガンバレ"は相手に言うことではなく、自分を奮い立たせるための言葉、ということを改めて実感するために...。

タグキーワード
2014-12-11 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます