軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ DVD Blu-ray - けものみちをあるく

自由形式

軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ DVD Blu-ray












軍師官兵衛 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ DVD Blu-ray

あの2014(平成26)年1月4日日曜日より放送開始となったNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』が、12月21日日曜日に第50回すなわち最終回をもって終了し、まだまだ日の浅い今日この頃のこと...。


2007(平成19)年放送のNHK大河ドラマ『風林火山』以来の感動だった。

ここ数年の間に定着しつつある"ホームドラマ大河"から一転しての"骨太大河"として...。


それを強く印象づけるのは、黒田官兵衛の口にした「人の命はいかすためにある」という言葉。

「いかす」には二つの漢字が...。


一つ目は「生かす」。

人間はどんなことがあっても生きることを諦めてはいけない、ということ。


二つ目は「活かす」。

生きることも大切だけど、それだけでは面白くない。

自分を活かすために考え、行動することが大切なのだ、ということ。



これですべてが揃うことになるのか...。

完全版のDVD/Blu-rayとして、それぞれ3部...。


時系列を振り返っただけでも、まさに波瀾万丈な生涯だった。

並行して、諸国の家臣団それぞれの群像劇も垣間見ることもできて...。


第壱集は、2014(平成26)年8月29日金曜日に発売。

播磨国のささやかな目薬屋の家の生まれの黒田官兵衛(岡田准一/若山耀人)の幼少時代を経て元服まで描かれた第1回から、木下藤吉郎のちの豊臣秀吉(竹中直人)との運命的出逢い、官兵衛の嫡男・松寿丸(若山耀人=二役)が天下人・織田信長(江口洋介)の人質となるまでを描いた第12回まで。

これまでの戦国大河では脇役だった黒田官兵衛が、本放送では主役として堂々とした姿勢を保てるにふさわしい脚本に仕上げられて、まさに敬服もの。

全体を見渡せば、隅っこの存在でしかなかった人々を丹念に描いたことが幸いしたといってもいい。

特に、松寿丸が信長の人質となる前後の経緯における人間模様、中でも母・光(中谷美紀)の涙には、不覚にももらい泣き。


第弐集は、同年11月28日金曜日に発売。

織田方と毛利方との狭間に揺れる主君・小寺氏職(片岡鶴太郎)に翻弄される播磨国と周辺の動向が丹念に描かれていて...。

旅先の出逢いで官兵衛と親交を持ち、一介の浪人から摂津国主に上り詰めるも、自身の失策ゆえの信長への恐怖心からの謀反で、説得に来た官兵衛を有岡城に幽閉した、荒木村重(田中哲司)の存在感と揺れる心、細やかだった。

1年後の陥落による官兵衛救出そして黒田家との再会。

人質から解放された松寿丸改め黒田長政(松坂桃李)の初陣。

高松城水攻めと本能寺の変での信長謀殺と謀反人・明智光秀(春風亭小朝)討伐のための中国大返しに至るまで...。

特に、軍師の役割にありながら若さに任せて突っ走る勢いの強かった官兵衛が、有岡城幽閉を経て、軍師特有の冷徹さの目立つようになった変化と成長、秀吉への天下取りの進言、忘れられない。

信長後継をめぐる清須会議での秀吉と柴田勝家(近藤芳正)との暗闘に端を発した賤ヶ岳の戦い。

まさに激動の流れ...。

ドラマに求めがちな希望的観測を排除した描写の中での、個々の役者の突出した演技力、まさに光り輝いていた...。


第参集は、2015(平成27)年3月18日水曜日に発売。

官兵衛の父・職隆(柴田恭兵)の永眠、九州出陣と官兵衛を警戒する石田三成(田中圭)の暗躍、新天地・中津での試練、"城井谷の悲劇"での長政の非情な決断。

秀吉の天下統一後の秀吉の暴走に伴う、朝鮮出兵と秀次事件と黒田如水誕生。

秀吉の死に端を発した徳川家康(寺尾聰)と三成の天下分け目の関ヶ原の戦い。

その混乱に乗じた如水の九州平定に向けての大勝負。

そして如水の永眠...。

残念ながら前半に時間をかけすぎた反動の大きさは、否めなかった。

それゆえに、戦の展開が速すぎる流れになってしまって...。

贅沢なわがままを口にすれば、最終回は1時間半近くはほしかったかなあ。

考えてみれば、視聴率と制作費の関係で、いくらかの簡略化を余儀なくされたのか???

それでも、終盤の九州平定を経て、関ヶ原の戦いの勝者に決戦を挑もうとする、如水の勢いと存在感には圧倒されてしまった。

その証拠に要所要所における過程も要点を突くかのような描写、いくらかありがたかった。



いずれにせよ、陸の孤島同然の中で生き抜く術を求められる、それぞれの人間模様を決して見逃せない"骨太大河"であることには、変わらない。


もう一度、改めてDVD/Blu-rayとして鑑賞してみたくなった。

しかし、2015(平成27)年1月4日日曜日からは、江戸時代末期から明治維新における長州藩の青春群像劇を描いた『花燃ゆ』も楽しみだから、遅くとも2016(平成28)年放送の三谷幸喜脚本で、戦国時代からの真田幸村(堺雅人)が主人公の『真田丸』と並行する形での鑑賞になるかもしれないや。



最後に改めて、黒田官兵衛の言葉、肝に命じたくなった。

「人の命はいかすためにある」

決して忘れない。

タグキーワード
2014-12-18 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます