花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回






花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第8回

2月22日日曜日の放送は、ヒロイン・文(井上真央)兄・寅次郎(伊勢谷友介)はもちろんのこと、二人に関わる心ある人たちの新たなる門出が....。


寅次郎(伊勢谷友介)が野山獄を出獄したのが、1855(安政2)年12月。

あのペリーの軍艦への乗り込みから2年の後のことだった。

幽囚の身にあるものの寅次郎の表情は、喜びにあふれていた。


寅次郎の戻った杉家は、以前と変わらない温かさ。

母・滝(檀ふみ)は寅次郎の好きな"いわしのだき寿司"をつくり上げており、長兄・梅太郎(原田泰造)は妻・亀(久保田磨希)との間に生まれた生後1ヶ月の長女・豊(とよ)をあやしていて...。


喜ぶ気持ちは伊之助(大沢たかお)も同じだったが、戻った小田村家では変わらない静けさ。

長兄・寅次郎に構ってばかりの杉家に相変わらず不満の寿(優香)は素っ気なかった。 代わりに、藩右筆・椋梨藤太(内藤剛志)からの書状を、伊之助に渡すだけで...。

伊之助は無表情のまま...。


杉家預かりとしての幽囚の身にある寅次郎の日常は、わずか3畳半の幽囚室にての読書。

案の定、あっという間に書物は山積みとなり、家族はいくらか困惑するだけだった。


そんなある日のこと、寅次郎は久坂玄瑞(東出昌大)からの書状を目にすることになって...。


この時の玄瑞は17歳に成長、九州遊学に出立してからの目的地の一つである熊本に着いて早々、かねてから逢いたがっていた熊本藩士・宮部鼎蔵(ビビる大木)と、ようやく対面を果たしたという。

先の不平等条約ゆえの将来の生活苦を危惧して、異国を追い払う方法を聞きたがったのに対し、鼎蔵は即答を避ける代わりに、かつての出逢いと東北遊学以来、盟友の間柄にある寅次郎に逢うことを勧めたとのことだった。


肝心の内容は、わが国としては1281(弘安4)年の弘安の役にあたって元の皇帝の使者を斬ったように、それにならって異人を追い払うべしとの訴えを中心に記されており...。

笑みを浮かべた寅次郎はすぐに返書をしたため、玄瑞の元へ届けるように文に託すこととなって...。


道中で文は、野山獄での兄・寅次郎と獄囚との分かち合いによる講義の心に残るゆえに、それがなければ読書の意味をなさないという思いを強めることになって...。

そこへ、偶然通りかかった幼なじみの入江すみ(宮ア香蓮)に寅次郎の塾への勧誘手伝いを頼むものの、偶然通りかかった長兄・入江九一(要潤)と次兄・野村靖(大野拓朗)から、密航で騒然とさせながらも死罪にならないのは所詮口先だけだと、軽くあしらわれて...。

文は憤然と前へ進むしかなかった。

しかし、偶然それを目にしていた魚商人の倅・松浦亀太郎(内野謙太)が強い関心を寄せており...。


文がたどりつくこととなった玄瑞からの書状に記された場所は、誰もいない寂れた長屋。

玄関らしきものが見当たらずに、文が困惑する中、詩吟を嗜む美声が耳に入って...。

その美声に誘われるまま足を進めた文は、玄瑞と再会。

再会に微笑む文。

しかし、一人きりの玄瑞は、素っ気ないまま。

そのまま、寅次郎からの返書を文から受け取り、封を開けて目を通した玄瑞は、見る見るうちに怒りで顔をこわばらせて...。

寅次郎の顔を見たくないと激昂した玄瑞は、返書を書き上げ次第、別の者を使いによこすよう文に言い放って、追い返してしまった。


かの寅次郎からの返書とは、弘安の役の時と同じようにすること自体、時代遅れであること。 医者なら医者として何ができるのかを考えるべきで、大計のみを口にするだけで行動に移さない姿勢には、何も答える気にもならないと、記されており...。

玄瑞は怒りをますます強めて、寅次郎への返書を書き殴るだけだった。


その日の夜は、椋梨邸にて商人たちの会合...。

藤太と周布政之助(石丸幹二)それぞれに属する重臣も集まる中、藤太は伊之助を顔見せへ...。

一同は騒然、周布派の重臣からは非難の声。

それでも、伊之助は思うことあって無表情のまま。


ほぼ同じ頃、藤太の妻・美鶴(若村麻由美)も、寿を女中たちに顔見せへ。

女中たちは、寿の貧しそうな身なりを蔑むだけ...。

しかし、美鶴だけは周囲をたしなめて、寿を温かく見守って...。


すべては藤太と美鶴による、周布派を分断するための策謀であることを、誰も知る由もない。


数日を経て、文に使いを頼まれた弟・敏三郎(森永悠希)が、玄瑞を訪ねたものの、鼎蔵の言葉を鵜呑みにしたのが間違いだったと、冷たく返書を突き出されるだけで...。

敏三郎はやり切れない思いのまま、後にするしかなかった。

堪りかねた文は寅次郎を責めるが、1ヶ月後に返信を出すのが楽しみと、寅次郎は呑気なままで、文は何も返せないまま...。


混迷を深める文だったが、かつて水車小屋で玄瑞が九一と靖を相手にした議論に居合わせた少年で、明倫館で学ぶ見込みとなった吉田稔麿(瀬戸康史)を思い出すなり、挨拶を兼ねて玄瑞のこれまでの経緯を尋ねることに。

稔麿が話すには、玄瑞は14歳の夏に母を亡くし、翌年には自身の想いを察して武士への道を薦めてくれた兄・玄機が病没。 その僅か数日後に父も病没、すなわち15歳の春に家族すべてを失い、こうして藩医・久坂家の当主になったとのこと。

それでも、武士への志の強さに変わりはなく、医者坊主と面白半分に声をかけると、激昂して殴りかからんばかりの勢いになるとか。


文が心を痛める当の玄瑞は、貸本屋に出向いており、『海上砲術全書』を借りたいと願い出るが、屋主は支払いそっちのけの言動に苦い顔。

折しも、藩主・毛利敬親(北大路欣也)の養子・元徳の奥番頭・高杉小忠太(北見敏之)が嫡男・晋作(高良健吾)のために買い揃えた書物が届いて整理する中でのことだった。 借りたければ晋作に頼むようにと冷たく突き放すのみ。


玄瑞は憤然としたまま急ぎ足で進み、偶然にも色街の近くへ...。 そこで、遊女を肩に抱き寄せながら正面から歩く晋作と遭遇。

玄瑞は憤然としながら父・小忠太が書物を取り寄せてくれたことを晋作に伝えた。

しかし、晋作は何食わぬ顔。 ほろ酔い気分で女遊びを覚えるよう誘うだけだった。

玄瑞は怒りのまま晋作を強く振り切って、突っ走るしかなかった。


誰もいない家に一人戻った玄瑞は、寅次郎からの返書に気づいて開封。

異人を斬ったところで何の解決にならないこと、机上の空論に過ぎないことが、改めて記されているだけだった。

玄瑞は混迷を深めるだけだった。


ほかの誰もが葛藤の真っ只中。

晋作は、なじみの遊女とねんごろになりつつも、言いようのない虚しさを抱えていて...。

稔麿は、身分の低さを理由に明倫館入りが白紙となり、空虚な日々...。

寅次郎への憧れをますます強める亀太郎は、黒船やペリーなどの絵を描くことが多くなり、魚屋を営む母からあきれられては、家業に精を出すよう追い立てられて...。

玉木彦介(冨田佳輔)は、『孟子』を完全に暗唱できたことに大喜び。
しかし、父・文之進 (奥田瑛二)から無情にも、寅次郎がすでに5歳で完全に暗唱できたことを淡々と口にされて、喜びは一気に失せてしまった。


そして文は、二度目の寅次郎からの返書を受けとった玄瑞の胸の内が、ますます気になって...。 意を決して、敏三郎を伴い、玄瑞のいる長屋へ出向くことに。

悶々として鬱積したままの玄瑞に業を煮やした文は、医者坊主と強い口調で言い放つ。 口先だけで行動に移さない姿勢を非難。

玄瑞は逆上、文に殴り掛からんばかりの勢い。 すぐに女は殴らないと思い留めたものの、代わりに寅次郎を叩き斬ると宣言、刀を取って急ぎ足で寅次郎の元へ。


玄瑞は杉家にたどり着き、寅次郎を叩き斬ると声高に言わんばかりの勢いで、幽囚室へ向かった。

寅次郎の話を聞こうと彦介と稔麿は突然のことに驚き、止めに入る。揉み合いで怒りは高まり小競り合いに。

そこへ、寅次郎が襖を開けて、笑顔で玄瑞を出迎えた。


こうして寅次郎と玄瑞は、心を静めて思うことを話し合いへ。

寅次郎は、玄瑞のこれまでの悲しい経緯に理解を示した上で、自身のこれまでの行いから、発言が重要なものであること、発言するからには自分の生命をかけて必ず果たさねばならないことを、改めて玄瑞に伝えて...。

玄瑞の心は大いに揺さぶらて、深く感銘。


それから数日が過ぎて...。

寅次郎とともに、彦介と稔麿と亀太郎が幽囚室に集い、議論の少しずつ高まる中でのことだった。

玄瑞が襖を開けて入り、寅次郎に弟子入りを願い出た。



この第8回を振り返ってみれば...。


杉家にて母・滝が寅次郎のためにこしらえた"いわしのだき寿司"、今でもあるのか、気になるところ。

失礼ながら、良きものとして想像するならば、貧しいながらも味わいのある御馳走だったんだろうなあ。


そして、幽囚室での寅次郎と学びを求める少年そして青年たちとともに、新たなる門出へ...。


それにふさわしい食、どれがふさわしいのかが、気になるところだけど...。


やはり、全国的に歴史的知名度の高い萩と、山口県を代表する農産地帯の阿武を管内とする、JAあぶらんど萩による、25年産新米の『新米・維新のまち萩から「維新伝心米」コシヒカリ精米2kg』は、欠かせないもので...。

かの"いわしのだき寿司"のネタとなるいわしとなれば、現在ならば瀬戸内海で獲れる片口いわしを原料に煮干しに仕立て上げた『食べる小魚とだしいりこのセット〔食べる小魚 170g×2袋、だしいりこ 170g×3袋〕』という嗜好品に変化を遂げて...。

もし、贅沢なものにしたかったら、1861(文久元)年より息づく『平宗 柿の葉寿司 鯖・ 鮭・穴子・小鯛・海老ずし五種30ヶ入』に近い美味しさが、一番ふさわしいかも...。


これからの長州藩すなわち山口県はもちろんのこと、新たなる門出の祝える人たちの増えること、大いに祈りたいなあ。

タグキーワード
2015-01-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます