花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回




花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回

3月22日日曜日の放送は、ヒロイン・杉文(井上真央)、兄・吉田寅次郎(伊勢谷友介)、義兄・小田村伊之助(大沢たかお)、そして久坂玄瑞(東出昌大)にとっての、あらゆる意味における新しい門出を垣間見ることになりそう。


1857(安政4)年12月5日、杉文(井上真央)と久坂玄瑞(東出昌大)が、晴れて夫婦となった。

婚礼の儀は、親戚一同の揃う中での杉家にて厳かに。

続く宴会は、松下村塾にて塾生の加わった賑やかなことあって賑やかに...。

やがて、重臣の周布政之助(石丸幹二)も加わっての酒豪ぶりの勢いが後押しすることとなって、大盛況。

ところが...。

かつて玄瑞の口にした不用意な言葉が、酒の勢いで蒸し返されてしまった。

「文は不美人じゃから、嫁に欲しゅうない」

すぐさま耳に入るいこととなった文は機嫌を損ねてしまった。


狂喜乱舞の宴のとどまらないまま、一夜が明けて...。


文と玄瑞の気まずい雰囲気は尾を引いていた。

心配な父・百合之助(長塚京三)が仲直りするようすすめたものの、文も玄瑞も素直になれないまま...。

やがて夕方となり、頑ななもののこのままではいけないと思ったのか、玄瑞から歩み寄よった。

玄瑞は口下手ながらも、このようになってしまったのは母が生きている時以来だから慣れにくい、と照れ隠しに口にして...。

文も不器用ながらも微笑ましく受け入れてくれた。


この日は椋梨邸での香の会。

しかしながら、十数名の席のありながら、現れたのは寿(優香)一人だけ。

これまで幅を利かせてきた椋梨藤太(内藤剛志)に代わって、政之助の台頭の影響の大きさからか、これからを考えた多くの奥方と女中たちが、政之助の妻の催す香の会に顔を出すのが得策と踏んだらしいと、藤太の妻・美鶴(若村麻由美)は自虐気味に笑って済ませようとして...。

文の縁談への布石を働きかけてきた寿にすれば、ひたすら頭を下げるしかなかった。

夜が更け、夫・伊之助(大沢たかお)が、塾生で魚屋の倅の松浦亀太郎(内野謙太)からのフグを手土産に帰宅。

かねてからの提案である松下村塾塾生の江戸遊学が、政之助を介しての進言により、藩主・毛利敬親(北大路欣也)に認められたことを、伊之助は上機嫌に報告するも、寿は素っ気ないまま。

そして、憮然としながら言い放った。

文のためを思って美鶴を介して良き縁談としてすすめたのに、何の一言のないまま一方的にぶち壊して面白かったか、と。

思いもかけない物言いに不満な伊之助も、文の気持ちを汲み入れないまま一方的にことをすすめた寿にきつく言い返すようになって...。

二人の心は擦れ違いを強めていた。


ほぼ同じ頃、文は夫・玄瑞のために茶碗のご飯とおかずとなるものを大盛にしての心尽し。

玄瑞は美味しそうに召し上がって満足、互いに分かち合えるようになってきて...。

そして、いよいよ夜をともにしようとしたところ...。

塾生の寺島忠三郎(鈴木伸之)が品川弥二郎(音尾琢真)と松浦亀太郎(内野謙太)と玉木彦介(冨田佳輔)を連れて乱入...。

寅次郎からの重要な講義があるとのことらしく...。

玄瑞はいつもの素っ気ない態度に戻って、文に先に寝るよう口にして、塾生とともに部屋を後にした。

文は一人残されることとなり、やり場のない不満しかなかった。



この時期と前後して...。


日本との通商条約締結を求めるアメリカのタウンゼント・ハリスが多くの主要都市開港を要求。

幕府は窮地に陥るも、目付・岩瀬忠震の懸命な尽力の甲斐あって、結論としては神奈川と神戸のみの開港、当初の開港予定に含まれていた江戸と大坂は通商のみの認可の見通しとなった。

江戸城溜間での老中・松平忠固を御前とする報告に同席する溜間詰上席・井伊直弼(高橋英樹)は、苦い顔のまま。

ハリスによる第13代将軍・徳川家定への目通りを許したことに憤るあらゆる藩士の動向は少しずつ耳に入っていたことのみならず、次期将軍後継問題で幕藩体制にこだわらない新たな枠組みを志向する一橋派と後押しする薩摩藩の動向も加わって、確固たる幕藩体制を第一とする紀州派の井伊直弼には、承服しがたいことばかりのよう。

幕府が強い権力と権威をもって異国の進出に相対しないと示しのつかない上に、折り合いのつけられないままでは難局を克服できないことを、なぜ解かろうとしないのか、と。


その日の夜、密かに江戸・旗本屋敷に出向いたのは、吉田稔麿(瀬戸康史)。

すぐさま下男から書状を受け取るなり、急ぎ足で長州屋敷に戻ると、待機していた入江九一(要潤)とともに、書状に目を通した上で書き写しに没頭へ。

それは通商条約の草案全文だった。

寝食を惜しんでの書き写しを終えてすぐ、萩の寅次郎へ送られることとなった。



やがて玄瑞に登城の命が下って...。

文の仕立てた紋付き袴の出で立ちで登城すると、政之助と伊之助が待ち受けていて...。

文は何らかの嬉しい知らせありと予感、梅太郎(原田泰造)の妻・亀(久保田磨希)とともに台所仕事に楽しくいそしみながら、帰りを待っていた。


しかし、文の気持ちとは裏腹に、玄瑞は寅次郎のいる松下村塾へ直行。

すでに稔麿からの書状は、寅次郎の元に届いており、寅次郎は怒りで表情をこわばらせていて...。

おにぎりの差し入れに出向いた文は、入れそうにない。


寅次郎と向き合った玄瑞は、すべてを打ち明けた。

先の登城にて、藩医としての江戸遊学が、政之助と伊之助の計らいにより許されたこと。

表向きは藩医でも心は武士でいたいという強い望みから、両刀の帯刀の申し出も認められたこと。

端で耳にする文には、複雑な思いしかなかった。


意を決した文は、玄瑞と向き合った。

玄瑞からの答えは、寅次郎と伊之助の手前夫婦として過ごしてきたけど、一人だけの方が気が楽とのこと。

文は落胆してしまった。


ちょうど、九一からの書状が松下村塾に届いてばかりとあって、実弟・野村靖(大野拓朗)が皆を前に読み上げへ...。


京の梅田雲浜(きたろう)が茶屋に藩士や浪士たちを集めて、天子様をお守りすると決起を呼びかけているとか...。

戦国時代の再来になると予感した塾生たちは沸騰。

ただ、玄瑞だけは物静かに、何かをしたためており...

高杉晋作(高良健吾)が気になったところ、何と離縁状だった。

晋作はあきれ果てるだけ。


一夜明けて、玄瑞は再び登城。 伊之助から江戸への通行手形と江戸・長州藩邸への紹介状を受け取った。

玄瑞は改めて伊之助に打ち明けた。

たとえ、ハリスを斬ったところで、第二、第三と現れることには変わらない。

だからこそ、国を挙げての攘夷を決行できるまでは、戻らない心積もりであることを。

伊之助には玄瑞が寅次郎の怒りの表情と重なって見えてしまい、気が気でなかった。

そして、文がそんなにたいしたことのない女だったのか、と尋ねると、玄瑞は目を伏せてしまうだけで、何も答えられないまま...。


当の文は、前夜の玄瑞の自身への素っ気なさによる悲しみを、寅次郎に相談した。

寅次郎は文の心配と悲しみを深く理解。

それでもあえて尋ねることに。

「文の志は何じゃ」

文は悶々とするだけだった。

そのうち、玄瑞とともに過ごす部屋に戻ったところ、すでに玄瑞の江戸行きの支度は整っており...。

文が何気に玄瑞の荷物に目を配ると、脇差に巻きつけられた小さな布袋が...。

見覚えのあるものと気になって取り出したところ、何とあの大吉のおみくじ...。

文の脳裏に、初めて大吉を手にした玄瑞の喜ぶ笑顔が、鮮烈によみがえってきて...。


文は決意を固めた。

すぐに寅次郎に仲介を頼んだ上で、改めて玄瑞との話し合いへ...。


文はこれまで抱えてきたすべての想いを、玄瑞に打ち明ける。

元来の生真面目さゆえに、笑いたい時に笑わず、悲しい時に悲しまず、一人で抱え込んでばかりでいるのを見て、つらくて堪らなかったこと。

いかに志があれど、いくらなんでも離縁状はあんまりだということ。

そのうち悲しい出来事に直面するのではないかと思うと、心配で堪らないこと。

その上で、文は自ら立てた志を打ち明けた。

妻として常に夫を想い続けることを...。

朝を迎えても、日中の野良仕事に出ても、夕方を迎えても、床に就くときも、常に江戸の夫を意識して心から祈るから、無事であってほしい、と。

玄瑞は感涙した。 そして、今までの素っ気なさを詫びて、文は大吉だと讃えた。

こうして文と玄瑞は、心から分かち合った。


そこへ突然、これまで襖一つで聞き耳を立てていた塾生たちが将棋倒しでなだれ込んできて...。

二人はあっけにとらっれてしまった。


どうやら晋作が仕掛けたかのよう。

江戸遊学の玄瑞のために前祝いがしたいと、飲み物や御馳走を持ち込んできて...。

その夜は、別れを惜しむかのように、大盛況となった。


ほぼ同じ頃、寅次郎はただ一人、一心不乱に書き物に没頭していて...。

ここ数日より前から寝る時間を惜しんでは、何かに憑りつかれたかのような勢いが続いているかのよう。

自らを"狂夫"と名乗っては、『狂夫之言』という意見書として、幽囚の身の上にある悔しさと、通商条約締結に向けた幕府の動向と異議を唱えない長州藩への痛烈な批判を書きなぐっていて...。

その勢いはとどまるところを知らなかった。


そして、玄瑞は江戸へ出立した。

2ヶ月後...。

1858(安政5)年4月23日、井伊直弼が大老に就任した。

この井伊大老就任が、これから降りかかる命運の始まりであることを、文や寅次郎はもちろん、まだ誰も知らない。



いかなる時代であれ、祝言は新たなる門出として、心からめでたいもの。


めでたいにあやかるとともに、心身ともに寄せ合って温まりたい気持ちは、誰でも同じこと。

後年の1954(昭和29)年創業の箱寿司専門店・仕出し米長による【愛媛県産 真鯛しゃぶしゃぶ】に匹敵するくらいの贅沢が極上といってもいい。

特に、約2kgの特大サイズの鯛は、まさに格別。


ほかには、【御祝いセット】も、夫婦として最後まで添い遂げるにふさわしい贅沢そのもの...。

無添加の塩焼きによる天然のマダイ「祝い鯛 約300g(25〜26cm)」。

同じ貝の貝殻でないと相性の合わないゆえに"良縁にめぐり合う"ようにと願いをこめた「はまぐり吸い物(4人前)」。

長年受け継がれた味と優れた弾力と歯応え抜群の「かまぼこ1個180g」。

呪力があり災いを避ける力があると言われて魔除けの意味の込められた"赤"をもって彩られた「赤飯(4パック)」。

最後まで添い遂げるにふさわしいものばかりの品揃え。



これらの良きものへのあやかり、より多く増えること、末永く祈りたいなあ。


この回での文と玄瑞の御両人のように...。

タグキーワード
2015-02-14 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます