花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第13回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第13回






花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第13回

3月29日日曜日放送の第13回...。

久坂玄瑞(東出昌大)が江戸へ出立してから2ヶ月後の1858(安政5)年4月23日に、井伊直弼(高橋秀樹)が大老に就任してからの、嵐の前の静けさの実感のないまま流れゆく日々が...。

いわゆる"序曲の幕"が切って落とされる直前を暗示させるかのような流れになりそう...。



文は毎朝、夫・玄瑞のために、外に出ては東の空に向かって、明るく挨拶することを習慣とする日々...。


一方、文の実兄・寅次郎(伊勢谷友介)が教鞭を執る松下村塾には、以前寅次郎に感銘を受けた前原一誠(佐藤隆太)が、郷里の目出村から戻ってきており、新たに学びに取り組り組もうとしていた。

そして、数日前より新たに風狂な趣ある男が...。

その男とは、藩医・山根文季を実父に持ち、長崎にて洋式砲術を学んだ小野為八。

地中に埋め込んだ火薬を離れた場所からエレキテルで爆破させる"地雷火"の仕組みを寅次郎と塾生に紹介しており、皆は食い入るように学びを深めつつあって...。


その熱気の高まりを打ち砕くかごとく、萩でコロリ(虎狼痢)が蔓延し始めた。

出所は、長崎に停泊するアメリカ軍艦ミシシッピ号からとのこと。

誰もが恐れていた。 というのも、一度煩うと腹を下してからは、3日3晩にわたって嘔吐を繰り返して衰弱して死亡する、恐ろしい病との言い伝えが...。

折しも、文が仲良くしている少女・キクの母親もコロリを患っており、診ているのが藩医・山根文季であることを知るなり、打開策を得るために伊之助(大沢たかお)の実兄で、長崎で医学を学んだ藩医かつ初代長州藩洋学所師範・松島剛蔵(津田寛治)を訪ねることとなって...。

しかし、剛蔵からは、適塾の緒方洪庵の記した『虎狼痢治準』を手渡されただけだった。

剛蔵曰く、一度煩ったら手の施しようがないとのこと、己が関わらないように気を付けることとの答え。

文は落胆するだけだった。

一方の寅次郎は、異国に対する無力さにますます憤りを強めることに。


いかに真逆の考えであれ、国の行く末を憂う心は、直弼も同じ。

病を克服するためにも西洋からの知識と文明の導入を急ぐことも理由の一つとして実感したからか、1858(安政5)年6月19日、勅許を待たずに日米修好通商条約を締結。


その直弼の独断専行は、各地に波紋を広げることとなった。

江戸長州藩邸の玄瑞は、彦根に帝を移すという噂を耳にするなり、真偽を確かめるために京への出立を、桂小五郎(東山紀之)と来原良蔵(松本実)に願い出るも、逆に医学を学ぶという身の上であることを自重するよう諭されて、足止めに。

それでも、玄瑞は隙をみて出立して...。

瞬く間に知らせは萩に届き、高杉晋作(高良健吾)は怒りで呆れ返るだけだった。

緊迫した重い雰囲気を察して、伊藤利助(劇団ひとり)は、彦根に帝を移すという噂をあえて藩重臣に流した上で、これからは公家や他藩の内情を探る者が重宝される予測から、京へ人を差し向けることを進言すべきと提案。

塾生たちの議論の沸騰する一方、寅次郎はただ一人一室に籠っては『大義を議す』と題した建白書の執筆のに没頭。

内容は、徳川将軍を大逆ある賊として討て、という過激なもの。


重臣の長井雅楽(羽場裕一)は、すぐに察するなり、かの建白書の一件を問題として提議。

しかし、伊之助もこの流れを一足先に察したからか、彦根に帝を移すとの噂の真偽を探ることが先決と主張。

どうにか事なきを得たものの、伊之助はまだまだ安心できなかった。

沸騰する塾生たちの勢いを自制するため京行きの者を直に選んだ伊之助は、すぐに寅次郎を訪ねるなり、塾生のためにも軽挙な言動を慎むよう頼み込んだ。

しかし、寅次郎の姿勢は変わらなかった。

「論を尽くすだけでは、何も変わらない。 誠を尽くせば、狭い座敷からでも世の中は変えられる」


前後して、キクの母親も、看病に当たった山根文季も、亡くなってしまった。

文は悲しげに寅次郎に訴えた。

薬も医術も念仏をもってしても何も変わらないのは異国のせいなのか、と。

寅次郎はつぶやくだけだった。

「戦いとは戦のことを言うのではない。 屈しない心を持つことを言うのだ」


文は悲しかった。 あてもなく歩き続けるまま早暁となって...。

たどり着いた先は、河原の見える小高い丘...。

その遥か河原では、為八を中心に塾生たちが、異国の侵入を防ぐ武器として、地雷火の実験の真っ只中。

やがて黒煙が上がった。

文には何らかの不吉な暗示にしか見えなかった。

そして、玄瑞の身の危険をますます案じることに...。



この度のコロリの蔓延といい、改めて耳にすることとなった緒方洪庵の名前といい...。

思わず、小田村伊之助を演じる大沢たかおの代表作である2009(平成21)年10月11日日曜日より放送のTBS日曜劇場『JIN-仁-』で演じた武田鉄矢の姿が、つい脳裏に浮かんでしまって...。

いや、NHK大河ドラマである以上、タイムスリップものの物語は除外すべきなんだろうなあ。


とにかく、ありのままの緒方洪庵を振り返ってみれば...。


1810(文化7)年7月14日に備中国足守(岡山市足守町)に誕生してからの紆余曲折を経て、蘭学者として医師として、天然痘治療に貢献、日本の近代医学の祖と讃えられるまでに...。

その過程における1838(天保9)年春、大坂で蘭学塾「適々斎塾(適塾)」を開くことに...。

福沢諭吉はもちろん、好敵手である長州藩周防国の村医者の村田蔵六のちの大村益次郎[1977(昭和52)年放送の『花神』の主人公で、演じるは中村梅之助]、といった多くの塾生を輩出へ...。


優れたリーダーの育て方や人としてのあり方にも及ぶその教えは、現代日本に警鐘を鳴らすまでになって、2014(平成26)年10月『緒方洪庵と適塾の門弟たち 人を育て国を創る』(著作:阿部博人 / 編集:阿部博人 /
出版社:昭和堂)にしたためられるまでに...。


かの『JIN-仁-』以外のドラマを振り返ってみれば...。

2009(平成21)年1月10日土曜日から放送のNHK土曜時代劇『浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜』での若かりし頃の緒方章のちの緒方洪庵(窪田正孝)と左近・お佐枝(栗山千明)による奮闘する姿が、忘れられなかったかなあ。

まさに意義のある長い道のりとして...。


緒方洪庵の志が将来への良き方向へ導けることを祈って、【緒方酒造 大吟醸酒 緒方洪庵 720ml(化粧箱付き)】で、献杯!

タグキーワード
2015-02-17 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます