ビリギャル 本 さやか ああちゃん - けものみちをあるく

自由形式

ビリギャル 本 さやか ああちゃん


ビリギャル  さやか ああちゃん

発売日は、2015(平成27)年2月26日木曜日。


『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話』(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)として...。

主人公であるビリギャル・さやかと母・ああちゃんが共同執筆した、もうひとつのビリギャルと言える感動ノンフィクション小説として...。


折しも、5月1日金曜日公開予定の映画『ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』で、主演の有村架純が演じることになる金髪ギャル姿の待ち遠しいこと...。

前年暮れに購入することになった、あの2013(平成25)年12月26日木曜日発売の『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)に見られるような、子どもたちからの爆発的な頑張りの引き出し方の驚きの余韻の強く残っていること...。

それらの勢いあって、ついつい購入することに...。


前作同様、これが本来の"加点主義"の発想と行動なのか、と魅入ってしまうことばかりだった。

第2弾または後日談あるいはスピンオフ作品とでもいうのかなあ。


「親族になけなしの金を生涯むしられた自分の母に、幸せな家庭を見せたい」

それが、ああちゃんの原動力なんだろうなあ。


ただ、悲しいかな、「窮鼠猫を咬む」とでもいうのか、窮状からどうにか脱したいがために、なりふり構わない勢いそのものは理解できても、幸せになりたい願いがかなって、ああちゃんが始めた夫婦生活だったが...。

願いが強すぎると、長きにわたる人生の歩みにおける視野を狭めてしまうもの???

生涯の伴侶として支えてくれる人さえいれば、あとは幸せ、といった結婚前の憧れは、幻想に過ぎない???


幸か不幸か、結婚後ともなれば、相手の良いところを目にするのと同じように、悪いところも否応なく目にしてしまうもので...。

それを静かに受け止める余裕のなかったということなのか、夫婦生活は夫のスパルタ教育の弊害なのか、すぐに冷え切ってしまって...。

思春期になれば、さやかは金髪に染めたビリギャルに、弟は自暴自棄に、妹は不登校に....。

そして、怒声が飛び交う家へと転落へ...。

ああちゃんは、再び絶望感に苛まれてしまうも、何らかの境地に至ったからか、肚をくくるなり気を取り直して改心。

「窮鼠猫を咬む」が好作用したのか、全く新しい子育てへ...。


やがて、さやかは偏差値30から慶應大学に現役合格、弟は自暴自棄から立ち直り、不登校だった妹は後に上智大学に合格へ...。

前作同様、感動的な気づきを満載した内容で、嬉しかった。



本は人なのかなあ...。

偶然立ち寄った書店というものは、良きものに触れさせてくれるから、ありがたいもの。


それゆえか、幼少期の家族写真から、ギャル時代のさやかのプリクラなどの、変化の移り変わり...。

いろいろ考えさえられてしまうもの。

タグキーワード
2015-03-13 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます