花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第22回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第22回












花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第22回

5月31日日曜日の放送で、いよいよ始まった。

攘夷決行の期日である1863(文久3)年5月10日、世にいう馬関戦争が...。



長州藩は馬関海峡を通過するアメリカとフランスの蒸気船に、無通告による砲撃を開始。

ほぼ非武装に近いアメリカとフランスの蒸気船は、翻弄されながらも引き上げるしかなかった。


大いに沸き立った光明寺党の面々はもちろん、お礼に挨拶に来た町人や百姓たち、かつての塾生たちも、「もう医者坊主ではない」と久坂玄瑞(東出昌大)を大いにねぎらい、その夜は祝宴となった。

晴れ晴れとした皆の姿を目の当たりにした文(井上真央)は、今までが報われたかのように微笑ましく感じて...。

そして、ほろ酔いで眠りに入った玄瑞を優しく気遣うことに。


しかし、団子岩の庵で隠居する高杉晋作(高良健吾)だけは、必ず報復に来ると冷静に分析するのみ。

隠居の終わりを予感して、少しずつ備えを始めてゆく。


それから半月の過ぎた6月、晋作の予感のあたるかのように、アメリカとフランスの軍艦が馬関海峡内に停泊中の長州軍艦と砲台を報復攻撃へ。 長州海軍は壊滅的打撃を被ることとなって、フランス海軍が台場へ上陸。

本陣を構える光明寺には、負傷兵の相次いで担ぎ込まれて、戦場さながらの雰囲気に。

文も力になりたいと手を貸すも束の間、さらなる危険の強まりを察した吉田稔麿(瀬戸康史)から、萩へ戻るよう言い渡される。


玄瑞は御茶屋での御前会議へ出向いた。

すぐに砲台の修復と兵の増強を願い出たが、重臣からは敗戦の原因に関して一斉に責め立てられてしまった。

その重苦しい雰囲気を破るかのように、周布政之助(石丸幹二)に伴われた晋作が参上。 戦は武士がするものという体面が、無残な結果を招いたと重臣たちに諫言すると、すぐに身分関係なしに兵を募るべしと進言。

そして、正攻法のみの戦とともに、奇襲をしかける戦が起死回生の原動力になるとして、奇兵隊の創設を提案する。

晋作は下関の防備を任されることになった。


萩へ戻る途上の文(井上真央)は、団子岩の庵を訪ねる。

すでに晋作の妻・雅(黒島結菜)が下女とともに家財道具をまとめて引き払おうとしており、10年の暇のはずが、わずか3ヶ月で終わったことで、雅は夫とゆったりと過ごせなかったことに不満だった。

やがて萩にたどり着いて間もなく、すみ(宮ア香蓮)とふさ(小島藤子)に再会。 砲撃を警戒して多くの人たちが山側へ避難を始めているという。


不安のまま杉家へ戻ることになった文を出迎えたのは、野良作業を終えたかのように埃にまみれた百合之助(長塚京三)と梅太郎(原田泰造)と敏三郎(森永悠希)だった。 戦で男手が減ってしまい菊ヶ浜での台場づくりに駆り出されていたらしく...。 しかも、思うように事が進まないまま。

文は、女たちだけでも台場づくりをすることを提案。 寿(優香)は女らしさのない振る舞いに呆れるだけ。

しかし、戦で身内を失った家族たちから、砲台軍艦・玄瑞への不満の声を相次いで耳にすることになって、心を痛めていた文は、とにかく玄瑞を支えたい一心しかなかった。


文が台場づくりを始めるなり、人伝に少しずつ知れることとなって、女たちが少しずつ菊ヶ浜に集まるようになった。

特に、雅が加勢してからは、周囲は驚きとともに作業にますます勢いをつけてゆく。


ただ、稔麿・ふさ兄妹の母・イク(芳本美代子)だけは浮かない顔。 自身のみすぼらしさを恥じているかのよう。

女ごころを察した寿は、文を連れて椋梨家へ出向いた。

藤太(内藤剛志)の妻・美鶴(若村麻由美)に挨拶を済ませて事情を打ち明けると、沈黙ののちにいくらか艶やかな着物を差し出してくれて...。

しかし、戦を扇動したとみなす夫を持つ文には、終始冷ややかなままだった。


台場づくりでは、文の心の重いままにつられてか先行きへの不安の強まりとともに、精を出す女たちの疲労は目立ち始めてゆく。

そこへ役人が怒鳴り込み、勝手な振る舞いとみなして一人の女に詰問。 文は役人に迫って言い返すが、突き飛ばされてしまう。

しかし、美鶴が大奥取締りの園山をはじめとする奥方たちを連れてくることとなってからは、役人は低姿勢となって引き上げへ。

勢いを盛り返すことになった菊ヶ浜での台場づくりは、女台場という花園に染まっていくかのようだった。


ほぼ同じ頃、晋作は下関の廻船問屋の主・白石正一郎(山本譲二)から、屋敷に招かれていた。

正一郎は、奇兵隊総督となった晋作の強い志に感銘、屋敷全体を奇兵隊屯所として与えたい旨を打ち明けた。

ほどなく招かれた隊士たちとともに祝宴となり、三味線の手を止めた晋作は、皆に語り始めた。

奇兵隊は、隊長一人を失って全体が自滅するのでなく、失ったとしても出自関係なしに一人一人が隊長の気概を持って事に当たれるのが肝心要であること。それができれば、誰もが強くなれること。 これからは隊士一人一人の時代の到来であることを。

皆は大感激して大盛況へ...。

しかし、玄瑞だけはただ一人、部屋にこもって京の三条実美宛ての書状をしたためていた。

その表情は、亡き寅次郎そのもので..。


日は流れて、砲台の修復も終息に向かい、対岸の小倉藩領の一部にも新たな砲台を構えることで、海峡封鎖が続行される中でのこと。

玄瑞は改めて公家に攘夷を定着させる必要を訴えるために、単身京へ乗り込む決意を固めた。

稔麿は、京都守護職はじめ新選組などの公武合体派につらなる一派の監視の厳しさへを警戒、思い留めるよう玄瑞を説得。

晋作も、異国に打ち負かされた今だからこそ、守りを固めることが先決であることを理由に猛反対。負けを認めなければ、先へ進めないと玄瑞に喰ってかかる。

しかし、異国からの砲撃に打ち負かされた屈辱を引きずる玄瑞は、頑なだった。 捨石になってでも実現させると二人の制止を振り切って、単身出立していく。


亡き寅次郎による孟子の教え『草莽崛起』への想いは、どの塾生も同じであったが、玄瑞の急進的な行動は寅次郎の性分に近いだけに、誰もが気がかりだった。

晋作は、寅次郎からの言葉を、玄瑞の背に向けてつぶやいた。

「死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし 生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし」

そして、「死ぬなよ」と。



いよいよ始まることになるのか。

「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」

後年このように神話化された奇兵隊総督・高杉晋作の第一歩が...。


はじめに、2007(平成19)年1月27日土曜日発売の『幕末維新の個性 7 高杉晋作と奇兵隊』(青山忠正/吉川弘文館)で、本人の等身大の実像を振り返ってみることはもちろん...。

物足りないならば、【幕末掛け軸セット 高杉晋作】や【模造刀 維新の志士 倒幕派の中心人物 「高杉晋作」拵え】や【幕末攘夷志士Tシャツ 高杉晋作】で、鎧を固めるかのように、本人になりきってみるもよし。

山陰日本海産の【鯵の開き一夜干し (中骨取り)】を肴として、山口県自慢の郷土料理全般に合わせることのできる真の地酒【純米酒 奇兵隊 720ml】と味わってみるもよし。


これからの晋作の姿、ますます楽しみになってきた。

「おもしろき こともなき世を おもしろく」突き進む姿が...。

タグキーワード
2015-04-19 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます