花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第23回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第23回














花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第23回

いよいよ6月7日日曜日放送の第23回をもって、長州藩が本格的な四面楚歌の到来の始まりとなるのか...。

そのことを念頭に置けば、女台場における普請は、まさに"嵐の前の静けさ"であるかのよう...。


かの攘夷実行を大義とする戦により、男衆の多くは下関に駆り出されたまま。

女台場の普請は、やや苦境にありながらも、文(井上真央)から女衆への明るい働きかけあって、意気揚々だった。

しかし、直に手助けする雅(黒島結菜)から、玄瑞(東出昌大)が塾生と袂を分かって、単身京へ向かったと聞かされた文は、心配を募らせてゆく。


京の玄瑞は桂小五郎(東山紀之)と三条実美(上杉祥三)とともに、関白・鷹司政通に拝謁。

三人にすれば、あの異国船砲撃に端を発した攘夷実行は長州藩のみで、幕府も諸藩も様子見の流れに、内心焦りを強めており...。

しかも、幕府、薩摩藩、会津藩を主体とする公武合体派が巻き返しを強める勢い...。

再度の攘夷実行の詔への働きかけから間もなく、茶屋での話し合いでも、悶々としたまま。

一度席を外して、玄瑞が一人廊下で悶々としているところに、芸妓・辰路(鈴木杏)が接触。

常に気にかける辰路に心を許した玄瑞は、公家との一席がほしいと頼み込む。


その後も休む間もなく、玄瑞は京の長州藩邸にて、建白書の書き込みに没頭する。

そこへ、前原一誠(佐藤隆太)と寺島忠三郎(鈴木伸之)と野村靖(大野拓朗)と品川弥二郎(音尾琢真)が現れた。

彼らには、玄瑞が精神的に孤立に追い込まれて『伏見要駕策』を実行に移そうとした亡き寅次郎に重なって見えたという。 二の舞いにさせたくないから、手伝わせてほしいと懇願。

玄瑞は心強さを実感して奮起、以後の尽力あって、孝明天皇の大和行幸の詔が出された。

孝明天皇が大和国の神武天皇陵・春日大社に行幸して親征の軍議をなし伊勢神宮に行幸するという手筈は、すぐに長州の中河原の御茶屋に伝えられて、伊之助(大沢たかお)はいくらかの藩士に行幸の供へあてることを進言、藩主・毛利敬親(北大路欣也)から認められることに。

大和行幸の詔は8月13日となった。


一方、杉家では、塾生たちに『武教全書』を教えていた敏三郎(森永悠希)が、奇兵隊入隊に喜びいっぱい。

兵の隊列の配置と周囲の地形の緻密さを買われての入隊であれ、聴覚障害ゆえに身を危険に晒してしまうことを、家族全員は案じた。

文も同じ気持ちなものの、奇兵隊総督・高杉晋作(高良健吾)から敏三郎を男と見込まれるに至ったいきさつを知るだけに、心を据えて敏三郎を尊重、翌日に屯所として提供した下関の廻船問屋の主・白石正一郎(山本譲二)の邸宅まで同行へ...。


ところが、到達した二人の目の当たりにしたのは、晋作の怒りの形相。 玄瑞を助けに行かねばと息巻く慌ただしさに振り回されるだけだった。

世に言う、"八月十八日の政変"の知らせが届いていたのだった。

1863(文久3)年8月18日の夜明け前、中川宮朝彦親王はじめ、京都守護職で会津藩主・松平容保、前関白・近衛忠熙、右大臣・二条斉敬、近衛忠房父子らが参内に伴い、早朝に会津・薩摩・淀藩兵により御所九門の警備配置が完了。 京の堺町御門の護衛にあたっていた長州藩兵千余人は締め出されたという。

失脚した三条実美・三条西季知・四条隆謌・東久世通禧・壬生基修・錦小路頼徳・澤宣嘉の七卿とともに、長州へ落ち延びてゆく。

伊之助は敬親からの命として、奇兵隊総督の任を解く代わりに政務座役に就くよう、晋作に伝えた。

奇兵隊の護衛の下、洛東の妙法院にとどまる七卿の元には、駆け込んだ来島又兵衛(山下真司)が直ちに京へ出兵して薩摩藩と会津藩を賊として成敗すべきとの訴え。

いくらかの心強さを得た七卿だったが、攘夷実行を扇動し先の失態に陥らせた張本人とみなす玄瑞には、不満を募らせていた。


肝心の玄瑞は、未だ京にとどまり、突発的な急変に落胆を隠せない。

そこへ、忠三郎に捕えられた辰路が差し出された。

政変に陰ながら加担していた一人である薩摩藩士・阿久根と通じていたという。 しかし、事をなしたことで用済みとされ置き去りになったという。

成敗しようと息巻く忠三郎ら塾生を外させた玄瑞は、辰路とありのままを話し合った。

故郷の解からないまま母に手を引かれて方々を流れていたこと、母亡き後はえげつない手を使ってでも生き延びるしかなかったこと、ようやく男とめぐり逢えたと安堵したも束の間いいようにあしらわれたこと、それらの繰り返しだったことを打ち明けた辰路は、介錯を願い出た。

しかし、かつての凶ばかりだったおみくじの繰り返しの苦さのよぎった玄瑞は、背を向けるなり出て行けと口にするだけだった。

辰路は玄瑞の背中に取りすがった。

同じ匂いがする、という辰路の悲しみに触れた玄瑞は、辰路と一夜をともにした。


翌朝、玄瑞が目を覚ますと、辰路はすでになく...。

玄瑞はしてやられたかのような悔いにさいなまれる。

そして、七卿のいる三田尻の御茶屋を目指して、玄瑞は京を後にした。


数日を経て到達した御茶屋にて、玄瑞は敏三郎と再会、したためた文を杉家へと託した。

受け取った文が目にするには、伊之助の次男・久米次郎(太田琉星)を久坂家の養子に迎え入れてほしい旨が記されていて...。

悲しみのまま文は、つらい時ほど一人で抱え込んでしまう玄瑞を案じて、戻る敏三郎とともに三田尻の御茶屋へ出向いた。

ようやく再会できたものの、玄瑞は思い詰めたまま。 文の心配にも関わらず辰路と通じたことを打ち明けてしまった。

文は言葉を失い、勢いで玄瑞から足早に走り去った。



夫をはじめとする家族はもちろん、塾生たちや長州全体の行く末を案じる文をいかに描写するのかが、これからの見所だろうなあ。

物語全体の流れを察すれば、文の目から見た「幕末から明治への歴史の獰猛な流れ」を描いているとして定評の、2014(平成26)年9月発売の『吉田松陰とその妹文の生涯』(不破俊輔 / 明日香出版社)に近い描写かもしれないや。


仮に今後の展開として、のちの群馬県知事との再婚、群馬の教育と産学の振興の支え、79歳での永眠まで描くならば、かなり駆け足になりそうな予感が...。

しかし、そうはいかないんだろうなあ。



もう一つの陰ながらの注目といえば、四面楚歌に追い込まれることになる逆境にありながらも、長州藩自体の生き抜く原動力となった奇兵隊を後押しする、下関の廻船問屋の主・白石正一郎の底力。

1812(文化9)年、長門国赤間関竹崎に萬問屋(荷受問屋)小倉屋を営んでいた白石卯兵衛・艶子の長男(8代目)としての生まれで、米、たばこ、反物、酒、茶、塩、木材などを扱い、ほかに質屋を営み酒もつくったという。

加えて、下関が西国交通の要衝であったゆえに、長州藩など多くの藩から仕事を受けて、資金は豊富。

それでも、長州藩が四面楚歌に追い込まれた時は、生半可じゃなったろうなあ。


かつて長門国赤間関竹崎にあった白石正一郎邸「浜門」は、現在山口県下関市長府松小田に移築されているとのこと。

もしも、商売を続けていたら、どれだけの規模になるんだろうか、つい気になってしまった。



創意工夫をこしらえての商売ならば、やはり南アフリカ産のルイボスティーは欠かせないだろうなあ。

天然ミネラルやフラボノイドをバランスよく含んでいるゆえに、あらゆる病気の原因といわれる活性酸素を除去する効果に優れているので、健康志向の方にピッタリの健康茶。


【黒の奇跡 漢ダンティー 60g(2gX30包)】は男性向け。

ルイボスティーはじめ、黒豆茶、プーアル茶、マテ茶、マカ未、といった香り豊かな素材をブレンドした、まろやかで薫り高いお茶。


【ルイボス混合茶 18の魔法 3gX30包(90g)】は女性向け。

山口県で大人気のイタリアンレストラン「ちどりだいにんぐ」のイタリアンシュフたちが、ダイエットと健康に欠かせない18種類の茶葉を厳選...。

黒豆、ルイボスティー、ハトムギ、はぶ茶、烏龍茶、発芽玄米茶、ほうじ茶、サラシアレティキュラータ、桑の葉、プーアル茶、杜仲茶、たんぽぽ茶、よもぎ茶、甘茶、柿の葉茶、びわの葉茶、明日葉、グァバ、をブレンドして仕上げた、本当に美味しい魔法のお茶...。


【7色の野菜茶 2.5gX30包(70袋)】は、山口県のレストラン「ア・ターブル光井倶楽部」が提案する"飲む野菜"としてのお茶。

身体にいいとされる7つの野菜である、唐辛子、金時生姜、かぼちゃ、とうもろこし、あしたば、れんこん、ごぼう、を黒豆茶とほうじ茶のベースで美味しくブレンド。

老若男女を問わず、しっとりと味わえそう。


【黒の奇跡 90g(3gX30包)】は、ルイボスティーはじめ、インドのサラシアレティキュレータ、中国の烏龍茶と桑の葉といった、香り豊かな素材をブレンド。


【プラスマイナス・ストロベリー 2.0gX30包(60g)】は、イチゴの優しい香りがする新しいタイプの健康茶。

ルイボスティーをベースに、サラシアレティキュラータ、桑の葉、紅茶・桑の葉、香料をブレンド。

スイーツと一緒にオススメかなあ。


もちろん【ミラクルルーツ ルイボスティー 3gX32包(96g)】も...。


これらの味わいが、永遠ものであることを祈って...。

タグキーワード
2015-04-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます