花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回














花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第28回

放送日は7月12日日曜日。 この回をもって久坂文(井上真央)の新たなる門出が...。

しかも、今までのような塾生におにぎりを振る舞うだけの女幹事とは違った、女の世界における表舞台への第一歩へ...。


かの禁門の変の敗北と夫・久坂玄瑞(東出昌大)の自害からしばらく...。

文(井上真央)の悲しみに追い討ちをかけるかのように、無益な戦を扇動して長州藩を朝敵に追いやった責任を負わせる形で、久坂家は断絶、養子縁組取消により久米次郎(大西統眞)は小田村家差し戻しへ。

相次ぐ憂き目にも見舞われたこともあってか、文は法要にて城勤めをすることを宣言する。

城勤めから頭角を現わして、殿への御目見得ができれば、どれだけ藩全体が変わるだろうか、という思いを次第に強めていた。 それが叶うまでは決して泣くまい、と。

文としては、正義を信じて戦った夫の死を悪く言われることに納得のいかないままだった。


ほどなく文は、毛利家の奥御殿へ、奥女中200人余の中、御半下頭の志乃(高橋由美子)に仕えることになり、末席の位置へ。

文が、藩主・毛利敬親(北大路欣也)の正室・都美姫(松坂慶子)と、後継となる徳山毛利広鎮の十男・定広(三浦貴大)の正室・銀姫(田中麗奈)と、それぞれ対面を果たすこととなったのは8月。 しかも、イギリス、フランス、アメリカ、オランダの4ヶ国連合艦隊による下関砲撃と砲台占拠の知らせで、女中たちの動揺する真っ只中でのこと。

都美姫が動揺する女中たちを一喝するも、それでも内心動揺の続いたまま。

文はすべき仕事に専念、その働きぶりを見込まれてほどなく、周布政之助(石丸幹二)から敬親への進言あって、高杉晋作(高良健吾)が野山獄から出獄、講和交渉に臨む高杉晋作(高良健吾)への儀礼用の装束を贈る役目を与えられる。

文は見習いから奥勤めへの第一歩であることを実感。 話を持ちかけた晋作の父・小忠太(北見敏之)と奥屋敷壮取締役・園山(銀粉蝶)に、奥勤めとして働きたい旨を打ち明ける。


了承間もなく園山付御次女中・鞠(石橋杏奈)とともに下関へ出立することとなった文は、道中にて野村靖(大野拓朗)と品川弥二郎(音尾琢真)に遭遇。

この度の講和交渉が4ヶ国への屈服とみなす尊王攘夷派の志士たちの反感の強いことは、すでに文の耳に入っており、遭遇するなり緊張、ほどなく晋作への届け物とみなした靖と弥二郎は前を塞いで立ちはだかった。

多くの同志を失った二人にすれば、晋作が一大事に野山獄で過ごしていたのみならず、講和交渉のためだけに出獄したことが、かなり不満のよう。 講和交渉に同意の伊藤利助(劇団ひとり)へも井上聞多(石井正則)へも、同じだった。

そこへ、小田村伊之助(大沢たかお)が現れた。 尊王攘夷派の志士たちによる天誅を恐れて、晋作を他所に匿おうとする心積もりだったらしく、靖と弥二郎に向き合って、この度の講和交渉は殿の命によるもので文はそのための遣いであることを伝えて、事なきを得る。 しかし、二人は納得できないままだった。

伊之助は、文には穏やかに日々を暮らしてほしいとの想いから、杉家に戻ることを諭すも、文の意志は強かった。

文を思いやった伊之助は、晋作の匿われている下関のとある小屋へ案内。


文と対面した晋作は、この度の講和交渉を通して、長州を世界に開いて将来のために力を蓄えたいこと、それが亡き玄瑞への供養になることを、打ち明ける。

文も、夫の無念を晴らすためにも、城の奥勤めに上り詰めて殿に進言できるくらいにまでなって、長州を国全体をよくしたいと晋作に打ち明けて、互いに分かち合うまでに。


その二人の姿に触発された伊之助は、奥勤めに臨む文のために、美和という名を授ける。

かの戦国大名・毛利元就以来の毛利家の家紋である"一文字三星紋"、そして亡くなる前の元就が3人の息子の隆元・元春・隆景に授けた"三本の矢"または"三矢の訓"という教訓にあやかって、義兄・伊之助と亡き実兄・寅次郎と亡き夫・玄瑞が常に見守っているとの想いを込めて...。

伊之助は宇和島藩主・伊達宗城の助力を得るために出立した。 心強さをを得た文は萩へ。


1864(元治元)年8月8日、イギリス艦ユーリアラス号での講和交渉において、晋作は大部分の提示条件を受け入れたものの、賠償金と彦島の租借のみの取り下げと、下関を実質的な貿易港とする取り決めの合意を獲得。

以後、長州藩は4ヶ国から雄藩として見込まれることになった。


そのことが幸いして、文は都美姫から先の働きぶりと改名を認められることになった。

文改め美和は、銀姫付の御次として取り立てられることになるも、この時はまだ下の端に過ぎない身の上。 しかも、長州藩が朝敵の烙印を押されることになる戦を扇動した玄瑞の妻という好奇の目が、多くの女中たちから注がれることに。

それでも、御目見得を許される機会を得たことには変わりはなく、美和は銀姫や女中たちからの好奇の目をものともせず、決意を新たにしてゆく。



高杉晋作を名代とする先の講和交渉、いかにして魅せてくれることになるのかが、本当に楽しみ。

後年にわたって語り草となる古事記を暗誦しての4ヶ国名代への翻弄ぶりが見られるのかなあ。


この時同席していた伊藤利助が、明治維新後に伊藤博文と名を改めて久しく、彦島の前を船で通過した際に、「あのとき高杉が租借問題をうやむやにしていなければ、彦島は香港になり、下関は九龍半島になっていただろう」と語っていたことといい、あの時の高杉晋作はなりふり構わずといったところかも???

それゆえに、当時から見た植民地化というのは、晋作が清国で見聞したような、人としてみなさない扱い、といった一瞬おぞましい想像をしてしまった。


ただ、時が流れて現代に至るとなれば、失礼ながら、良きものを産み出してゆくものかもしれない???


折しも、蒸し暑い夏の訪れ。

かの農水フーズ株式会社の名物である【森のくだもの屋さん 果汁100% 10本入X15個】、【森のくだもの屋さん スティックゼリー 果汁100% 16本入X16】、【キラキラキャンディー りんご果汁20% 8本入X20個】、【キラキラシャーベット ミックスソーダ 8本入X20個】といった棒ジュース。

何年たっても本当に美味しいや。

幼少の頃の遊びのついでの駄菓子屋への寄り道を思い出してしまった。


そして、【夏みかん辛子明太子 (木樽入り) 450g】、【浜漬辛子明太子 450g (木樽入り)】、【天然まふぐのたたき 500g(5尾〜10尾)】...。


下関市彦島が山口県における辛子明太子発祥の地だったとは、お恥ずかしながらこれが初耳...。

より良い海の幸を永遠に産み出せることを祈って...。

タグキーワード
2015-05-22 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます