戸田恵梨香 かわいい CM サントリー金麦 糖質75%オフ - けものみちをあるく

自由形式

戸田恵梨香 かわいい CM サントリー金麦 糖質75%オフ










戸田恵梨香 かわいい CM サントリー金麦 糖質75%オフ

近所の仲間との暑気払いの待ち遠しい今日この頃のこと....。

手始めに購入した【サントリー 金麦 糖質75%off (350mlX24本)X(1ケース)】、なかなかの味わいだった。

人工甘味料や香料は使用せず、天然水仕込みと、すっきりとした自然な麦の美味しさと香りの楽しめる麦芽(旨味麦芽 -RICH MALT-)・ポップ・糖類・食物繊維・小麦スピリッツの5種類のみ。

"糖質70%off"の頃と変わらない喉ごしなのは、嬉しいや。


ただ、組み合わせに悩まされてしまうから、相変わらずお恥ずかしいもので...。

【サントリー 金麦 糖質75%off (500mlX24本)X(1ケース)】もあるし、より多くしたいなら【サントリー 金麦 糖質75%off (350mlX24本)X(2ケース)】や【サントリー 金麦 糖質75%off (500mlX24本)X(2ケース)】もある。

それでも、贅沢がしたくなったら、「金麦リッチモルト」と「金麦糖質75%OFF」と「金麦クリアラベル」のセットである【選べる金麦3ケースセット サントリー 金麦 350ml (3種よりどり3ケース)】を加えてみるのもあるし...。


気になってしまうのは、夏の訪れも理由の一つだけど、やはり『サントリー 金麦』のCMに出演する戸田恵梨香の可愛らしさが...。

大滝詠一の「君は天然色」をテーマソングとして流れている清々しさとともに、年々増す大人の可愛さ、ますます目が離せない。



あの2012(平成24)年9月から放送のCM『サントリー 金麦』への出演、"糖質70%off"を前面に出した「はじめまして」篇から始まって...。

かねてから謳われている肥満による弊害を払拭したい一環(?)あってのことなのか、「糖質オフ、はじめました」の言葉は、ある意味斬新だった。

続く同年9月から放送の「おしらせ」篇では、糖質オフながらも、麦のおいしさと香りを堪能できる味わいを、改めて強調するまでに...。


2013(平成25)年2月から放送の「うまいか、おいしいか」篇と同年5月から放送の「どっちかです」篇と同年9月から放送の「どうして」篇では、"うまい"でも"おいしい"でも、忘れられない味わいを強調。


そして、この度の"糖質75%off"のCM...。

2014(平成26)年6月から放送の「糖質75%オフ」篇、2015(平成27)年に入って1月から放送の「糖質75%オフ再び」篇、5月から放送の「わたしはやっぱり75!」篇へ...。

仕事や遊びを通して、"75"を強調する描写、なかなかのもの。


一連のCMを観た後とあって、夏の暑さを見越しての衝動買いで、少しずつ味わってみたところ、たしかに"ちょうどいい"や。

糖質が70%オフでも75%オフでも...。

味わいを楽しみながらのダイエットの効果が、ますます高まる???


いずれにせよ、清々しい夏が過ごせることに、変わりはないだろうなあ。



戸田恵梨香。

1988年(昭和63)8月17日生まれの兵庫県神戸市灘区出身。

家族構成は、少林寺拳法の道場を開いていた父と母、6歳年上の兄と6歳年下の妹による、5人家族。


少林寺拳法初段を特技に、ジム通いやジャズダンスならではの身体の柔らかさを元に、ピアノや書道、菓子づくりや料理など、趣味を広げて...。


並行して小学生の頃から芸能活動を開始することになって、テレビ初出演は2000(平成12)年10月より放送の大石静香脚本のNHK朝ドラ『オードリー』第3回、演じるはヒロイン・オードリーこと佐々木 美月(岡本綾)の育ての母・吉岡滝乃(大竹しのぶ)の少女時代。

中学卒業を機に、関西の芸能事務所・グレースから、当時人気の高かったアイドル・広末涼子や元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の紺野まひるの所属する芸能事務所・フラームに招聘されてそのまま上京。

当初は低音の声そのものに劣等感のあったものの、2005(平成17)年4月18日月曜日放送のフジテレビ月9ドラマ『エンジン』で、児童養護施設「風の丘ホーム」入所児童・樋田春海を演じた時、共演した主人公・神崎次郎を演じる木村拓哉から自分自身の声として大切にするよう励まされたことが大きかったのかなあ、以後は幼少以来の可憐さと低音の声とともに、ドラマや映画で独特の存在感を放つまでになったものの...。


失礼ながら事情あって一時的にやつれてしまったことで、鳴りを潜めつつある印象の強まってしまって..。


それでも、NHKテレビ初主演作品である2013(平成25)年1月8日火曜日より放送のNHKよる★ドラ『書店員ミチルの身の上話』で演じた主人公・古川ミチルを通して「芝居ではないような芝居」を通して、大石静から絶賛されたことも功を奏したからか、再び上向きになっていったかのようで、ますます目が離せなくなってしまった。

同年2月から放送の「うまいか、おいしいか」篇と同年5月から放送の「どっちかです」篇と同年9月から放送の「どうして」篇とともに...。



これからも、ますます飛躍していくんだろうなあ。

タグキーワード
2015-06-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。