花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第34回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第34回








花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第34回

8月23日日曜日の放送をもって、長州藩の起死回生となる戦の前夜における人間模様が...。


長州藩は、再び周防山口の山口城に拠点を移し終えることになって...。

美和(井上真央)は銀姫(田中麗奈)の嫡男・興丸の守役として尽くす、充実した日々にあった。

銀姫には、毛利元徳(三浦貴大)と夫婦になって8年目に授かった子である興丸との入浴が、一番の楽しみ。

奥においては前例のないこととして、都美姫(松坂慶子)と園山(銀粉蝶)は眉をひそめるばかり。 しかし、銀姫は意に介さなかった。

しかし、銀姫はその反面、幕府と長州藩との全面的な戦の予感の強まりとともに、今後の不安も強まるばかり。

見かねた美和は、銀姫を励ました。

子をしっかりと守って育て上げることが、御家と藩全体の安泰につながることを。

そして、亡き兄・松陰の教えである「男を育てるのは女(母・家内・想い人)」について、語って聞かせることに...。


一方、大宰府に足を踏み入れた小田村伊之助(大沢たかお)は、土佐脱藩浪人が世話する三条実美(上杉祥三)はじめ五卿の元へ出向くなり、今後の長州藩の立ち位置とあり方を、切々と訴える。

しかし、時勢の読み込めない五卿には、理解のほど遠いものでしかなかった。

伊之助は落胆。 悶々としたまま宿へたどり着いたところ、先の土佐脱藩浪人の仲間でもある坂本龍馬(伊原剛志)が待ち構えていた。

しかも、初対面早々より、龍馬は薩摩藩と長州藩との同盟の画策を、伊之助に提案。 伊之助は仰天ともに言葉を失うだけだった。

すでに、西郷吉之助(宅間孝行)の護衛役である薩摩藩士・大山格之助(のちの綱良)と話を付けたばかりの龍馬は、切々と訴える。 力のある雄藩としての薩摩藩と長州藩が手を組んでこそ、異国の列強の餌食にされることなく、日本を強い国にできる、と。

伊之助は亡き松陰のやりそうなことと苦笑するしかなかった。 藩主・毛利敬親(北大路欣也)・元徳親子に話を付けることを、龍馬に約束する。

伊之助と龍馬はともに下関へ。 到着早々より、吉之助と桂小五郎(東山紀之)を引き合わせる。

小五郎も龍馬の提案に仰天しつつも同意。 それでも、薩摩藩とのこれまでのいきさつから、無理な話として懸念いっぱいであることに、変わりはなかった。

山口城に戻って早々に対面した美和も、同じ気持ちだった。 夫はじめ多くの大切な人たちの非業な死は何だったのかと、伊之助はただ詰め寄られるだけだった。

ほどなく御前会議が開かれるも、伊之助は相変わらず孤立無援のまま。 それでも、自説を曲げることはなかった。


幕府からの圧力がより強まって、誰もが葛藤を深めつつある中でのこと、逃亡中の椋梨藤太(内藤剛志)が捕縛、野山獄へ檻送された。

伊之助は、即座に藤太の斬首を言い渡して実行。 すぐに美和と対面するなり、長州藩存続のために非情な決断でことにあたる覚悟を伝えた。

すべては、亡き松陰と久坂玄瑞の念願である、幕府を倒して異国に負けない強い日本をつくるため、として...。


ほぼ同じくして、幕府から長州藩へ、敬親・元徳親子の蟄居と興丸への家督譲渡の命が...。

改めて開かれた御前会議にて、長州藩は薩摩藩との同盟を視野に入れ始めた。 できれば、戦の前に同盟締結の必要ありとして...。


1865(慶応元)年8月29日、美和の父・杉百合之助(長塚京三)が永眠。 享年61歳。

銀姫は美和を里へ帰らせようと心遣い。 しかし、美和はすでに父と別れを済ませたこと、一大事に離れられないことを理由に、銀姫と行動をともにする強い決意だった。


同年11月、幕府は長州征討令を下した。

高杉晋作(高良健吾)は海軍総督として、奇兵隊はじめ諸隊とともに戦支度へ。

伊之助は、いわゆる"薩長同盟"の実現に向けて方々へ奔走の日々。

奥では、都美姫を中心に女中たちを集めて、薙刀の稽古に入った。

誰もが決死の覚悟で、幕府に立ち向かおうとしていた。



いわゆる嵐の前の静けさを垣間見るかのような展開...。

この時の五卿は、大宰府にて京での復権を待ちわびて、鳴りを潜める日々...。


現代ならば、大宰府からの御加護と長州藩の底力を信じて、しっかりと噛みしめているのかもしれないや。

大宰府参宮鉛筆ほか応援グッズ付の【うかる合格米 平成26年新潟県産コシヒカリ白米 5kg】と、大宰府・筑紫野地方にのみに伝わる梅エキス【梅雲丹 液状エキス(43mlX6本入り)】からは、御利益を...。

山口県萩沖の激しい潮流で育った【萩の瀬つきあじ開き 6枚入】と、山口市秋穂の前浜で獲れた【秋穂名物 乾しえび 125g】からは、底力を...。

いずれも忘れられない味わい深さ。


とにかく、これからの長州藩に目が離せなくなってきた。

タグキーワード
2015-06-18 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます