居酒屋ぼったくり 秋川滝美 アルファポリス 星雲社 感想 2 3 - けものみちをあるく

自由形式

居酒屋ぼったくり 秋川滝美 アルファポリス 星雲社 感想 2 3




居酒屋ぼったくり 秋川滝美 アルファポリス 星雲社 感想 2 3

毎年恒例になりつつある猛暑の到来とあって、食が細くなりがちになってしまったのかなあ。

思い切って、先月末より2冊購入してみて...。


前年2014(平成26)年10月発売の第2弾『居酒屋ぼったくり 2』は、この度購入することになったきっかけとなる1冊。

季節柄なすとトマトが恋しくなったんだろうなあ。

同年5月7日水曜日発売の第1弾『居酒屋ぼったくり』(アクアポリス・星雲社)以来、約1年2ヶ月ぶりに読むことになっても、「旨い酒と美味い飯、そして優しい人がここにいる。」の謳い文句に込められた想いは変わらなくて、ありがたかった。

そして、より一歩進んだ状況を楽しんで読めたし...。

もちろん、作中にあった、なすとトマトのグラタンはもちろんのこと、山芋ステーキ、とろろステーキ、それぞれつくってみたところ、なかなかの美味しさだった。

ただ、できあがりが若干劣ってしまったかなあ。


勢い余って、もう1冊購入することになった、2月26日木曜日発売の第3弾『居酒屋ぼったくり 3』には、お品書きに恵方巻きの記されているように、季節は節分の話。

ただ、より人情により深い比重が置かれてしまったのが、つい気になってしまった。

もし、第4弾の発売があるならば、すぐにでも食べたくなるような料理・酒の描写がほしいところかなあ。

いずれにせよ、第3弾に掲載されていた、恵方巻ばかりじゃない。 牡蠣のベーコン巻、芋煮、ロールキャベツなどなど...。

料理に合いそうな酒もたくさん出てくるし、どれも飲んでみたいものばかりで困ったものだから、旬の時期の到来の折に、仲間を集めたパーティーにおける楽しみとして、とっておくか...。



なお余談ながら、あの2009(平成21)年10月からMBS・TBS系列で小林薫主演でテレビドラマ化され、2011(平成23)年10月から続編が放送された『深夜食堂』のような作風に近いかなあ。

しかしながら、それはほんのわずかで、ハードボイルドとは全くの無縁。

すなわち、この御時世においては珍しい義理人情と温かい人々のふれあいの描かれた短編連作小説という構成。


『深夜食堂』も『居酒屋ぼったくり』も、いつまでも続いてほしいもの。


そのうちコラボが実現できたりして???

居酒屋ぼったくり 秋川滝美 アルファポリス 星雲社 感想カテゴリの最新記事
2015-07-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます