花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第36回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第36回
















花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第36回

9月6日日曜日の放送にて、いよいよ来たるべき時が...。

そう、あの激動の展開が...。


1822(慶応2)年の四境戦争にて、高杉晋作(高良健吾)率いる奇兵隊はじめ諸隊で構成される長州藩が幕府軍を撃破して久しく...。

不運にも晋作はすでに労咳を患っており、病状は日増しに悪化してゆく一方...。


心配な美和(井上真央)と晋作の妻・雅(黒島結菜)は、晋作の養生する下関へ出向いた。

美和と晋作と雅は、これまでの思うことを語り合った。

しかしながら、その安らぎも束の間、亡き夫・久坂玄瑞(東出昌大)と京の芸妓・辰路(鈴木杏)との子が京にて生きていると聞かされた美和は、複雑な心境に。


やがて、京における動乱が激化の方向へ。

美和は意を決して亡き玄瑞の子に向き合おうと、京に向かって出立した。


それから時は流れて...。


1867(慶応3)年4月14日、高杉晋作は静かに息を引き取った。

辞世に込めた「おもしろき こともなき世に おもしろく」することを生きがいとしたまま...。

享年27歳。



心から末永く望まれる人材ほど、先立たれてしまうのは、悲しいこと...。

もし、これが運命でないと断言できるならば、いかなる例えがふさわしいのか...。

不謹慎ながら、しばしば考えさせられてしまう。


もしも、生き永らえて明治新政府の要職に就いていたら、どれだけ世の中の流れが変化していただろうかと、想像せずにはいられないや。


改めて、2009(平成21)年12月発売の『月刊高杉晋作 総集編 山口の歴史シリーズ』(ザメディアジョン・エデュケーショナル)を、読み直してみたくなった。

絶体絶命の状況下ながらも、機を見るに敏、縦横無尽の行動で、明治維新を加速させた男の姿を...。


折しも、11月上旬には学園祭の時期...。

『花燃ゆ』で高良健吾演じた高杉晋作に惹かれた"歴女"は多かっただろうから、【幕末Rock風 高杉晋作 コスチューム変装】を身にまとって楽しむのかも???

もちろん男性は【幕末攘夷志士Tシャツ 高杉晋作】を身に着けて...。


この回の終了をもって、永山酒造の【純米無濾過原酒 晋作720ml】で献杯だ....。


現在の山口県下関市卸新町にある老舗「江戸金」にある、坂本龍馬や高杉晋作も食べていたとされる「亀の甲煎餅」とともに...。

【江戸金 文久二年 亀の甲煎餅 36枚入】

【江戸金 文久二年 亀の甲煎餅 30枚入】

【江戸金 文久二年 亀の甲煎餅 24枚入】

【江戸金 文久二年 亀の甲煎餅 18枚入】

お恥ずかしながら、相変わらずどれだけ必要か迷ってしまう。

タグキーワード
2015-07-07 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます