花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第41回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第41回








花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第41回

かの明治維新以来、新政府は未だに主導権を握った薩長土肥それぞれの思惑に揺れつつも、試行錯誤かつ暗中模索の日々の連続。

10月11日日曜日の放送では、国力増強の一環としての生糸の主幹産業への実現計画が...。


はじまりは、ここ最近の山口県での評判を耳にした木戸孝允(東山紀之)が、農作業にいそしむ素彦(大沢たかお)を訪ねて来たことから。

木戸からの富岡製糸場のある群馬県令としての就任依頼に、素彦はようやく民からの心をつかみ始めた矢先だけに内心困惑。

しかし、それでも国の遠い将来へ想いを馳せる木戸の熱意に触れたことに、素彦は受諾を決意する。


その頃の美和(井上真央)は、事情あって秀次郎(五十嵐陽向)を実母・辰路(鈴木杏)の元へ返して以来、半ば空虚な気持ちに...。

そこへ、健康上の不安を抱える姉・寿(優香)から、群馬県令となる夫・素彦を支えるために同行してほしいと頼まれることになって...。



いよいよ舞台は、山口県から群馬県へ移ることになるのか...。

そして、あの富岡製糸場がいよいよ...。


2014(平成26)年6月21日土曜日に世界文化遺産に登録。

改めて注目されるようになって...。


ドラマとして描かれるのは、これが初めてなのかもしれないや。


しっかりと目を通してみようっと。

日本で最初の本格的製糸工場としてのありのままの記された、2014(平成26)年8月発売の『世界遺産富岡製糸場と絹産業遺産群建築ガイド』(富岡製糸場世界遺産伝道師協会/上毛新聞社)。

長州萩の出身で松下村塾を支え幕末維新の志士を経て初代群馬県令をつとめた、小田村伊之助のちの楫取素彦の清廉潔白な人生の記された、同年12月発売の『松陰の妹二人を愛した名県令・楫取素彦 松下村塾を支え富岡製糸場を救った群馬の恩人』(大野富次/日刊工業新聞社)。

これから始まるんだなあ。


そして、最後までじっくりと観ようっと。

【世界遺産 富岡製糸場 塩バターラスク 24枚入り】と【富岡製糸場チーズケーキ 8個X2箱セット】を、じっくりと味わいながら...。

タグキーワード
2015-09-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます