西尾維新 掟上今日子の遺言書 忘却探偵シリーズ 第4弾 感想 - けものみちをあるく

自由形式

西尾維新 掟上今日子の遺言書 忘却探偵シリーズ 第4弾 感想




西尾維新 掟上今日子の遺言書 忘却探偵シリーズ 第4弾 感想

いわゆるシリーズ第4弾の発売は、発売日は10月6日火曜日。


もちろん、10月10日土曜日放送開始の日本テレビ土曜ドラマ『掟上今日子の備忘録』の盛り上がりを予感させる直前の発売とあって、すぐに購入することになって...。


さすがに、繰り返し読んでしまった。


本放送での岡田将生演じる不運の嘆きっぷり、なかなかのハマリ役。 すなわち、生来の冤罪体質の25歳の青年・隠館厄介の一連の動向から、目が離せなかった。

この度遭遇するは、中学生のビルからの飛び降り自殺未遂事件。

現場には少女が書いたとされる遺書が残されていて...。

マンガからの影響を事件の動機としての謎解きの進み具合、やはりこじんまりとしたもの。

それでも、何人かの人生に大きな影響を与える展開としては、よくよく考えるとちょっと重い話。

それでも、ヒロインである忘却探偵・掟上今日子による、推理のためとして、いろんなものを切り捨てたような行動力。 なかなかの爽快感があって何よりだった。


蛇足ながら、作中で厄介が最後の最後に次回の告知してくれるのが、本作の謎解きの一環として、なかなか凝っていて、面白かった。


発売から約2ヶ月後のシリーズ第5弾、待ちきれなくなってきた。

タグキーワード
2015-10-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます