花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第46回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第46回












花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第46回

11月15日日曜日は早々より波乱の展開が...。


久米次郎(市川理矩)の家出騒動が解決して安堵するも間もなく、素彦(大沢たかお)主導により建設を進めていた生糸の共同揚返場が、何者かに放火されたという知らせが、群馬県庁を賑わせていて...。

悪いことには、素彦の事件当時不在の折に、美和(井上真央)と宿泊していたことが勧業課長・阿久沢権蔵(江守徹)をはじめとする一派から強く槍玉にあげられたため、素彦への不信感は強まることに。

素彦の推進する養蚕農家の組合設立や生糸共同揚返場建設は、すべて白紙撤回となり、責任を痛感した美和は、単身で前橋を去ろうとする。


そこへ、かつて萩の二条窪で素彦と懇意にしていた中原復亮(堀井新太)が、唐突に訪ねて来て...。

美和は当惑しつつも農業拡大に関する具体化の構想を打ち明けられたことに感動。 群馬で農業改革に取り組んでいる船津伝次平(石原良純)を紹介する。


折しも明治政府では、西南戦争での国事犯を各府県にて労役に就かせることが正式に決定。

群馬県にも87名の囚人が護送されることになった。

素彦は周囲からの逆風に直面しつつも、囚人たちを単に労役させるのではなく、技量を身に着けて、刑期の明けた後でも生活できるようにしたいと提案する。

そこへ、幸いにも再び群馬に戻ってきた復亮は、素彦を助けたいと、群馬県の職員となった。 着任早々より工藤長次郎(尾上寛之)とともに、囚人の受け入れ先を探して回る。

さすがに受け入れ先の確保は難儀することの連続。 それでも、美和とせい(三田佳子)の陰ながらの助力あって、養蚕農家が次々と協力を申し出てくれることになった。



後年に「明治の三老農」の一人として評価されることになる篤農家・船津伝次平の強い想い...。

いよいよ浸透し始めることになるのか...。


やがてそれは、長きにわたる歳月と紆余曲折を経て、いろいろと活かされることになるんだろうなあ。



前橋市朝日町の『マニハ食品』の【マルチ惣菜 しめじごま和え 1000g】は、シコシコ食感のしめじに、セリとマヨネーズで和え、ごまの風味をきかせていて...。

マイルドな味わいと風味が楽しめるし、おつまみ、おかず、夕食の一品...。


1850(嘉永3)年創業より代々続いての伝統の味わいが好評の、現在の前橋市東片貝の『オヲツヤ』にて...。

【赤えんどう豆 150g】には、豆類で食物繊維の一番多い赤えんどう豆を活かした食べ方もいろいろとあって、茹でる手間もいらないから、ありがたいもの。

【寒天120gと黒みつ40g、赤えんどう豆40gの3点セット 豆かん(1食200g) 個包装3個】と【伝統の味 みつまめ(240g) 36個入り】には、天草と黒みつと赤えんどう豆の自然素材を活かした寒天のしっかりした歯ごたえと、赤えんどう豆の多さが...。

【くずきり(150g) 10個入り】と【くずきり(150g) 30個入り】は、"くず粉"と"寒天"と"こんにゃく"でつくった「くずきり」。 低カロリーながらもボリュームの多さとあって、ダイエット中の間食にふさわしいし、なめらかな食感が肌の疲労の回復にも役立ってくれるし...。


自然素材によるじっくりと味わい、永遠のものであってほしいなあ。

タグキーワード
2015-10-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます