花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第48回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第48回









絹子のトマトジュース3本セット

絹子のトマトジュース3本セット
価格:4,000円(税込、送料別)




花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第48回

11月29日日曜日の放送で、群馬県が基幹となるものを確立できるかどうかの瀬戸際に...。


これからを強く生き抜くためにと美和(井上真央)の設けたささやかな学び舎には、噂を耳にして学びたいとやってくる地元の母と女工たちが、着実に増えつつあるあった。

そんなある日のこと、辰路(鈴木杏)が玄瑞(東出昌大)の忘れ形見・秀次郎とともに、美和を訪ねて来た。 秀次郎が正式に久坂家を継ぐことになったとの報告により、これまでのわだかまりを解消することになった美和と辰路は感無量に...。

学び舎での楽しさの高まりとともに、美和は女子教育により熱心になってきて、群馬に女児学校をつくるために動き始めた。


その矢先の高まりを打ち砕くかのように、富岡製糸場の閉鎖決定の知らせが...。


いかに赤字続きであれ、ニューヨーク生糸仲買商・リチャードソンから大量の注文が入って、これから好転となる予感の強い素彦(大沢たかお)は釈然としなかった。

早速上京するなり、亡き西郷隆盛(宅間孝行)の弟・従道と面談、存続を嘆願してゆく。



物語もいよいよ大詰め...。


もしもここで、楫取素彦の尽力がなかったら、現在の群馬県富岡市富岡の『世界遺産・富岡製糸場』は存在することのなかったと言っても、過言じゃない。


もう一度、一通り振り返ってみたくなった。

2009(平成21)年12月発売の『国際ビジネスマンの誕生 日米経済関係の開拓者』(阪田安雄/東京堂出版)では、草創期の日米貿易を支えたパイオニアたちの群像を...。

2014(平成26)年7月発売の『絹の国を創った人々 日本近代化の原点・富岡製糸場』(志村和次郎/上毛新聞社)では、生糸や蚕種の輸出や養蚕技術の向上策など、日本版産業革命の推進力になった「絹の道への先駆け」ロマンを...。


加えて、改めてじっくりと味わってみたくなった。

1945(昭和20)年創業の『高田食堂』の【富岡製糸場 工女さんも愛したカレー 4箱セット(1箱 180gX2食入)】の小麦粉からの手づくりしている本格派のカレーの味わいを...。

『ぶんぶんとまと』の【絹子のサルサソース(235gX2本セット)】の自家栽培された濃厚な味の完熟トマト、【絹子のトマトジュース(500mlX3本セット)】の生食用の樹で完熟させたトマト、【さくら茶入りお試しセット 和風調味料3点セット(下仁田葱味噌125g・おかず生姜125g・さくら茶50g)】の"さくら"による縁起担ぎを...。


群馬県富岡市富岡のこれからに幸あれ!

タグキーワード
2015-10-27 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます