花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第49回 - けものみちをあるく

自由形式

花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第49回












花燃ゆ NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第49回

12月6日日曜日の放送で、いよいよ....。


司法省に努める久米次郎(市川理矩)が、出張の帰りに群馬県庁に務める父・素彦(大沢たかお)を訪ねて来た。

亡き寿(優香)からの願いに関して質されることになった素彦は、内心当惑しつつも回答の保留を、久米次郎に願い出るだけで...。

亡くなる前の寿は「私が死んだあとは美和を妻に迎えて下さい」と言う手紙を素彦宛に残しており、素彦はその手紙を何度も読み返すものの、美和には美和の人生があるとして、書斎の引き出しにしまったままだった。


久米次郎の訪問で思い直すことになった素彦は、翌日に美和が教えている学び舎を訪れて告白する。

「妻になってくれぬか?」

しかし、驚いた美和は、何も言わずに萩へ帰郷してしまった。


久しぶりに再会することになった幼馴染のふさ(小島藤子)やすみ(宮ア香蓮)とおしゃべりしながら過ごす美和だったが、ふとした拍子に素彦を思い出してしまって...。

意を決した美和は、母・滝(檀ふみ)に相談。 再婚を勧められたことで、群馬へと戻ってゆく。

美和は、これまでの自身の気持ちにケジメをつけようと、それまで大切にしていた亡き夫・玄瑞(東出昌大)からの手紙を燃やそうとする。

しかし、素彦が止めに入って「手紙は大切に持っていれば良い」と諭してくれて、互いに心を通わせることになった。


1883(明治16)年、二人は皆に祝福されて、晴れて夫婦になった。


時は流れて、日本政府は西洋諸国に文明国であることを示すため、「鹿鳴館」を完成。

その鹿鳴館に、毛利元徳(三浦貴大)が美和改め美和子と素彦を招待することに。

国立銀行だけでは前橋への鉄道建設費用の融資は厳しいので、伊藤博文(劇団ひとり)や山縣有朋(永岡佑)らに力になってもらるよう、話をしてみてはどうかとのことだった。

東京では、久しぶりに都美姫改め毛利都美子(松坂慶子)や安子(田中麗奈)とも再会。 美和子も安子が用意してくれたドレスに身を包み、鹿鳴館での夜会に出席することになった。



ありとあらゆる長きにわたる道のりを経て、いよいよ美和子と素彦が、晴れの舞台「鹿鳴館」へ...。

婚礼の祝いも兼ねた夜会か...。

これまでを噛みしめながら、しっかりと見届けようかな。


2009(平成21)年12月発売の『国際ビジネスマンの誕生 日米経済関係の開拓者』(阪田安雄/吉川弘文館)での、男性の政治外交面における勇猛果敢さ...。

この年10月2日金曜日発売の『幕末・明治を生きた女性たち 鹿鳴館の華から経営者・芸術家まで新時代を創ったヒロインたち』(洋泉社)での、実業界や教育での活躍、医師や弁護士、女優や作家としての先駆者となる女性の姿...。

それぞれに目を通すことは、もちろんのこと...。


【鹿鳴館 アソート (16種類・48個入り) (16種類・24個入り)】の繊細な果実の味の凝縮されたフルーツグミ...。

【鹿鳴館 フルーツゼリー&チョコレート (中) (小)】の食物繊維と香りの高さの詰め合わせ...。

じっくりと味わってみたいなあ。

タグキーワード
2015-10-28 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます