真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回







3種くるみセット(味を選べます)40g×3袋

3種くるみセット(味を選べます)40g×3袋
価格:1,000円(税込、送料込)



真田の郷 長槍ベーコンセット

真田の郷 長槍ベーコンセット
価格:5,637円(税込、送料込)








真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第11回

3月20日日曜日に放送。


サブタイトル「祝言」...。

とはいうものの...。


思いもかけない展開が...。


正信(近藤正臣)からの進言あって、昌幸(草刈正雄)暗殺を企てる家康(内野聖陽)は、昌幸を秘かに敵視する室賀正武(西村雅彦)を召喚。

家康は、正武のこれまでの働きぶりを労うとともに、徐々に昌幸の話題へ。 海士淵の城を預かるのは昌幸だけで、ほかの国衆と協調する気のないと煽り立てる。

正武は少しずつ怒りの表情へ。 察するなりそのまま後にした家康の代わりを引き継いだ正信(近藤正臣)は、昌幸の長男・信幸(大泉洋)が新たな当主になった話、すなわち昌幸暗殺実行後の真田家の行く末を聞きたいとのほのめかしてゆく。

正武は苦悩の表情のまま後にするしかなかった。 信尹(栗原英雄)の陰からの聞き耳を意識しないまま...。


信繁(堺雅人)は梅(黒木華)と夫婦になる決意を固めた。

しかし、両家の家格の差ゆえ、側室としての迎え入れ。 本来ながら、慣例により側室とは祝言を挙げないものだが、それでも信繁としてはあえて祝言を挙げる心積もりでいた。

ただ、父・昌幸と兄・信幸は承知でも、母・薫(高畑淳子)は不服との懸念が...。

そこで信繁は、三十郎(迫田孝也)と佐助(藤井隆)に協力を求めた上で、昌幸と信幸に梅を側室として迎え入れたいこと、すでに梅のお腹に子供がいることを伝える。

二人は喜び祝言の申し出を承諾する。

しかし、昌幸の喜びの中には人質の見込みが一人増えたことによる、新たなる策謀もあり得るという狡猾さを、信繁は知る由もなかった。


一方、家臣の高梨内記(中原丈雄)と娘・きり(長澤まさみ)には、寝耳に水の衝撃だった。

信繁はきりに惚れていると思っていただけに。 しかも、高梨家よりも家格の低い堀田家の娘・梅。

特にきりは、信繁の子を身ごもっていることに落胆。


一族の会した真田屋敷にて、信繁は、祖母・とり(草笛光子)、母・薫、そして信幸の妻・こう(長野里美)に、梅との祝言を申し出る。

案の定、以前より京から由緒ある家柄の姫の輿入れの心積もりの薫からは、猛反対。

いかに側室とはいえ、もし生まれてくる子が男子なら真田家の世継ぎとなるため、家格の低い梅の輿入れは、遠い将来における禍根の遠因となるゆえに...。

薫の出方をすでに読んでいた信繁は、すでに示し合せた三十郎と佐助を使って、百合や桔梗の贈りものとともに、南蛮渡来の香油を漂わせての使っての説得を試みる。

しかし、薫の容認の寸前、佐助のこぼした香油が天井から薫の首筋に垂れてしまい、小細工は露見。 あっ気なく失敗してしまった。

幸いにも、辛うじて信繁から相談を受けた昌幸が味方となって、正室には薫好みの相手をあてがえば良いとの説得、薫も渋々了承。 それでも、薫は祝言にだけは絶対出ないとの断言。 さすがの昌幸も勢いに押されて、ついつい祝言はしないとの約束を余儀なくされて...。

信幸が昌幸からの「祝言取りやめ」の伝言を伝えに、梅の元にいた信繁を訪ねて来た。

先の約束を反故にされ納得のいかない信繁だったが、梅から今宵の堀田家でのささやかな宴会を祝言の代わりとすればいいとの申し出。

信繁は納得。 堀田家にてささやかな宴会へ。


それから数日後、海士淵の築かれていた上田城が完成。これは以後の真田氏の拠点となった。

落成祝いには正武の姿もあった。 すでに正武が浜松城で家康と密談を交わしていたと信尹から知らされていた昌幸は、それとなく正武が浜松へ行った理由を信幸を使って探りを入れる。

だが、室賀は浜松など行ったこともないとシラをきり、動揺しながら去ってしまった。

昌幸と昌相は、正武の家康との内通を確信する。


後日、正武は再び浜松城を訪ねた。

さすがの正武も昌幸との幼馴染としての情の秘かな強まりからか、家康と正信に暗殺実行不可の旨を打ち明ける。

しかし、正信は室賀をおだて選りすぐりの者を供としてつけるとして暗殺実行を迫り、家康も頼りにしているとの甘言。 正武の動揺は深まるだけだった。


昌幸は、信幸・昌相・内記を集め、暗殺を企てる室賀を逆に仕留めて、ほかの国衆たちへの見せしめとする策謀を練り上げてゆく。

しかし、正武は本当に昌幸を暗殺する気なのかに関しては、誰もがより確信を得られないまま。

その真意を見極める場として、信繁と梅の祝言の利用を思いつく。

信幸は祝言を血で汚すのはかわいそうだと反発。 しかし、昌幸はすぐに祝言の案内状を出すよう内記に命じる。 ただし、この策謀は、信繁には内密にすることとした。

それを知る由もない信繁は、祝言が挙げられることで、無邪気な喜びいっぱいに。


祝言の案内状を受け取った正武は、徳川から派遣された暗殺者二人に、昌幸を討つ決意を告げる。


祝言の日。 薫は不貞寝。 きりはこうとともに梅の支度。

信繁が現われ、きりはいつものように茶々を入れ始めた。

それを不快に感じたからか、梅はきりと二人だけになったのを見計らい、あえて冷たくあたる。

梅からいまだに抱く信繁への想いを見透かされて、きりは動揺。怒りながらその場を去っていった。

信繁と梅のひそやかな祝言の儀式が終了。 そのまま大広間での酒宴が始まった。 ここに昌相、内記、信幸の姿はない。


昌幸は隣で酒を飲んでいた正武を囲碁に誘い、自分の部屋へと導いてゆく。

この時すでに供二人は昌相に殺されていたことなど知らない正武は、昌幸と囲碁の勝負をはじめ暗殺の機会を待つ。

すでに後方の部屋には信幸、隠れ部屋には昌相と内記が、それぞれ控えて様子を伺っていることを、知らないまま。


酒宴では、酔った作兵衛(藤本隆宏)が裸踊り。 信繁と梅は仲睦まじげ。


見ていられなくなったきりは、酒宴を抜け出して信幸のいる部屋の廊下へ座り込み。

信幸は慌てるが、大声を出すわけにはいかない。 きりの手をつかみ連れて行こうとしたその時だった。

暗殺を察した昌幸と正武との碁を打ちながらの淡々かつ緊迫した声が大きくなり、二人の耳に入った。

昌幸は上田城をもらうつもりなのかと正武に迫り、伴の者二人はすでに始末したことを告げる。

何もかもばれていた事を知り動揺する正武を尻目に、さらに昌幸は碁を打つと家来になるよう促す。

室賀は諦めの表情を見せ、懐から取り出した小刀を碁盤の上に置き観念。 しかし、それは表面のみで、昌幸の油断の隙に足元に隠していた小刃で昌幸を始末しようとする。

しかし、察しの早い昌相が隠れ部屋から正武の背中を刺し、続けて信幸と内記が斬りつけ、昌相が止めを刺すこととなった。

この間、昌幸は振り返ることなく碁盤を見つめるだけだった。

きりは、あまりの光景に呆然。それでも、すぐに我に返り、慌てて信繁のもとへ駆け出して引き連れて、その部屋へ戻ってきた。

信繁は無言で佇んだまま。 きりは泣きじゃくるだけ。

昌幸は暗殺を企てた正武がいては困ること、すでては真田家が大名になるためであることを、淡々と主張。

信繁は、昌幸の策謀により小県のまとまりを理解しており、祝言をぶち壊しにされた怒りはかった。

ただ、信繁としては、父の策謀を見抜けなかったことを悔しく思っていた。

梅のために怒り泣いたのは、きりだけであった。



軍勢同士のぶつかり合いによる戦...。

敵として強く察する中での密室における一対一の駆け引き...。

どちらも緊迫感の度合いは大きいものだろうけど...。


強いては、口から発する言葉だけでなく、目や表情からも強く直視させられる、密室における一対一の駆け引きの方が、いくらか上回っているのかもしれないや。

ましてや、張り巡らされる策謀を強く直視されるともなれば、なおさらのこと...。


2015(平成27)年11月16日月曜日発売の『The Story of SANADA 真田三代と真田丸のすべて』(小和田哲男/小学館)か...。


改めて目を通した上で、存分に堪能してみたくなった。


草刈正雄の想い入れの強い、かの『真田太平記』で昌幸を演じた名優・丹波哲郎が策を練る時のクルミを使うクセの継承にあやかって、長野県上田市塩川の『柳澤』の"味を選べる"【くるみセット】を...。

味噌、しそ、黒糖、きなこ、生姜、メイプル、キャラメルミルク、コーヒー、ココア、ブルーベリー、蕎麦、胡麻、から選べるのは、とても嬉しいや。


そして、後年の"長槍の名手"として、"日本一の兵(ひのもといちのつわもの)"として、語り継がれることになる、武将・真田幸村への想いを継承した『信州ハム』の【真田の郷 長槍ベーコンセット】も...。


さらに、手作りケーキの店『タルト』による、真田家の家紋の"六文銭"を象った【六文銭ロール】も...。


なお、真田家の家紋の"六文銭"とは、無事に成仏できるために、三途の川を渡るのに必要な渡し賃。

ことを起こすには、"六文銭"を手にするくらいの決死の覚悟をもって臨む。

その決死の覚悟の現れ...。

物語の進むにつれ、ますます考えさせられることになりそう。

タグキーワード
2016-02-05 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます