真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回

上杉謙信謎解き散歩 [ 花ケ前盛明 ]
価格:925円(税込、送料込)

































真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第12回

3月27日日曜日に放送。


サブタイトルの「人質」...。

魑魅魍魎とした戦国乱世となれば、真っ先に思い浮かぶ言葉の一つではあるものの...。

後年に実権を掌握することになった歴史上の人物にも、想い浮かんでしまうものだから、不思議なもの...。


命運を左右することになる鍵となるのは、一体?

常に考えさせられてしまうもので...。


徳川氏の刺客となった室賀正武(西村雅彦)を、昌幸(草刈正雄)は返り討ちにし、真田氏は信州小県を平定。

しかし、それは同時に、家康(内野聖陽)との長い戦の始まりを意味することを、この頃の真田家には強く実感するまでには至っていなかった。

その家康は、1584(天正12)年の"小牧・長久手の戦い"において羽柴秀吉(小日向文世)率いる軍勢を破り、その名を全国に轟かせていた。

しかし、真田氏との沼田領をめぐる争いには、まだ決着に至らないまま。 家康は真田氏が上杉と手を組むことを案じていた。


一方、家康と手を切りたい昌幸は、上杉景勝(遠藤憲一)に家中に加えてほしいとの書状を送るが拒否されてしまう。

諦めず再度手紙を送ったものの、景勝からは、信繁(堺雅人)を人質として差し出せという厳しい条件が...。

信繁は苦悩。 しかし、自身と梅との祝言の一件もあって、昌幸ととしばらく距離を置きたいとの考えから、人質になる事を承諾。

それに信繁は、昌幸と違い義を重んじる景勝という男が嫌いではなかった。

しかし、人質には当然ながら危険も伴う。 いつ戻れるかもわからないし、もし昌幸が再び背けば、今度こそ命が...。

後日、梅(黒木華)に良い子を産むことを願い、きり(長澤まさみ)に気遣いを託した信繁は、その場を後にした。

そして、供を任された三十郎(迫田孝也)から、生まれてくる子のためにも必ず生きて帰ろうとの勇気づけに押されて、景勝のいる春日山城を目指して出立する。


上田城では、残された梅をきり(長澤まさみ)が気遣う日々へ...。

ただ、何となく子を宿した気がしただけとの嘘を口にしなければ信繁はその気になれないとする、梅のしたたかさに、きりは唖然とさせられるだけだった。


春日山城に着いた信繁と三十郎は、やや長めの足止めへ。

景勝は身分の分け隔てなく民の訴えを聞くため、面会は先客から順ずることになっていたために。

この時は、村同士の揉めごとを訴える漁師の治兵衛と又吉が面会中。 何やら獲った魚をめぐり、北浜と南浜の漁師がいさかいを起こしているという。

そして信繁の番が...。 景勝はまず、信繁を人質に指名した理由を話し始める。

一つは、昌幸に息子を差し出す覚悟があるのかを試すため。 もう一つは、以前信繁が景勝に助けを求めた際に見せた自信あふれる顔が忘れられなかったため。

そして、人質とはいえ客人と同じように接することを約束。 先代・上杉謙信の位牌が置かれている仏間に案内し、謙信の教えを語る。

上杉家は「義」のある戦いしかしない。 敵の方から攻めてくれば立ち向かうが、私欲のためだけに他国を侵略することはしない。 国づくりの根幹は民の暮らしの安全を守ることと考えており、民の心をつかまずに国づくりはできない。

先の漁師からの相談に耳を傾けたのも、その一環でもあると、景勝は淡々としつつも切々と語ってゆく。

そして、沼田城をめぐる攻防で誰も死なせずに北条軍を追い払った信繁の行動は、上杉家の教えと同じだと高く評価した。

信繁は、義を忘れて私欲のためだけに生きると人はどうなるのかと景勝に尋ねた。

景勝は、天下を取りながらも家臣に裏切られて死んだ、織田信長(吉田鋼太郎)の無惨な最期を例に挙げる。

「死に様は生き方を映す鏡。おのれに恥じぬよう生きるのみじゃ」


景勝は信繁を高く評価。 しかし、上杉氏と真田氏の遺恨が解消されたわけではなかった。


昌幸の元には、景勝の家臣・直江兼続(村上新悟)から書状が届いていた。

そこには、沼田城を上杉氏に返すよう書いてあった。

上杉氏との関係はぜひ修復したいが、沼田城を返すわけにはいかない。 そもそも沼田城をめぐって北条氏と揉めたために上杉氏に助けを求めたとあって、もし沼田城を上杉氏に返してしまっては本末転倒に...。

この難問は信繁に託すことになった。

直江兼続が沼田城の返還を求めている事を知った信繁は、景勝に相談する。

しかし景勝は、知らなかった。 他国との交渉は兼続に任せており、この件も兼続の独断だった。

真田家の立場を慮った景勝は、兼続に掛け合うと約束してくれた。


ある日信繁は、漁師の治兵衛や又吉たちが役人と揉めているところに遭遇。 治兵衛たちが景勝に揉め事の相談をしてから3ヶ月経ったが、何も音沙汰がないらしい。

信繁は不思議に思うが、兼続によると、景勝は困っている者を見ると、力になるとまず約束してしまうらしい。

自分には民の話を聞いてあげることしかできないと肩を落とす景勝を気にかけて、信繁は尊敬の念のさらなる深まりを打ち明ける。

しかし、沼田城の一件をまだ兼続に話していないことには、あきれてしまった。

その後、信繁が兼続と対面。 沼田城を上杉氏に渡す意思のないことを申し出るも、真田氏とは手を結ばぬと一蹴されてしまった。


ある日、景勝と馬で浜に出た信繁は、神社の入り口で治兵衛と又吉が揉めているのを目撃する。

信繁が尋ねると、治兵衛たちは「鉄火起請(てっかきしょう)」によって揉めごとを収めるつもりらしい。

鉄火起請とは、戦国時代から江戸初期におこなわれていた神の判定を仰ぐ儀式。

赤くなるまで熱した鉄の棒を握り、指定の位置まで運べた方の主張が正しいとするらしく...。

真っ赤な鉄棒を前に、北浜の長・治兵衛は尻込み。 早く握るよう奉行の斉木が催促するが、治兵衛は動けない。

見かねた信繁が割って入るが、斉木は神の御心を承るにはこれが一番と言い譲らない。

ならばどちらが正しいか鉄火起請で決めるとして、信繁は斉木に鉄棒を握るよう促す。

さすがにこれには斉木も言葉を失った。

すぐさま信繁は、日替わりで漁をすれば良いのではと提案。 しかし、又吉からは、潮の良い日に獲り尽されたら次の日には何も獲れなくなるとの反対。

そこへ景勝から、潮の変わり目にて、すなわち満月が来る度に交代すれば偏りはあるまいとの主張。

治兵衛と又吉は納得して、一件落着となった。

景勝は、信繁の機転を高く評価。 信繁のような子が欲しかったと心から思う。


そのころ上田城では、梅が信繁の子を出産。

女の子で、すえと名付けられた。


上杉氏は真田氏と手を組むこととなった。

昌幸の元に届いた書状には、上杉氏が真田氏を守ること、上野の沼田・信州の小県を真田氏の領地と認める旨が記されていた。

早速昌幸は、手切れの書状を家康に送った。

昌幸の裏切りを知った家康は、鳥居元忠率いる徳川軍7,000人を、上田城に向かって進軍させる。

対する真田軍は2,000人。 景勝は、領内から戦える者をかき集め援軍を送ることに。

その中には、信繁と三十郎の姿もあった。



悲しいかな、つい想像してしまった。

国づくりの根幹は民の暮らしの安全を守ること、民の心をつかまずに国づくりはできない、との考え...。

どれだけ、現在のこの国の人たちの心に浸透しているものなのか...。

仮にその度合いが少なかったとしても、誰もが希望を見い出して生き抜いてゆくことが肝心要...。

生涯にわたる宿題になりそう...。


改めて、2013(平成25)年12月10日火曜日発売の『上杉謙信謎解き散歩』(花ケ前盛明/中経出版)で記されている歩みを、一通り振り返ってみるか...。

春日山城から川中島合戦、関東出陣、未完の大遠征までを...。


そして、目を通しつつも、味わってみようっと。

「土壌はお米の命」をモットーに稲作栽培に真剣に取り組む山田幸久氏直伝の【特別栽培米 新潟県上越市野尻産コシヒカリ 5kg/2kg】を...。

『くさのや』の6袋に小分けされた紅白が上質で、その後の贈答用にも便利な【27年度新潟産米丸餅36個入り】を...。

肉厚な香りいっぱいの【新潟県上越市産 無農薬・無化学肥料 しいたけ 原木栽培生椎茸 1kg】を...。

あの海藻類や魚介類の加工品 が極上の『西沢珍味販売』からは、【サクサクわかめ 210g】と【ねばる昆布 75gX2パック+25gパック】と【鮭とばハラス 160g】と【鮭スライス 100g】と【はぎの浜焼き 180g】と【焼かわはぎ 180g】を...。


越後へ、現在の新潟県上越市への、あらゆる想い、大切にしたいもの...。

上杉謙信謎解き散歩 [ 花ケ前盛明 ]
価格:925円(税込、送料込)




















タグキーワード
2016-02-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます