真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第13回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第13回



上田古地図帖 [ 尾崎行也 ]

上田古地図帖 [ 尾崎行也 ]
価格:3,240円(税込、送料込)











真田 合戦せんべい 12枚入り 3個セット

真田 合戦せんべい 12枚入り 3個セット
価格:4,297円(税込、送料込)




真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第13回

4月3日日曜日放送にて、後年の真田家の戦における人と人との駆け引きと緻密な戦略と敵への大がかりな翻弄を包括しての真骨頂ぶりの一端を、存分に焼き付けられそうな展開が...。


サブタイトル「決戦」...。

いかなる戦ぶりとなるのか、ますます気になってしまう。


真田氏が上杉氏と手を組み徳川氏を裏切った。

いよいよ徳川軍との決戦が間近に...。


兵力差は歴然...。

徳川家康(内野聖陽)の家臣・鳥居元忠率いる軍勢は7,000を超えるのに対して、真田軍は2,000余り。

しかも、頼みの綱である、上杉景勝(遠藤憲一)が送って来た援軍は、100名ほどの老人と子どもばかり。

それを知った信繁(堺雅人)と三十郎(迫田孝也)は、呆然と立ち尽くすも、景勝(遠藤憲一)が必死でかき集めた援軍だけに、決して死なせるわけにはいかないと決意を固め、上田城に急ぐ。


一方の家康は、この戦を甘く考える一方で、羽柴秀吉(小日向文世)の動向を警戒。 代わりに、本多忠勝(藤岡弘、)を浜松城にとどめ置いた。

その浜松城には、昌幸(草刈正雄)の弟・信尹(栗原英雄)が捉えられている。

家康は、信尹の才を買っており、昌幸の元へ返すつもりはない。

家康から託された忠勝は、このまま囚われているか、徳川氏の家来になるかの選択を、静かに信尹へ迫る。


鳥居元忠率いる徳川軍は、神川をはさみ上田城の向かいに陣を張った。

その鳥居元忠から上田城に書状が届く。

書状には、沼田城を明け渡せば兵を退くという旨が記されており、昌幸は返事を待たせて時を稼ぎ軍議を開く。

昌幸は集めた家臣の前で、まな板に乗せた餅を伸ばして、真正面から挑んでも勝ち目はないが、7,000の軍勢も、この餅のように細く長く伸ばしていけば、わずかな兵でも切り崩すことができると断言。

それでも、駒が足りないのが唯一の気がかりだった。

そこへ、信繁と三十郎が駆けつけてきたことで、昌幸は勝利を確信してゆく。

昌幸は、作兵衛(藤本隆宏)が率いる農兵たちを使い、城下町の大通りのあちこちに千鳥掛けの柵と無数の杭を設けさせた。

作戦はこうだ。

信繁の部隊が敵兵を城内へとおびきいれ、作兵衛の農兵部隊がそれを側面から叩く。

敵兵の混乱とともに大手門を開き、迷路のような二の丸に逃れてきた敵の軍勢に向けて、昌幸の率いる本隊が正面から迎撃。

そこへ信幸(大泉洋)の部隊が追い撃ちをかければ、徳川軍は総崩れとなるはず。

さらに出相(寺島進)が、神川の上流の堰を切って急流を復活させ、敵の退路を断つ。

昌幸は負ける気がしないと自信満々だ。


軍議を終え、信繁は愛娘・すえと初めての対面を果たし、とり(草笛光子)や薫(高畑淳子)といった家族との団欒へ。

しかし、梅(黒木華)は作兵衛たちの隠れ場所となっている寺に行っていたため逢えずじまい。


一方、軍議から寺に戻った作兵衛が信繁の帰還を教えると、梅は満面の笑みを浮かべ城へと走っていく。

その途中で、母とはぐれて泣く男の子と出くわした。

泣きながら頼まれた梅が、男の子の家に忘れてきてしまったというお守りを探し出すと、中には小銭が入っていて...。

何かを思いついた梅は、男の子のお守りを銀と交換してもらい、急ぎ上田城へ...。

しかし、信繁の姿はなく、梅に逢いに寺に向かったようだ。

梅はきり(長澤まさみ)にお守り袋を預け、信繁に渡すよう頼むと再び寺に戻ってゆく。


一方の寺にたどり着いた信繁も、再び城に戻ることに...。

結局、梅とは会えないまま、代わりにきりに預けていったお守りを懐に、夜討ちに備えるため兵を連れて河原へ向かうことになった。

梅からのお守りをあらためると、中には真田家の家紋である六文銭が入っていた。

三途の川の渡し賃だといわれる六文銭には「悔いのないように心置きなく戦え」という意味が込められており...。

信繁は静かに微笑んで、闘志を燃やしてゆく。


そして夜が明けた。

信繁も信幸も準備万端。

梅は作兵衛や堀田村の者たちと城下町の路地で待機していたが、胸が張ってきたと告げると、すえに授乳するために行ってしまった。

河原では作戦通り、敵を誘い込むよう信繁の歌が始まる。

六文銭をあしらった旗を振り、川向の徳川軍に聞こえるよう、朗々と『高砂』を歌い出して、挑発された徳川軍は行軍を開始し、川を渡ってくる。

世に言う"第一次上田合戦"の幕が切って落とされた。

川を渡りきった徳川軍が一団となって前進すると、信繁の合図によって銃兵たちが発砲し、その背後にいる兵士らが矢を放った。

鉄砲による応酬が一段落すると、信繁の軍勢は城下町に逃げ込こんだ。

大通りの入り口には千鳥掛け柵があり、奥には無数の杭が打たれている。

徳川軍は大手門を目指し、一気に駆け込んで来た。

そこを予定どおり作兵衛たちの隊が横から攻撃。 杭の隙間から槍を突き、石つぶてを投げる波状攻撃。

ひるまず突き進む徳川軍だが、杭が邪魔になり、隊列は5列縦隊から3列縦隊へと細く長くなっていった。

まるで伸ばした餅のように...。


上田城では授乳を済ませた梅が、再び戦に行こうとする。

きりは必死に止めるが梅は行ってしまう。

我が子のために戦うこと、戦嫌いでも親になれば話は別であること、そう静かに断言する梅の姿勢に、きりは声をかけられないまま...。


大手門の前まで来た徳川軍は、ついには2列縦隊にまで細くなって、ますます激しい戦闘が繰り広げられることに...。

信繁の合図で開門し、真田軍は二の丸に逃げ込んで、追いかける徳川軍もなだれ込む。

だが、二の丸はまるで迷路。 隊列は乱れに乱れた上、鉄砲や矢の攻撃は止まらない。

徳川軍は完全に混乱状態に陥っていた。

これまで順調に徳川軍を誘導してきた信繁だったが、二の丸から本丸に入る脇門のところで梅を見つけ、つい立ち止まってしまい...。

その隙に徳川兵に襲われそうになるが、三十郎に窮地を救われて...。

梅も脇門から現れた佐助(藤井隆)に救われ、本丸にて待機するのであった。


再び徳川軍との戦いに戻った信繁は、本丸へ通じる門まで徐々に退き、追い詰められたところでスッと横に移動。

その瞬間、本丸の門が開き、馬に乗った昌幸、内記(中原丈雄)、そして真田軍の本隊が現れ、一斉に徳川軍に襲い掛かった。

さらに土蔵の壁穴から銃兵が一斉射撃。 蔵の上からは町民たちが煮え湯や石つぶてを敵兵に浴びせて...。

徳川軍は退去するしかなかった。

しかし、城下町では信幸の軍勢が待ち受けており、必死で振り切り河原まで退散した徳川軍を待っていたのは、上流で水を堰き止めていた仕掛けを昌相が断ち切って、行きとは違う鉄砲水のような激流...。

徳川軍の兵の多くは激流に飲み込まれて溺死。

残った兵も真田軍に圧倒されたまま...。


それからほどなく、真田軍の勝ちどきが城下町に響いた。

こうして第一次上田合戦は、真田勢の大勝利で幕を閉じることに...。


しかし逃げ場を失った敵兵たちが、柵を壊して山へと逃げ込んでいた。

作兵衛の部隊が隠れ家としていた寺の周囲には、堀田村の人たちのおびただしい遺体が並んでいて...。

信繁が到着すると、遺体の山の近くに放心状態の作兵衛がいた。

互いの無事に安堵するも束の間、赤ん坊の泣き声が...。

信繁が振り返ると、泣いているのはすえ。 しかも、抱いているのは、梅ではなくきりだった。

きりとともに城の櫓にいた梅は、柵が壊されるのを見て、村人たちを心配して城を飛び出していたとのこと。

信繁たちは周囲を懸命に探すも、何度呼んでも返事はない。

そして、裏手から作兵衛の絶叫が聞こえてきた。

皆が駆けつけたところ、何と泥だらけで槍を持ったまま倒れている梅の姿が...。

信繁は梅を抱え起こすが、すでに息はなかった。


終焉となった"第一次上田合戦"にて、徳川軍の死者は1,300人余に上ったが、真田側の死者は50人に満たなかった。

きりは梅に、すえを育てることを涙ながらに誓うのであった。



この"第一次上田合戦"の顛末...。

勝ちどきと絶叫と嗚咽が激しく飛び交うするかのような、真田軍のありのままが...。


特に明確なのは、局地的な戦術だけでなく、大局的な戦略にも通じ、また内政手腕にも才能を発揮した昌幸の真骨頂ぶりが...。

それは、やがて信幸と信繁に引き継がれてゆくことになって...。


2014(平成26)年10月7日火曜日発売の『歴史群像デジタルアーカイブス <真田一族と戦国時代> 徳川勢を一蹴! 真田昌幸と第一次上田合戦』(大山格/学研パブリッシング)...。

2015(平成27)年2月12日木曜日発売の『上田古地図帖』(尾崎行也・佐々木清司/しなのき書房)...。

それぞれ改めて目を通すことはもちろん...。

【信州 上田城〜真田丸どーもくんセット〜】でのプラモデルづくりもふまえての、戦術面での立地状況に関して、いろいろと想いを馳せてみて...。


折しも、"端午の節句"すなわち"こどもの日"も真近。


【高岡鋳物 ケース入り戦国武将兜 真田幸村公(真田信繁) (コンパクトながら格調高いケース入り金属製兜飾り)】...。

【高岡鋳物 戦国武将兜 真田幸村公(真田信繁) (コンパクトながらどっしり飾れる金属製兜飾り)】...。

なじみの幼い甥っ子への贈りものとしては、遠い将来のためには、どちらがふさわしいのか、さすがに迷ってしまいそうだけど...。


日々の戦に備えるあらゆる人たちへの想いを馳せつつも、【信濃地鶏の美味だれがけ (1食)】や【真田 合戦せんべい 12枚入り 3個セット】を味わってみるのもいいし...。

中でも、儚くも逝ってしまった梅をはじめ懸命に生き抜く真田の郷の人たちへの精一杯の想いを馳せるには、【信州銘菓とち餅 ふるさとの味わい。 10個入り】が...。


じっくりと味わってみたいなあ。

いにしえの真田の郷からのあらゆる想いを受け継ぐ人たちへの祈りも込めながら...。

タグキーワード
2016-02-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます