真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回



















信州麦みそ 3kg(1kg×3個)長野県、松本市産

信州麦みそ 3kg(1kg×3個)長野県、松本市産
価格:3,672円(税込、送料別)








真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第14回

4月10日日曜日放送にて、再び西への出立...。

その行先は、サブタイトルである「大坂」...。


第一次上田合戦が終わり、信繁(堺雅人)は上杉景勝(遠藤憲一)のいる春日山城に戻った。

上杉景勝(遠藤憲一)は最愛の妻・梅(黒木華)を亡くした信繁を優しく労り、直江兼続(村上新悟)は信繁たちの勇猛果敢かつ巧妙な戦ぶりを称賛した。

しかし、信繁の心の傷が癒えることはなかった。


一方、戦に敗れた徳川家康(内野聖陽)は、再び真田との戦を見越しての駿府城の改修に専念の日々。

それを知った昌幸(草刈正雄)は、浜松城に囚われている弟・信尹(栗原英雄)に、家康の懐刀で家臣たちの頭目的存在である石川数正(伊藤正之)を調略するよう指示を出す。

信尹は見事調略に成功し、数正は羽柴秀吉(小日向文世)に寝返った。

徳川家の機密を知り尽くした数正の離反は、家康を不安のどん底にたたき落とし、秀吉からの攻撃の予測の不透明さから、家康は真田攻めを諦め撤退を余儀なくされる。


三十郎(迫田孝也)は、いまだ元気がない信繁に徳川氏の撤退を伝え、先に踏み出すべきだと励まし、真田家のため上杉家のため、今なにができるか考えようと提案。 そして、先へ進むことと、梅を忘れることは違うと、熱弁する。

信繁も頭では理解できても、心の整理はまだつかないままだった。


家康は、秀吉が攻めてくるのではないかと怯え、食事も喉を通らない状態の日々。

そんなある日、近畿・中部地方を大地震が襲った。

1586(天正13)年11月29日、世にいう"天正の大地震"だった。

最も被害が大きかったのは、秀吉の膝元の近畿地方。

すぐさま秀吉は復興に尽力することになり、家康との戦は立ち消えとなった。

安堵した家康は、捉えていた信尹を家臣として召し抱える決意をする。

数正の離反は信尹の仕業と見破った上での手腕の改めての評価からだった。

もちろん、仕官を装っての昌幸と裏で通じる恐れも承知の上だと語る家康をみて、信尹も首を縦に振る。


その頃、秀吉は大坂に巨大な城・大坂城を築き上げた。

信長の死の衝撃から、中国大返しとともに再起し、山崎の戦い、賤ヶ岳の戦いで柴田賤家を破り、小牧・長久手の戦いで家康と和睦。 今では関白の地位におさまり、天下人の座をほぼ手に入れるまで、4年の歳月だった。

さらなる盤石の地位を求める秀吉は、各地の大名に上洛を求めて忠誠を誓わせた。

だが、小田原の北条氏政(高嶋政伸)はこれを拒否。

家康も、真田氏との戦を口実に上洛を先延ばしにしたまま。


秀吉からの上洛要請は、上田城の昌幸にも届いており、大名でもない身の上になぜ上洛を求めるのか、釈然としないまま。 秀吉の意図が読めないうちは動くまいとの考えに...。

同じく上洛を求められた景勝は「挨拶をするだけで秀吉に降伏するわけではない」と虚勢を張るものの、実際には大坂行きが秀吉の軍門に下ることを意味するだけに葛藤。

それでも、秀吉に属すれば、徳川氏や北条氏もすぐには攻めて来れないはず。 国を立て直す時の稼げるとの算段に。

景勝は、上洛と信繁の大坂への随行を決断。

一方の昌幸は、信繁に秀吉の真意を探らせようと働きかける。

人の懐に飛び込むのが滅法上手ゆえ、秀吉も気に入ってくれるはずと信繁を静かに讃える昌幸を横目に、自分のみ蚊帳の外に置かれたように感じた信幸(大泉洋)は嫉妬心を抱きかける。


景勝一行が大坂に旅立つ日がやって来た。

出発の直前、信繁は城の庭にきり(長澤まさみ)がいる事に気づく。

上田城で梅の忘れ形見・すえの面倒を見ているはずだっただけに、信繁は呆気にとられたまま。

実は育児がうまくいかず、結局は梅の兄・作兵衛(藤本隆宏)が育てることになったとして、きりは信繁の世話をしたいと、一緒に大坂へ行くと言ってきかない。

二人の押し問答にあきれた景勝はきりの同行を許し、景勝一行は大坂へ出立することになった。


一行は、日本海に沿って進み、加賀に入った。

そこで彼らを出迎えたのは、秀吉の腹心・石田三成(山本耕史)だった。

そもそも今回の上洛は、三成の助言によるもの。

臣従を誓った者には大名としての立場を保証することとし、旧知の仲である兼続を通して、景勝に上洛を持ちかけたという。

加賀の峠近くの寺に景勝一行を案内し、盛大な宴でもてなすこととなった三成は、兼続と楽しそうに酒を酌み交わすが、景勝の表情は浮かないまま。

頃合いを見計らって信繁を庭へ誘った景勝は、口では義の為に生きると言っておきながら、やっていることは長いものに巻かれているだけの自分のようにはなるなと忠告する。 代わりにこの世に義があることを示して欲しいと託された信繁は、身の引き締まる思いに...。


京に入ると、三成は支度があると言い残して、一足先に大坂に戻った。

残された景勝一行は京に滞在し待つことに。

そして、三成の計らいで信繁は石川数正と対面へ。

数正は、家康に対して恩を仇で返したことを後悔していた。

それに対して信繁は、裏切ってしまったのだから仕方ないとして諭す。 先が読めないのは、みな同じであること、だから必死に生き抜いていること、それゆえ人を騙したり裏切ることもあるものの、それは善とか悪で計れるものではない、という信繁の胸の内に、数正は静かに感服する。

数正は、その後、秀吉の下で信濃松本10万石の大名となり、善政に尽力したという。


翌日、景勝たちは大坂城へ登城した。

ところが秀吉への謁見は、多忙のため翌日に延期されたという。

景勝と兼続は大坂城内に、信繁は城下の三成邸に滞在することとなり、きりには三成邸の納戸をあてがわれた。

その夜遅く、信繁が部屋で本を読んでいると、廊下の向こうがなにやら騒々しくなって...。

気になった信繁が出向くと、秀吉の重臣・加藤清正(新井浩文)が泥酔、三成にくだを巻いていた。

清正は、関白の偉大さを知らないとしつつ、殿と慕う秀吉には似合わないと納得できないらしく...。

続けて、かつて一緒に野山を駆け回ってた頃の秀吉を懐かしがり、目の前の信繁とその場にいない秀吉と三成に冷たく言い放ったまま、そのまま眠ってしまった。

信繁は、互いの境遇に想いを馳せてゆく。


翌日も、景勝たちは大坂城へ再度登城へ。

信繁のことは秀吉の耳に入れてないので会えないと言われ、信繁はひとり部屋に取り残される。

ひとりで退屈する信繁の前に、天真爛漫な若い娘が現れた。

のちに秀吉の側室となる茶々(竹内結子)だった。

茶々は、信繁に矢継ぎ早に話しかけると、秀吉が信繁に会いたがっていたと言い残して、足早に去っていく。

しばらくすると今度は秀吉の家臣・片桐且元(小林隆)が現れ、秀吉の元に案内すると伝えた。

三成からは、自分は秀吉に会えないと聞かされていただけに、信繁は驚き、そのまま導かれて...。

訳が解からず混乱する信繁の前に、ついに秀吉が姿を現した。

ところが秀吉は、屏風の裏側に隠れるという怪しい行動に出ることになって...。



"天正の大地震"か...。

なぜか秀吉と豊臣家の人間模様に関して、天下統一前後における地震との遭遇が、後年の天下の行く末を左右するまでになったという逸話または俗説の存在することを耳にしたのは、お恥ずかしながら、つい数年前のこと...。

それゆえに、2010(平成22)年1月15日金曜日発売の『秀吉を襲った大地震 地震考古学で戦国史を読む』(寒川旭/平凡社)は、たしかに奥が深いもので...。

改めて目を通してみるか...。


同じくらいに見逃せないのが、徳川家康の一番の懐刀だった石川数正の秀吉への寝返りに関して...。

その理由は、史実においては、いまだ謎のまま...。

しかも、出奔したのは、"天正の大地震"の3週間近く前の1585(天正13)年11月13日、...。

これまでの映画やテレビドラマでの数正を振り返るならば、たしかに秀吉に寝返った直後の描写はあっても、以後の生涯に関しては、失礼ながら、ほぼ皆無に近いような印象が...。

その印象が長く尾を引く中でのこと、信濃松本10万石の大名となって、権威と実戦に備えた雄大な松本城の築城、街道につないでの流通の掌握のための城下町建設、天守閣造営、といった政治基盤の整備に尽力したという史実を知ったのは、同じくお恥ずかしながら、つい数年前のこと...。


結果として、紆余曲折ありつつも、現代に至る長きにわたって大切にされ続けることとなった、長野県の城下町の一つである松本...。

石川数正の功績は静かに浸透していたんだなあ。


2014(平成26)年3月発売の『彦根城、松本城、犬山城を世界遺産に 日本の城・再発見』(五十嵐敬喜・岩槻邦男/ブックエンド)に、時折目を通してみたくなった。

城のつくりを詳しく知ることはもちろん、世界遺産登録の鍵となるのは何かを意識するためにも...。


傍ら、【日本の名城 スタンダード版 松本城 プラモデル】を、時折手掛けてみようかなあ。


『信州芽吹堂』の【くるみゆべし 14個入(X2箱セット)】は、香菓で胡桃の風味ともち米の食感の素朴な美味しさいっぱいに味わいつつも...。

そして、栗きんとんとクリームを餅生地で包んだ美味しさとともに冷凍可能の和菓子【栗きんとんクリーム大福 20個】を、いっぱいに味わいつつも...。


食事すなわちご馳走には、『味な安曇野』から、【信州 長野県 松本市産 健康米(レンゲ米+五穀米) 2kg(X3)】の、紫米・蕎麦米・黍・押麦・もち米の五穀米とレンゲ米を合わせた自然かつ健康思考の米が...。

加えて、【信州麦みそ 3kg(1kgX3個)】の、自然の力でじっくり熟成させた、麦特有のくせの少ないコクと甘みが...。


さらには、『ヤマサ』からの、並粉そば黒い藪そば(田舎そばとも呼ぶ)と真っ白い更科そばの中間どころの蕎麦である【安曇野から信州の 打ちたて! 生そば (10人前) (6人前) (4人前)】が...。


じっくりと食してもみたくなった。


このありがたみが永遠でありますように...。

タグキーワード
2016-02-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。