真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第17回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第17回




ミニフィッシュ 小袋(5g*40コ入)
価格:1080円(税込、送料別)












真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第17回


5月1日日曜日放送にて、いよいよ終盤での「再会」が...。


1586(天正14)年7月、豊臣秀吉(小日向文世)からの下知により、上洛に応じない真田昌幸(草刈正雄)征伐のため、徳川家康(内野聖陽)が甲府に出陣。

すぐさま知らせは信繁(堺雅人)の耳に入って、驚きのまま急ぎ秀吉の元へ駆け込み、戦の取りやめを申し出る。

しかしながら、秀吉は無情にも応じないままだった。


信繁はより苦悩を深めてゆくこととなったが、意外にも8月7日、突如秀吉による瀬戸際での調停を受けて真田攻めは中止、戦は回避された。

昌幸は、家康が上洛に応じられるよう恩を売る策の一環であることを強く直感。 両雄による翻弄に苦い思いをより強めてゆくことになって...。


一向に上洛の気配を見せない家康に業を煮やし、秀吉は妹・朝日姫を正室として岡崎城へ下したものの、状況は変わらず。 9月には大政所である母・なか(山田昌)を見舞いを兼ねた人質として岡崎城へ...。

さすがの家康も、ついに重い腰を上げて上洛に応じること。


秀吉からの命を受けた信繁は、とある対応を秘めて家康を待ち構える。



やはり家康を動かしたのは、"母の慈愛"か??? いや、現代に通じる何らかの貢物か???

つい想像してしまった。


ただ、戦国乱世の余韻の根強く残る時代ゆえ、慈愛や貢物で事なきを得るのは、幻想でしかない???


それでも、最終的には、国全体の安泰を願う気持ちに変わらず、ということと思いたいもので...。

あの戦国乱世真っ只中の幼少当時、駿河国の戦国大名で"海道の弓取り"こと今川義元の人質としての忍従の日々の心身刻まれた徳川家康だけに...。



好意的に受け止めるとするならば...。


なかの出生地とされる、尾張国愛知郡御器所村、現在の名古屋市昭和区からの貢物として...。

緑町の『杉本食肉産業』の【松阪牛ロースステーキ 900g(180gX5枚) A4等級以上】は、日本三大和牛のひとつとして、中でもロース肉の霜降りはまさに肉の芸術品。 しかも取り扱い量は、全国でもトップクラス。

折戸町の『大島食品工業』の【ミニフィッシュ 小袋(5gX40コ)】は、国産のカタクチイワシの稚魚を味付け乾燥。 それゆえに食べやすく、魚嫌いの子どもでもポリポリ美味しくカルシウムを補給できて...。


秀吉の幼名・日吉丸の出生地とされる、尾張国愛知郡中村郷、現在の名古屋市中村区からの貢物として...。

名駅の『荒木海苔店』の【国産どんこ干ししいたけ(乾しいたけ) 直径6cm前後 100g 極上椎茸】は、料亭でも重宝される椎茸。 肉厚ゆえに煮物でも炒め物でも天ぷらでも存分に堪能できて、まさに極上のひとときへ...。

賑町の味噌煮込みうどん専門店『山本屋本店』の【半生味噌煮込みうどん(半生めん) ギフト 6食入り】は、まさに本場の味そのもの...。

名駅の『ピュア』の【おいしい黒酢900ml 6本】は、継続して飲むことのできる、みかん酢配合の美味しさが...。 特に、15ccを麦茶などで割って飲めば、猛暑による疲労回復へ...。


時の流れとともに、人から人への心尽くしが、より良いものとなること、末永く祈りたいな。

タグキーワード
2016-04-18 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます