真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回



真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第20回


5月22日日曜日の放送...。

サブタイトル「前兆」とは...。

ますます気になってしまう...。


それは、1588(天正16)年のこと...。

秀吉(小日向文世)の側室となった茶々(竹内結子)が懐妊。 秀吉も茶々も喜びに包まれて...。

ところが...。

大坂城下では二人を揶揄する落書きが相次ぐ事態になって...。

知らせは瞬く間に秀吉の耳に入って、怒り心頭に...。

命じられた三成(山本耕史)と吉継(片岡愛之助)は、下手人探しへ...。

しかしながら難攻。 疑わしきは、町人のみならず門番にまで処刑しようとする勢いにまで表面化して...。

下手人探しに同行する信繁(堺雅人)は、秀吉の先行きを案じる。 そして、知恵をめぐらせての直談判へ...。



信繁上洛以来、秀吉の良くも悪くも存在感の突出ぶりが、ますます加速へ...。

牙を剥き出しにする姿を、信繁としては真近に接することになるんだろうなあ。


折しも、前年1587(天正15)年には、平安京大内裏跡(内野)に朝臣としての豊臣家の本邸を構えることとなった「聚楽第」完成して...。

物語でのこの年1588(天正16)年4月14日、後陽成天皇を迎え華々しく饗応。 徳川家康や織田信雄ら有力大名に自身への忠誠を誓わせる一方、毛利輝元も上洛し、完全に臣従。

同年、刀狩令と海賊停止令を発布。 全国的に施行へ...。


名実ともにご満悦の日々の続く中での茶々の御懐妊...。

豊臣家はもちろんのこと、全国の大名それぞれの命運が左右されることになるのか...。


静かにじっくりと嗜みながら見届けるとするか...。


創業1908(明治41)年より、京都・洛中で安全で安心の美味しい和菓子の老舗として、京都観光の人気スポットになっている二条城から徒歩10分程度。 上京区丸太町通黒門東入藁屋町の『たにぐち』の【京の日本酒と酒スイーツセット (酒袋付き)】を...。

1893(明治26)年創業の老舗酒造『佐々木酒造』の重宝する、千利休が茶の湯に使用の「銀名水」を仕込み水とした、『純米大吟醸 聚楽第 洛中伝承 (300ml)』は、もちろん...。

『聚楽第ゼリー (2個)』と『聚楽第ドリンクゼリー (1個)』を、御口直しとして...。



余談ながら、この年6月19日日曜日は「父の日」。

物語における秀吉と茶々に重ね合わせるかのように、全国の父親に乾杯!!!

タグキーワード
2016-04-27 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます