真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第25回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第25回
















はね出しづくり初摘み煎茶 1kg
価格:3066円(税込、送料別)













お吟さま[18個入]
価格:2160円(税込、送料別)



真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第25回


6月26日日曜日からの放送...。

サブタイトル「別離」には、あらゆる悲しみが...。


それを克服するには、良きものを見い出して、自身を高めてゆくこと...。

誰もが自覚していることは、言うまでもないことだろうけど、悲しいかな、好転するとは限らないもので...。



それは1591(天正19)年のこと...。

捨改め鶴松は、すでにかわいい盛りの3歳。 老獪の父・秀吉(小日向文世)は、側室・茶々(竹内結子)の産所として改修した淀城にて、子煩悩な幸せいっぱいだったものの...。

それも長くはなく、鶴松は突然の病で重体に...。


信繁(堺雅人)と長泰(近藤芳正)は、三成(山本耕史)の差配により、淀城への見舞客の選別に...。

ことに当たる中、心からの見舞いの者、見舞いを装った別の思惑ありそうな者、といった顔を見続けるうち、不意に長泰は亡き千利休(桂文枝)の祟りではないかと、信繁に耳打ちして...。

そして、三成はそんな二人の後姿を見つめるうちに、かのいきさつが脳裏に...。



あれは、この年の春先...。


三成と大谷吉継(片岡愛之助)と信繁は、聚楽第の茶室の利休を訪れて...。

あの小田原城内の蔵から持ち出した鉛の塊の入った箱の刻印の一件にまつわる尋問のためだった。

案の定、利休はのらりくらりのまま...。

退席ほどなく、重病の秀長(千葉哲也)の見舞いを兼ねた相談へ...。

そして、秀吉と秀長の兄弟水入らずのひとときからほどなく...。

1591(天正19)年1月22日。 豊臣秀長永眠。 享年52歳。


ほどなく三成は吉継と密談。


かねてより利休ののらりくらりにしびれを切らせていた吉継の進言を汲み入れて、三成は秀吉に讒言。

鶴松の全快祈願のための大徳寺参内の際、秀吉に楼門の二階に設けた利休の木像の下を通らせたと...。

秀吉は利休に堺屋敷での蟄居を命じた。

それから半月ののちの2月28日、信繁の見張りの下、千利休切腹。 享年69歳。



鶴松への見舞客は後を絶たなかった。

中でも、京屋敷と上田を往来する昌幸(草刈正雄)と薫(高畑淳子)は、何か思うことありそう。

そして、秀次(新納慎也)に伴われたきり(長澤まさみ)が、鶴松お気に入りのでんでん太鼓を寧(鈴木京香)に託して...。


それからしばらくのちに、信繁は訪ねてきた大蔵卿局(峯村リエ)からの告白...。

意外にも茶々(竹内結子)が利休を父のように慕っていたと聞かされて驚くことに...。

茶々からせがまれて、木地師に自身の木像をつくらせたものの、利休は寸法違いの大きさゆえ置き場所に困ってしまったという。

それゆえ、利休はやむなく、大徳寺楼門の二階に置くしかなかったとのことらしく...。


信繁はすべてを察した。

切腹前の利休のすべてを逹観したかのような表情が鮮明に焼き付いていだたけに、やり切れない気持ちでいっぱいに...。

そして、誰よりも利休の祟りを強く痛感する茶々を慮った。



あれから鶴松は回復のないまま、ますます重病に...。

憔悴の秀吉は、看病に尽力の医師のいる御簾から離れた。

秀吉を追って、鶴松の遊び部屋にたどり着いた信繁は、鶴松の遠い将来の関白就任や国外への支配による安泰を思い浮かばせては励まし続けて...。

秀吉の表情に平静の戻りつつある矢先のこと、唐突に且元(小林隆)が沈痛な表情で現れて...


8月5日未明、鶴松永眠。 2歳2ヶ月の短い生涯だった。


茶々はこれまで関わってきた大切な人たちが、みんな逝ってしまうと忘然自失。 案じて寄り添った寧の胸に取りすがって泣いた。



秀吉と茶々の愛児・鶴松の病死の痛みによる大打撃ばかりじゃない...。



徳川家康(内野聖陽)という最大の爆弾を抱えた中での豊臣政権運営の調整役として、縁の下の力持ちの存在として、中でも豊臣家の目に見えない亀裂を常に案じ続けてきた秀長の病死も、同じくらい気になってしまって...。


秀長の病死した大和郡山城内には、金子56,000余枚、銀子2間四方の部屋に満杯になる程の金銀が備蓄されていたというものだから、さすが、温厚、真面目、寛容といった人柄ならではの堅実な政を、つい想像してしまった。

現代の奈良県に通じるあらゆる恵みも、多く生み出したんだろうなあ。


例えるならば、"奈良のこだわり専門店"の一つでもある『こぐちファーム』からの産地直送【完全無添加 極上フルーツトマトジュース 大和撫子朱雀姫ジュース 500ml 3本セット】の甘さのみならず、"トマトらしさ"を追求し、抗酸化力いっぱいのリコピンゆえの、美味しさと健康...。

契約農家で栽培したとても稀少かつ中心までじっくり芳ばしく焙煎そして粗挽きの『モリカ米店』の【国産刀豆茶 5g×10】の美味しさは、和菓子にも洋菓子にもどちらにも合う風味...。

『奈良ええもんストア』からの高級抹茶の香りとカテキン豊富な【宇治抹茶入り茶そば 萌木EX 800g】の身体への健康...。 名のごとく萌えるような美しい緑のそばの彩りが...。

そして、秀吉の名付け以来、400余年にわたるこだわりの素材使用の【御菓子司 本家菊屋 和菓子の詰合せ】の忘れられない、柔らかさかつもちもちした極上の味わいも...。



さらには、天下人への御意見番としての千利休切腹...。

悲しいかな、良くも悪くも豊臣家を翻弄してしまったということは、解からないわけではないものの、この『真田丸』では"武器商人"としての顔という"新説"(?)を重視???


もちろん、2009(平成21)年2月2日月曜日発売の『千利休の功罪。』(pen編集部/木村宗慎)に目を通すことを前提として...。


千家茶道の発祥と発展の原動力となった、大阪府堺市堺区宿院町西1丁中浜筋沿いの利休屋敷跡との言い伝えある場所からの【はね出しづくり初摘み煎茶 1kg】は、もちろんのこと...。

『泉州庵』からのプレミアムブレンド珈琲【焙煎工房珈夢亭 千利休 プレミアムブレンド「極」】は、和菓子の甘さと「極」の酸味の見事な調和あって、香り高くやわらかい味わいが口いっぱいに...。

秀吉をはじめ千利休など文化人も愛好する言い伝えある特産品【泉州の水なす漬 6個入】の口に広がる瑞々しさやまろやかな舌触り...。

『泉州庵』の 白玉餅に大豆餡をくるんだ【堺名物 くるみ餅 8パック入り】の奥深さ...。

『青木松風庵』の【利休ゆかりの銘菓 お吟さま 吟醸酒粕入り 18個】には、利休の愛娘への想いがいっぱいに込められているとともに、大吟醸酒の香りの口の中へのほんのりとした広がり...。 そして、のどを潤すための水代わりにも...。

じっくり味わってみたくなった。



以上が豊臣政権崩壊の序章であること、政権内にどれだけ強く実感した人がいただろうかと、つい想像してしまっただけに、亡くなった3人への祈り、決して忘れたくない...。

タグキーワード
2016-05-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます