真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第26回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第26回


















真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第26回


7月3日日曜日の放送...。

サブタイトル「瓜売」とは、現代で言う"宴会芸"の演目のようなもの???


表面上は盛況で拍手喝采でも、それぞれの内に秘めたるものとは一体???


それは、鶴松を失ってしばらくのちの1592(天正19)年12月に入ってからのことで...。

傷心の秀吉(小日向文世)と茶々(竹内結子)は大坂城へ...。

代わりに、養嗣子となった秀次(新納慎也)が聚楽第入り...。


12月28日、秀次は関白就任と同時に豊臣氏の氏長者に。

秀次は、同伴したきり(長澤まさみ)に、家族と側室のいることを打ち明けた上で、常に身近な側室として支えてほしいと告白...。

動揺するきりは思うことあって一旦保留。 父・内記(中原丈雄)との相談後に返事の旨を秀次に伝えると、急ぎ上田へ...。


1592(天正20)年が明けて早々...。

朝鮮出兵拠点となる肥前国の完成間もない名護屋城に、諸大名が少しずつ集結へ...。

信繁(堺雅人)は、これまでの働きぶりを重視した秀吉の厚意あって、集結した父・昌幸(草刈正雄)と兄・信幸(大泉洋)とともに、真田家としての行動を認められるまでに...。

特に信幸は、下野国・沼田城主としての2万7千石の大名二取り立てほどないゆえ、意気揚々だった。

3月12日、宇喜多秀家(高橋和也)を総大将とする加藤清正(新井浩文)率いる先鋒隊4万が出陣。

秀家は対馬にて待機。 先鋒隊はそのまま朝鮮半島へ...。


文禄元年となって4月13日、世に言う"文禄の役"が勃発...。

4月23日には、秀吉と且元(小林隆)と茶々が名護屋に到着。

三成(山本耕史)は先鋒隊の釜山・尚州・忠州への進軍と陥落を秀吉に報告し、今後の打ち合わせへ...。

一方の信繁は茶々の相手として尽力しつつ、いかにして茶々を前向きにさせるかの思案に暮れる中、行き先の見当たらずに迷い込んで来た花の束を抱える若い女と軽く衝突...。

遅れてきた吉継(片岡愛之助)は、信繁に非礼を詫びつつも、愛娘・春(松岡茉優)として紹介...。

信繁と春との初めての出逢い...。

春は、頬を紅潮させつつも、花いっぱいなら茶々の心を癒やせると、信繁に勧めた。

信繁は春に好感を持ち始めて...。


それから、ひと月半ののち...。

三成と吉継は朝鮮半島へ出立...。


ほぼ同じ頃の上田では、きりが父・内記と話し合いへ...。

真田家の男子を産んでほしい父としては、相手の名を明かさないままのきりの側室入りの話には猛反対で...。

父からの頭ごなしの拒絶が後押ししたからか、きりは何か吹っ切れたかのように、京へ舞い戻ってゆく。

返事の曖昧なままのきりを察してか、秀次は来春の男子誕生による豊臣家安泰の見込みの喜びを打ち明けて...。


一方の名護屋では、茶々が再び懐妊。 大喜びの秀吉はこの時56歳。

茶々は今後の体調への考慮から、大坂へ返されることに...。

しかしながら、援軍を増強した明の巻き返しが始まって...。

戦の苦境の深まりに、秀吉はますます苦い表情へ...。

先行きを案じた且元は、懐妊祝いも兼ねての"やつしくらべ"すなわち仮装大会を発案そして興行へ...。

昌幸は、家康(内野聖陽)の"あじか売り"と強く張り合って上回るかのような勢いで、佐助(藤井隆)直伝の"瓜売り"の稽古に専念するものの...。

何と且元からの取り止めの申し出。 秀吉も同じく"瓜売り"に励んでいるものの、昌幸が上回っているらしく...。

秀吉の面目を失うことを誰よりも懸念する且元ほか、昌相(寺島進)や佐助を含めての話し合いを続けるも、結論は出ず、ついに昌幸は病を口実に辞退することに...。

"やつしくらべ"は秀吉が家康を上回る形で盛況そして拍手喝采となった。


そこへ信繁への書状が...。

とり(草笛光子)危篤との報せ...。

信繁は、陥落したはずの首都・漢城奪回による明の猛攻に押される逆境ゆえの心苦しさを承知で、真田家としての上田帰郷を秀吉に願い出る。

幸いにも、先の"やつしくらべ"で気を良くしたことと、前年に母・なか(山田昌)の死に目に会えなかった悔いも後押ししてか、秀吉は帰郷を認める。


戻って早々の上田城では、多くの所縁ある人たちが、とりを見舞いに...。

最後の力を振り絞るかのように、とりは信幸と信繁を望楼への引き上げを頼んで...。

そして、望楼から遠くを見通すかのように兄弟に伝えた。

「これからの真田を支えるのはお前たちだ。 たとえ離れ離れになったとしても、真田は一つ。心がつながってさえあればな。」

とりは最後に兄弟に告げた。

「自分の宿命を生きろ。」

1593(文禄2)年8月1日、とりは永眠した。


2日後の8月3日...。

大坂城にて秀吉と茶々の第二子誕生...。

拾、のちの豊臣秀頼だった。



朝鮮出兵と茶々の二度目の懐妊に伴う、それぞれの人間模様にまつわる明暗...。

これが近い将来の命運を大きく左右することになること、強く痛感する大名は当時どれだけ存在していたことになるのか...。

つい気になってしまった。


特に、朝鮮出兵の最前線に立つ人たちの緊迫した心構え、生半可じゃない。


改めて振り返ってみようっと。


2008(平成20)年4月発売の『名護屋城跡 文禄・慶長の役の軍事拠点』(高瀬哲郎/同成社)や、2009(平成21)年12月発売の『名護屋城趾』(長野電波技術研究所)に記されているような、軍事拠点としての仕組みや秀吉の生活空間、周辺一帯の全国から参集した諸大名の陣屋跡などに目を通すことはもちろんのこと...。


現在の佐賀県唐津市の底力となりえる【さわやか麦茶400g (10g×40P)×10袋】の、良質の国産大麦厳選と時間をかけた焙煎製茶はもちろん、大麦・黒大豆・はと麦・どくだみ・桑の葉・くこの葉・くまざさ、という伝統の野草健康茶6種類のブレンド..。


秀吉が文禄年間(1592〜1595年)に朝鮮半島より日本に持ち帰ったという説や、ポルトガル人がすでに日本に持ち込んでいた唐辛子を秀吉が朝鮮出兵の際に朝鮮半島に運んだといった説に端を発してからの紆余曲折を経ての【太閤旨唐醤 110g】か...。

唐辛子のほかには、ねぎ・にら・にんにく・しょうが、といった香り豊かな4種類の香味野菜...。

そして、有明海から採れたアミの塩辛...。


山の幸としては、【ジビエ唐津 天然猪肉 ロース (ブロック2kg)】...。

獲れたて新鮮はもちろん、豚や牛に比べ低カロリー低脂肪ながらも、身体に必要な栄養素豊富ゆえの、疲労回復・滋養強壮・健康美容に直結しており、しかも血液サラサラゆえ若さを保持できる多価不飽和脂肪酸(ドコサヘキサエン酸・ニコサヘキサエン酸)は牛の2倍以上...。

なお、脂身には美肌効果抜群の豊富なコラーゲンが...。

別名「山鯨」のごとく冬季の栄養補給や薬食としてのありがたみ、永遠であってほしいもの...。




海の幸としては、「グルメ大賞 2012 ひものジャンル賞」の受賞の『岩本商店』の【旬の定番 人気干物セット 手作り 無着色 無添加】の6種8尾セット...。

唐津産の「真あじ醤油みりん干し (約45g/1枚) × 3枚」と「真さば ひもの (約165g/片身1枚) ×片身1枚」と「金時鯛 一夜干し (旬の白身魚干物) (約350g/1枚) × 1枚」と「スルメイカ 一夜干し (約100g/1枚) × 1枚」と「真サバ みりん干し (約165g/片身1枚) × 片身1枚」。

ノルウェー産の「トロあじ開き (約240g/1枚) × 1枚」。

おかずにもおやつにも大いに重宝できそうだ。



じっくりと味わってみたいな。

タグキーワード
2016-05-20 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます