真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第27回 - けものみちをあるく

自由形式

真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第27回

歴史でめぐる伏見の旅 [ 「THE伏見」編集部 ]
価格:1620円(税込、送料無料)












真田丸 NHK 大河ドラマ あらすじ ネタバレ 第27回


7月10日日曜日の放送...。

サブタイトル「不信」...。


それは、秀吉(小日向文世)と茶々(竹内結子)の第二子・拾誕生からはじまって...。


「拾い子は丈夫に育つ」という言い伝えゆえの喜びに包まれる豊臣家のひととき、まさに極上の夢見心地いっぱい...。

しかしながら、関白・秀次(新納慎也)だけは、次第に孤立感にさいなまれる一方で...。

それを強く察してか、秀吉は信繁(堺雅人)を秀次に仕官させて...。

心強さを得た秀次は役目を必死でこなす一方、『源氏物語』の「宇治十帖」を全巻揃えるなど、学問や芸術にも尽力してゆく。


そんなある日のこと、秀吉は秀次を呼び出すなり、日本を5つに分け、うち九州を先に拾に授けたいと打ち明けられる。

拾元腹の時点までの関白の務めを自覚していた秀次には、秀吉の拾の愛情の強さと九州を足掛かりとした明への強い野望の待ちきれなさを真近にして...。

加えて、自分が将来拾を攻めぬよう秀吉が先手を打ったとの予測ゆえに、内心恐怖のあまり取り乱してしまうことに...。


一方、秀次の側室になりたくないきり(長澤まさみ)は、信繁に止めてもらいたい一心で、秀次からの申し出を告白。

しかし、めでたいこととして微笑む信繁のつれない態度に、ひどく傷ついてしまった。


その夜、信尹(栗原英雄)が京の昌幸(草刈正雄)を訪ねて来た。

戦乱の世での諜りごとに明け暮れていた日々に反し、活躍の場のない平穏な世とあって、一時悶々としていたものの、意を決しての見聞を広げるための諸国漫遊の旅の最中にあるとのことで...。

昌幸との話し合いでは、秀吉と秀次がそのうちぶつかるとの予想へ...。


ある日、寧(鈴木京香)からの頼みで、たか(岸井ゆきの)を訪ねたきりは、『源氏物語』の「宇治十帖」を預かるなり、秀次を尋ねてみる。

しかし、秀次は不在で、湯治の為に熱海に滞在しているとのこと。

きりの内心を察したたかは、秀次の側室になることはすすられめないと忠告。

秀次は気が弱く、己の気持ちよりも「人からどう見られているか」が大事な人間。

たかはそう見抜いていた。


折しも、この頃の秀吉は、秀次の1歳になる娘を拾に嫁がせることを決断。

秀次は、大事なことを勝手に決める秀吉に、次第に不信感を強く抱き始め、信繁はこの二人の確執を案じてゆく。

追い討ちをかけるかのように、秀俊が毛利一門の小早川隆景に養子になることが決まり、秀次の耳に...。

秀吉が邪魔者を排除し始めたと痛感した秀次は、次は自分の番だと怯えるようになって...。

見かねた宇喜多秀家(高橋和也)は、秀吉の言動に一喜一憂せず、ひたすら秀吉のために尽くせばいいのだと諭してゆく。


それでも、信繁と秀家からの気遣いによる安堵も束の間だった。

後日に吉野で開かれた酒宴にて、秀次は秀家と稽古を積み重ねた能を披露。

何と、一緒に演じるはずの秀保は急病となり、直ちに信繁が加わってどうにか演目は無事に終えることができたものの...。

秀吉は、関白は他にするべき務めがあるだろうと激怒。

激しく落ち込む秀次への寧からの励まし...。

やがて夜になり、夜桜を見ながらの宴となった。


そこへ、朝鮮から帰国した三成(山本耕史)も合流...。

良い感じに酔っぱらった秀吉は、信繁に官位を与えたいと発言。

信繁は驚き、兄の信幸(大泉洋)を差しおいて官位を授かるわけにいかないと丁重に辞退する。

面白くない秀吉が怒り始めると、秀次が割って入った。

官位を授けるのは関白の務めゆえ、信繁に官位を与えるかどうかを決めるのは自分だとの主張。

今までの秀次には見られなかったしっかりとした主張に、秀吉は少し秀次を見直してゆく。


1594(文禄3)年11月2日。

信幸・信繁兄弟は揃って官位を与えられた。

信幸は従五位下伊豆守に、信繁は従五位下左衛門佐に。

ところが、信繁の情けで信幸も官位を与えられたと秀吉が口を滑らせ、信幸は激怒。

しかも、昌幸も承知していることとあって、信幸はますます疎外感にさいなまされてしまって...。

そんな中、秀吉は昌幸に伏見城の普請に加わるよう命じる。

昌幸は信幸の機嫌取りも兼ねて、この役目を信繁に押しつけることに...。


その直後、信繁のもとを訪れて伏見城普請の図面を目にした秀次は、秀吉が伏見城で政務をするつもりと勘違い。

自分はもう不要なのかと激しく落ち込んでしまう。


さらに、秀次に追い討ちをかける事態が...。

長らく病床にあった秀次の弟・秀保が17歳の若さで他界...。

不運にも、鶴松を3歳で亡くした秀吉にすれば、拾が3歳となったこの年は不吉な年...。

そんな年の秀保の他界...。

激怒した秀吉は葬儀に豊臣家の者の参列を認めなかった。

この冷酷な仕打ちに戦慄し不安が増大した秀次は、ある決断をする。



伏見城...。

現在の京都市伏見区桃山町周辺....。

すなわち、東山から連なる丘陵の最南端に位置し、南には巨椋池が広がり水運により大坂と京都とを結ぶ要衝の地...。


しかも、秀吉の隠居後の住まい...。


今後を大きく左右するであろう伏見の行く末、ますます気がかりに...。


まず、2015(平成27)年9月16日水曜日発売の『歴史でめぐる伏見の旅 京都を愉しむ』(「THE伏見」編集部/淡交社)に、改めて目を通してみるとして...。

何よりも、"水"を重要な言葉としてその歴史を紐解けば、京都でありながら洛中とは異なる独自の文化を育んできたありのままの描写が...。

"黎明期"・"古代?中世"・"近世"・"幕末?近代"の時代...。

"桃山"・"深草"・"稲荷"・"鳥羽"・"醍醐"・"淀"、それぞれの地域における歴史や文化...。

よく知られる場所のほか、今まであまり語られてこなかった場所を含め、数々の史跡...。

ますます深みにはまりそう...。


そして、改めてじっくりと味わって、想いを馳せてみたくなった。


1946(昭和21)年の創業以来の名古屋・八事の御菓子処『菓宗庵』からの旧き良き伝統和菓子【環境優美ラッピング やごとギフト (20個化粧箱入) (15個化粧箱入) (10個化粧箱入)】を...。

伏見城の跡地に桃の木が植えられたとかの由来による"桃山文化"の伝統を象徴する和菓子の証そのものだけに...。

あのレモン香る白餡としっとりとした黄身餡の甘い優しさ、忘れられないや。

タグキーワード
2016-05-25 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます