柴咲コウ NHK 大河ドラマ ヒロイン おんな城主 直虎 - けものみちをあるく

自由形式

柴咲コウ NHK 大河ドラマ ヒロイン おんな城主 直虎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DVD】どろろ妻夫木聡/柴咲コウ [GNBD-1546]
価格:3694円(税込、送料無料) (2016/12/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信長協奏曲 DVD-BOX [ 小栗旬 ]
価格:19845円(税込、送料無料) (2016/12/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

映画「信長協奏曲」 スペシャル・エディションDVD [ 小栗旬 ]
価格:5540円(税込、送料無料) (2016/12/11時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

信長協奏曲 Blu-ray BOX 【Blu-ray】 [ 小栗旬 ]
価格:27410円(税込、送料無料) (2016/12/11時点)






柴咲コウ NHK 大河ドラマ ヒロイン おんな城主 直虎


いよいよ見参か...。

2017(平成29)年1月8日日曜日より放送開始...。


柴咲コウ。

1981(昭和56)年8月5日生まれの東京都豊島区出身。


現在の芸名の由来は、かわかみじゅんこの漫画 『ゴールデン・デリシャス・アップル・シャーベット』(短編集『少女ケニヤ』収録)の登場人物である"柴崎紅"から。

理想の男性は、『ドラゴンボール』のキャラクターのピッコロ。 ストイックで孤高だが、段々その中に見えてくる男ならではの優しさの魅力とのこと。


この度のNHK大河ドラマにおける女性主人公として...。

あの森下佳子オリジナル脚本だけに、先の柴咲コウならではの人となりも見事に投影されることになるのかなあ。


加えて...。


2007(平成19)年1月27日土曜日より公開の映画『どろろ』で演じた、女でありながら男として生きるヒロイン・どろろ...。


2014(平成26)年10月13日月曜日から12月22日月曜日まで全11話放送のフジテレビ"月9"ドラマと、この年1月23日土曜日より公開となった映画『信長協奏曲』での、帰蝶の表面上のおしとやかさと違った気の強さ...。


それらも前面に醸し出してくれそう...。



かの『おんな城主 直虎』で演じるは、戦国時代に女性でありながら井伊家の城主となり、徳川幕府を支える名門の井伊家の礎を築いた井伊直虎。

1536(天文5)年前後の誕生で、父は遠江井伊谷城主(国人)かつ井伊家当主・井伊直盛(杉本哲太)、母はかの"海道一の弓取り"こと今川義元(春風亭昇太)家臣・新野左馬介(苅谷俊介)の妹・千賀(財前直見)。 幼名はおとわ(新井美羽)。


父・直盛に男子がいなかったゆえに、直盛の従兄弟にあたる井伊直親(三浦春馬)を婿養子に迎えるはずだったが、1544(天文13)年に今川氏与力・小野政直(吹越満)の讒言により、直親の父・直満(宇梶剛士)がその弟・直義とともに義元への謀反の疑いをかけられて自害。

直親も井伊家の領地から脱出、信濃に逃亡。 井伊家では直親の命を守るため所在も生死も内密に...。

許嫁であったおとわは龍潭寺で出家、次郎法師(次郎と法師は井伊氏の2つの惣領名を繋ぎ合わせたもの)という出家名を名乗ることに...。


やがて、1560(永禄3)年の"桶狭間の戦い"において父・直盛が討死。 跡を継いだ直親は、1562(永禄5)年、運命の時を迎えて...。


以後、左馬介の擁護の傍ら、家中を支えていた人たちの相次ぐ死、といった波乱を経て...。


次郎法師が還俗して、直虎と名を改め井伊家当主となったのは、1565(永禄8)年...。



かの直虎の祖父が開いたとも伝わる現在の「日本の棚田百選」にも選定された久留女木の棚田から始まって、周囲を取り巻く人間模様と戦国乱世の荒波に揉まれての人生、ますます気になるところ...。

失礼ながら、この度のドラマが、いわゆる"道半ば"で終わりそうな予感だけに...。


もちろん、のちに徳川四天王の一人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政(菅田将暉)を育て上げる物語も...。



聞くところ、同じスターダストプロモーション所属で、歌手活動における映画主題歌提供あって、先輩女優・竹内結子とは、2人で食事に行く仲とのこと。

かなり触発されたからか、素顔であれ女優であれ、我の強い女性の印象の強まりゆえに、ますます注目したくなってしまうもので...。


しかも、意外にも、NHK大河ドラマ初出演だったことにも、驚きのみならず、竹内結子に近いオーラのあるのは、気のせいなんだろうか...。


これからの1年間、しっかりと見届けたいな。


きっかけはどうであれ、仕事での関わり合いの過程で、何らかの触発さえあれば、自身により磨きをかけて高めてゆくものなんだろうなあ。

タグキーワード
2016-06-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © けものみちをあるく All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます